ゴジラVSビオランテ|DVD担当のオススメ映画シリーズPart.16

皆さんこんばんは映像担当のM.Kです。
たまには洋画以外のものを、ということで本日は、オススメ日本映画『ゴジラVSビオランテ』の紹介をします。

 

目次

  • 「ゴジラVSビオランテ」あらすじ
  • 平成VSゴジラシリーズを語るうえで欠かせない大人のゴジラ映画!
  • まとめ

 

「ゴジラVSビオランテ」あらすじ

ゴジラが新宿を襲撃した後、その場所からゴジラ細胞を極秘に盗んだ奴らがいた。
奴らはサラジア国の者で、そこで遺伝子工学の白神博士がゴジラ細胞の研究を行っていた。
しかし、研究所は「バイオ・メジャー」と呼ばれる組織に破壊されてしまい、そのときに博士の娘である英理加も死んでしまう。
――ゴジラが三原山に落ちてから五年後、超能力少女、三枝未希はゴジラの動きを感じた。
その報せを受け、国土庁は対ゴジラ用兵器を複数開発する。
また、生き残った白神博士もゴジラ細胞と娘の英理加の細胞とバラを組み合わせ、ビオランテを作り出してしまう。
勝った方が人類最大の敵となる!

監督は大森一樹。
数々のゴジラシリーズの脚本などを手掛けた監督ですね。
実は1998年に『日本沈没1999』の監督に起用されたのですが、経営元である松竹が経営不振に陥ってしまい、製作中止になった過去があるそうです。

 

平成VSゴジラシリーズを語るうえで欠かせない大人のゴジラ映画!

こちらの作品は第1作である『ゴジラ』の続編であり、平成の『VSゴジラシリーズ』の第一弾となっています。

ゴジラを倒れてから5年後、ついにかの怪獣は目を覚まし、再び日本へと上陸しようとします。
同時に、科学が生んだ新たな怪獣『ビオランテ』も出現し、両者が激しくぶつかり合うのです。
また、従来のVSシリーズとは少し毛色が違って、深い意味合いの物語になっていたりします。
例えば、バイオ怪獣のビオランテは悲しい背景を背負って生まれた怪獣で、なんでも、ビオランテの中には白神博士の娘である英理加の意思が僅かに残っているだとか。

今回の自衛隊は、いつもより活躍します。
対ゴジラ用に造られた兵器である『スーパーX2』などは、わりかし長く生き延びて時間稼ぎをしました。
ファイヤーミラーを使ったり、抗核エネルギーバクテリアをどうにか打ち込んだり・・・。
そしてなんといっても特撮での迫力です。

空気も読まず街を破壊するゴジラや、ユニークな攻撃を仕掛けるビオランテ。
両者の激突はかなり見ごたえがあるものになっています。

 

まとめ

この作品、かなりテーマが凝っていて、まさに『大人でも楽しめる特撮』になっています。
ていうか子供には若干難しいよ。
ぜひ、大人の方に見ていただきたい作品ですので、DVDレンタル・配信サービス等で見かけたら、手に取ってみてください。

以上、映像担当のM.Kでした。

The following two tabs change content below.
桃太郎王国

桃太郎王国

桃太郎王国は、キャラクターグッズからゲーム・DVD等のメディア、トレカまで、幅広く遊べるものを扱ったおもしろリサイクルショップです。 アニメのキャラクターグッズ・アイドル雑貨やTVゲーム・DVD・コミック・トレカ・ボードゲームなど、お客様のニーズに合った商品を提供させていただくと共に、通販サイト「駿河屋」の買取価格を導入することで、買取価格面でもお客様の満足を得られるよう、まい進中です。 お客様のニーズに応えしながら、お越しいただいたお客様に楽しい時間を過ごしていただける空間を提供いたします。