キングコング 髑髏島の巨神|DVD担当のオススメ映画シリーズPart.37

皆さんこんにちは。
映像担当のM.Kです。
今回は、この前観てきた映画「キングコング 髑髏島の巨神」を紹介したいと思います。

キングコングのリメイクということで、観に行ってきましたが、前評判も割と良く。
怪獣が大暴れする映画と聞いていましたが、まさしくその通りでした。

 

目次

  • 「キングコング 髑髏島の巨神」あらすじ
  • 怪獣VS怪獣のカタルシスを存分に堪能せよ!!!
  • まとめ

 

「キングコング 髑髏島の巨神」あらすじ

最初にざっとあらすじを紹介させていただくと、「人類未踏の地に踏み込んだら化物だらけで、人がたくさん死んだので、やっぱり脱出します」、ていう話です。
コングがいる島へと、学者3人、傭兵1人、ジャーナリスト1人、陸軍部隊を護衛に引き連れて嵐の中を突っ切って突入します。

もうね、ベトナム戦争もとりあえず終わって、部隊で流れる穏やかな空気とかね。
ジョークとかね。
70年代のロックミュージックとか、最初は非常に朗らかな雰囲気なんですよ・・・。
この映像を見ながら、一体何人やられるんだろうとは思いましたね。

 

怪獣VS怪獣のカタルシスを存分に堪能せよ!!!

この映画の見どころですが、なんといっても怪獣が出てくるシーンです。
もっと言うと怪獣が怪獣と戦うシーンです。
さらに言ってしまうと、人間ドラマとかはどうでもいいです。
脚本部分は殆どオマケです。

これは昔から続く怪獣映画の系譜を引き継いでいるので、見るべきシーンはやっぱり怪獣が暴れまわるシーンなんです。
コングがヘリコプター落としたり、コングが巨大たこの足を引きちぎって食べたり、コングが巨大トカゲにスクリューアッパー喰らわせたり、もう大暴れです。
映画館で観ると非常に迫力のある映像になっているので、是非ご覧になってみてはいかがでしょうか。

さらにこの『キングコング』を始めとする、怪獣映画のシリーズ、まだまだ続きます。
ゴジラ、ラドン、モスラ、キングギドラ……ハリウッドでのVFXをふんだんに使用した怪獣達を観るのが楽しみですね。
とにかく、何も考えず頭カラッポになって観て、「キングコングかっこいい……」ってなれる映画なので、かなりオススメです。

 

まとめ

ということで今回は『キングコング 髑髏島の巨神』を紹介させていただきました。

ユニークでダイナミックなデザインの怪獣達はもちろん、癖のあるキャラクターも多く登場する作品となっています。
いっぱい撃ちまくって、切りまくって、死にまくります。
古き良き怪獣映画の復活となっていますので、是非劇場へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

以上、映像担当のM.Kでした。
ガスマスクつけて日本刀振り回すシーンで笑った。

The following two tabs change content below.
桃太郎王国

桃太郎王国

桃太郎王国は、キャラクターグッズからゲーム・DVD等のメディア、トレカまで、幅広く遊べるものを扱ったおもしろリサイクルショップです。 アニメのキャラクターグッズ・アイドル雑貨やTVゲーム・DVD・コミック・トレカ・ボードゲームなど、お客様のニーズに合った商品を提供させていただくと共に、通販サイト「駿河屋」の買取価格を導入することで、買取価格面でもお客様の満足を得られるよう、まい進中です。 お客様のニーズに応えしながら、お越しいただいたお客様に楽しい時間を過ごしていただける空間を提供いたします。