デッドプール|DVD担当のオススメ映画シリーズPart.7

皆様こんばんは、映像担当のスタッフM.Kです。

今日は、とあるヒーロー映画の話を。

  • 自分の目的の為だけに戦う自己中心的なスタイル
  • おしゃべりが大好きで、下ネタばかり
  • 好きなものはチミチャンガ(アメリカ南西部にあるブリトーを揚げたもの)とキティちゃんグッズ
  • 第四の壁を越えられる
  • 友達はスパイダーマン

そう!
デッドプール」です。
肉体改造を受けた自由すぎるヒーロー『デッドプール』をご紹介します。

 

目次

  • 「デッドプール」あらすじ
  • 魅力は何といっても、ヒーローっぽくないところ!
  • まとめ

 

「デッドプール」あらすじ

映画版の彼についてざっくりとした説明をすると・・・。

  1. 傭兵だった彼は、引退後、女が出来て結婚することになる
  2. 末期ガンが見つかる
  3. 末期ガンを治すという名目で、怪しい科学者の人体実験を受ける
  4. とりあえず、実験は成功して、無敵の体を手に入れる
  5. 彼女の元に戻ろうとするが、実験のせいで、全身の皮膚がただれ、醜い姿となってしまい、会う勇気がもてない
  6. 元の体に戻る為、全身タイツとマスクをつけ、科学者を見つけ出すことにする

話としてはこんな感じです。

 

魅力は何といっても、ヒーローっぽくないところ!

なんといっても彼の特徴は、ヒーローとは思えない自由すぎる言動と、非人道的な行い、そして、第四の壁を越える能力です。

この『第四の壁』というのは、いわゆる読者からの視点、視聴者の目線であり、デッドプールは、自らがコミックのキャラクターであることを認識しているので、コミックを読んでいる読者に語りかけてきたり、編集部の人間に文句を言ったりなど、メタ視点を持っているキャラクターなのです。
戦闘中にジョークやギャグを飛ばしたり、シリアスな話も彼が出るだけでギャグチックになったりと、非常に自由なキャラクターなのです。

 

まとめ

この作品は、様々な映画ネタやド迫力のアクションシーンなど、見所満載のものとなっています。
また、主演のライアン・レイノルズは世界観が異なる『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』でも、デッドプールとして出演し、DCコミックス原作の『グリーン・ランタン』でも主人公を演じています。
ヒーロー役はお手のものと言ったところでしょうか。

さらに製作総指揮を務めている、アメコミ界の大物スタン・リーも、カメオ出演しているとの噂が。
ぜひ見てみてください!

以上、映像担当のM.Kでした。

The following two tabs change content below.
桃太郎王国

桃太郎王国

桃太郎王国は、キャラクターグッズからゲーム・DVD等のメディア、トレカまで、幅広く遊べるものを扱ったおもしろリサイクルショップです。 アニメのキャラクターグッズ・アイドル雑貨やTVゲーム・DVD・コミック・トレカ・ボードゲームなど、お客様のニーズに合った商品を提供させていただくと共に、通販サイト「駿河屋」の買取価格を導入することで、買取価格面でもお客様の満足を得られるよう、まい進中です。 お客様のニーズに応えしながら、お越しいただいたお客様に楽しい時間を過ごしていただける空間を提供いたします。