シグニを入れ替え連続攻撃!《成就の駄姫 グズ子》デッキ構築例|WIXOSSプレイガイドVol.37

WD22-007-GST

皆様、こんにちは。
桃太郎王国習志野店のトレカ担当です!

今回は、18弾「コンフレーテッドセレクター」で登場した、グズ子デッキをご紹介致します。
アニメでの登場時より、人気のあったルリグ。
セレクターの墨田の主にネタ方面での人気も相まって、使ってみたい!という方も多いのではないのでしょうか。

皆様のデッキ構築のご参考になれば幸いです。

 

目次

  • デッキレシピ
  • 各カード解説
  • 回し方・プレイング
  • 採用候補カード
  • まとめ

 

デッキレシピ

※画像は「ガチャログ」様を使用させていただきました。

 

ルリグデッキ

  • 《駄姫 グズ子》 (+3)
  • 《一途の駄姫 グズ子》 (-1)
  • 《残悔の駄姫 グズ子》 (+1)
  • 《来夢の駄姫 グズ子》 (+1)
  • 《成就の駄姫 グズ子》 (-1)
  • 《ゴールド・ディフェンス》 (-1)
  • 《バッド・エクシード》
  • 《バッド・トイ》 (-1)
  • 《フーリッシュ・マイアズマ》 ×2

※カードの脇のカッコ内の数字はコインの増減数です。

 

メインデッキ

  • ★《死之遊姫 †クイドール†》 ×2
  • ★《死之遊 †マージャン†》 ×4
  • ★《死之遊魔 †ルーレット†》
  • 《サーバント Q2》
  • 《参ノ遊 ナワトビ》 ×2
  • ★《惨之遊 †ウズラグ†》 ×2
  • ★《惨之遊 †キリジシ†》 ×2
  • 《惨之遊 †バカラ†》 ×3
  • 《サーバント T2》
  • ★《似之遊 †ウルシルマ†》 ×3
  • 《サーバント D2》×2
  • 《壱ノ遊 ウンテイ》
  • ★《異血之遊 †アカベコ†》 ×4
  • 《異血之遊 †アワオドール†》 ×4
  • ★《異血之遊 †チョウハン†》 ×2
  • 《サーバント O2》 ×3
  • 《ペイン・バイ・ペイン》 ×3

※ライフバースト持ちのカードは★マークをつけています。

 

各カード解説

《成就の駄姫 グズ子》

構築済みデッキ、「ブラックコンフレーション」で登場した方のグズ子レベル4。
自分の遊具シグニがトラッシュから出現した時、そのシグニを代償にする事で発動できるバニッシュ能力を持っています。
盤面を空けてしまいますが、次なる攻めへと繋げる事の出来る能力です。

デメリットに思える盤面空けも、効果で場を離れる事で真価を発揮する《惨之遊 †バカラ†》でメリットに転化する事も可能。
また、出現時にコイン1つをコストにして、トラッシュから黒シグニ2体を呼び出す能力も持っています。
手札を消費せず2面を埋められるので優秀なのは言うまでもありません。

《死之遊魔 †ルーレット†》を呼び出して回収効果に繋げましょう。

 

グズ子レベル0~3

アーツ・レベル4でのコインの消費数は3枚だけなので、アドバンテージに繋げられるコイン消費能力を持ったレベル1、《一途の駄姫 グズ子》を採用しています。
それを含めても全体で4枚の消費なので、《来夢の駄姫 グズ子》の能力は使用しなくても大丈夫。
リミットはそこまで問題でもありませんが、《泡沫の駄姫 グズ子》に替えてしまっても問題ありません。
WIXOSS図鑑のレベル0、当たるといいなぁ……

 

《ゴールド・ディフェンス》

18弾「コンフレーテッドセレクター」で登場した、コイン持ちの為の鉄壁の防御アーツ。
そのままならルリグかシグニ1体のアタックを妨害し、ベットしていれば両方を止める事が可能です。
タイミングやルリグの色を選ばない《ピンチ・ディフェンス》といった感じのカードで、高い防御性能を持っています。

さらにベットに必要なのはコイン1枚と、非常に取り回しやすいのも○。
流行の【バカラオーラ】を止められるカードなのも高評価ポイントです。

難点を挙げるとすれば、白エナ(=マルチエナ)が必要な事と、性能に比例するかのように高価な事。

 

《バッド・エクシード》

ルリグの下のカード4枚をコストに、シグニ2枚の蘇生が可能なアーツ。
一切のエナコストを使用せずに、2面立てによる防御が可能です。
また、「効果で場に出す」ので、《成就の駄姫 グズ子》の能力に繋げる事も可能です。
その際、《惨之遊 †バカラ†》を使用すれば、相手シグニを除去しつつ除去しなかった面の防御も行えます。

名前に反して「エクシード能力」は全く関係ないカードなのは一応覚えておきましょう。
《サクシード・ディストラクト》や《紆余曲折》のようにルリグにエクシード能力を付与するものではないのです。

 

《バッド・トイ》

相手のレベル2以下のシグニをトラッシュに送り、自分のトラッシュからレベル2以下の遊具シグニを呼び出すアーツ。
ベットしていればレベル制限がなくなります。
黒エナ1つにコイン1個という軽いコストで除去と蘇生のできる、強力なカードです。
《バッド・エクシード》同様に、《成就の駄姫 グズ子》での除去に繋ぐ事も可能です。

ただし、アタックフェイズに使用できないのが難点です。
攻めの起点として利用しましょう。

 

《フーリッシュ・マイアズマ》

《フォーカラー・マイアズマ》のグズ子版。
あちらと同じく4つのモードから2つ、グズ子なら3つを選択できるアーツです。
モードは、①自分のシグニが効果で場に出る度に-7000を飛ばす/②自分シグニ2体バニッシュで2ドロー/③自分の手札の枚数以下のレベルのシグニバニッシュ/④レベル3以下蘇生。

異なる点は、それぞれのモードにシナジーがあり、単体で強力……というより、所謂「1枚コンボ」として強力だと言う点でしょうか。
例えば、①と④で蘇生しつつマイナスを飛ばしたり、②と③で手札を増やしてバニッシュ範囲を広げたり、②で場を空けつつ④で蘇生したり、などなど。
基本的には①と④を選択し、もう1つは場が空いていなければ②、場が空いているなら③、といった運用。
《成就の駄姫 グズ子》の能力にも繋げられ、書いてある事以上に攻防に頼れるカードです。

今回は2枚採用していますが、「デッキ2個買うのはなぁ……」って方は《フォーカラー・マイアズマ》でもいいかも。

 

《死之遊姫 †クイドール†》

グズ子の主力シグニその1。
相手のスペルに反応するデッキ破壊、アタック時の蘇生、出現時に黒カード回収、と3つの能力を持っています。

メインになるのは、アタック時のレベル3以下蘇生。
アイヤイよろしくレベル4以降はグズ子もコンボを決めて連続攻撃を叩き込んでいくのですが、このカードから《惨之遊 †バカラ†》→《成就の駄姫 グズ子》→《参ノ遊 ナワトビ》と繋げられれば、相手の場を空けつつ追撃が可能です。

また、《死之遊 †マージャン†》との相性も良好で、あちらで空いた盤面をこちらで補充可能です。
出現時の回収能力も、コンボパーツを集める手助けになります。
相手のスペルに反応するデッキ破壊能力は、出来たらラッキー、程度に。

一応、【3止め全知ママ】等、刺さる相手には刺さります。

 

《死之遊 †マージャン†》

構築済みデッキに収録されている、グズ子の主力その2。
相手アタックフェイズに相手がドローした時に反応するダウン効果と、アタック時に自分シグニ1体と相手シグニ1体をトラッシュ送りにする能力を持っています。
ドローに反応する能力の一番の仮想的は、なんといっても《幻水姫 ダイホウイカ》。
このカードを立てておくだけで非常に強い牽制をかけていく事が可能です。
また、アタック時にトラッシュ送りという除去を撃てるのも非常に強力。

代償として自分シグニ1体をトラッシュに送る必要がありますが、除去範囲の制限もなく、バニッシュ耐性持ちでも退かせられるのは心強いです。
もちろん、《惨之遊 †バカラ†》との相性は最高。
《死之遊姫 †クイドール†》と合わせて連続攻撃を仕掛けていきましょう!

 

《死之遊魔 †ルーレット†》

効果で場に出た時に、その方法によって異なる出現時能力を発揮できるシグニ。

このデッキで狙えるのは、ルリグかアーツ、スペルの効果での出現時能力。
ルリグかアーツで出現したときには、トラッシュ回収が可能。
色や種類の制限がないので、サーバントを回収して防御したり、コンボ要員を回収したり、と臨機応変に使用できます。
《バッド・エクシード》や《バッド・トイ》からは優先的に出していきましょう。
スペルで場に出た際は、黒エナ3つでライフ回復が可能です。
スペルでの出現は運任せの上デッキからな《ペイン・バイ・ペイン》ですが、その分リターンは非常に大きいです。
ピンチの際は祈りましょうw

 

《参ノ遊 ナワトビ》

シグニがダウン状態で場に出るとそのシグニをアップしてくれるシグニ。
自身が出現した際にも適用できるので、各種能力からの追撃要員として使用します。
《惨之遊 †バカラ†》や《死之遊姫 †クイドール†》などから呼び出し、空いた盤面にダメージを入れていきましょう。

 

《惨之遊 †ウズラグ†》《似之遊 †ウルシルマ†》《異血之遊 †アカベコ†》

アタック時に自分のシグニ1体をトラッシュに送る事で、1枚ドローしつつ相手シグニ1体のパワーをマイナスできるシグニたち。
小型の《死之遊 †マージャン†》といった運用になります。
《惨之遊 †バカラ†》を絡めた連続攻撃を狙えればベストですが、序盤からダメージを稼いでいくために使用していくのが殆どです。
このカード達で盤面をこじ開け、そこを《異血之遊 †アワオドール†》で狙えるといい動き。

 

《惨之遊 †キリジシ†》

自分シグニが効果で場からトラッシュに送られるとエナチャージが可能なシグニ。
出現時に黒エナを支払う事でレベル4以上の遊具シグニをトラッシュから回収する事もできます。

普段はディスアドバンテージになるトラッシュ送りを、エナチャージによって差し引き0に押さえる事が可能です。
また、このカード自身がトラッシュに送られた場合もエナチャージが可能なため、意外に小回りが利いてくれます。

さらに、出現時の回収能力で、コンボ要員である《死之遊 †マージャン†》や《死之遊姫 †クイドール†》へ繋げる事もできます。

 

《惨之遊 †バカラ†》

アタックフェイズ中に効果で場からトラッシュに送られると、同名以外のレベル3以下の遊具シグニを蘇生できるシグニ。
先程から何度も名前を挙げている、このデッキの核となるカードです。
《成就の駄姫 グズ子》の自動能力でトラッシュに送る事自体は非常に容易に達成できるので、アタックフェイズ中に場に出してあげれば能力を使用する事が可能です。
《死之遊姫 †クイドール†》や各種アーツで呼び出してあげましょう。

もちろん、普通に手札から出して《死之遊 †マージャン†》や《惨之遊 †ウズラグ†》などでトラッシュに送っても○。
全力で使い倒していきましょう!

 

《壱ノ遊 ウンテイ》

効果で場に出るとエナチャージが可能なシグニ。
序盤から終盤まで堅実にアドバンテージを稼いでくれる娘です。
序盤なら《異血之遊 †アワオドール†》、終盤なら《惨之遊 †バカラ†》《死之遊姫 †クイドール†》などで狙えます。
《成就の駄姫 グズ子》の自動能力やアーツなど、エナを支払う機会は多いので重宝する能力。

 

《異血之遊 †アワオドール†》

ライフをクラッシュするとトラッシュのレベル1シグニを蘇生できるシグニ。
ダウン状態なので追撃には使用できませんが、《壱ノ遊 ウンテイ》のエナチャージや、後半であれば《成就の駄姫 グズ子》の能力を狙う事が出来ます。
特にエナコストが必要なわけでも無いので、単純に手札を消費せずに盤面にシグニを並べるカードとして運用してもいいでしょう。

 

《異血之遊 †チョウハン†》

相手アタックフェイズに自分の場のシグニが2体だけならトラッシュから蘇生できるシグニ。
盤面を空けてターンを渡す事の多いグズ子をフォローしてくれるシグニです。
そのままではただの壁でしかありませんが、《成就の駄姫 グズ子》の自動能力のトリガーになれるのが評価ポイント。
あえて1面を空けたままターンを渡し、相手にプレッシャーをかけることも可能です。

 

《ペイン・バイ・ペイン》

グズ子のユニークスペル。
遊具シグニをバニッシュし、デッキトップ5枚から遊具シグニ1枚を場に出すか手札に加える能力を持っています。

基本的にはこちらの効果を使用し、《成就の駄姫 グズ子》の能力につなげていきましょう。
使用の為の黒エナはこのカードでバニッシュしたシグニをそのまま当て込めるので、実質的な消費は少なく済みます。
このカードから《死之遊魔 †ルーレット†》が出れば大当たりです。

また、遊具シグニをバニッシュしトラッシュの遊具シグニ5枚をデッキに戻す効果もありますが、黒ルリグらしくトラッシュ利用も行うのであまり使用しない効果です。
デッキリフレッシュを回避する為に使用する場面が稀にある、ぐらいでしょうか。

なお、《参ノ遊 ナワトビ》《壱ノ遊 ウンテイ》といった緑の遊具シグニも効果対象に出来るのは忘れずに。

 

各種サーバント

ライフバースト枠は遊具シグニでいっぱいなので、採用している物は全てバースト無しです。
調整してバースト枠が欲しい場合はドロー効果持ちをオススメします。
また、鉄壁の防御アーツ、《ゴールド・ディフェンス》を使用する為にはマルチエナが必要なので、1枚はエナにおいておくように心掛けましょう。

 

回し方・プレイング

序盤から相手のライフをガリガリ狙っていきます。
《異血之遊 †アカベコ†》や《似之遊 †ウルシルマ†》で盤面を空けて、ダメージを通す事を意識して動いていきましょう。
レベル4グロウ後は、《成就の駄姫 グズ子》で盤面をこじ開け、ダメージを狙っていきます。

メインの動きとして、

  1. 盤面に《死之遊姫 †クイドール†》《死之遊 †マージャン†》任意のシグニ(仮に《惨之遊 †キリジシ†》とします)
    トラッシュに《惨之遊 †バカラ†》《参ノ遊 ナワトビ》
    《惨之遊 †キリジシ†》でアタック、正面をバトルでバニッシュ。
  2. 《死之遊 †マージャン†》でアタック。
    アタック時の能力で《惨之遊 †キリジシ†》をトラッシュに送り、正面のシグニをトラッシュへ。(1ダメージ)
  3. 《死之遊姫 †クイドール†》でアタック。
    アタック時の能力で《惨之遊 †バカラ†》を場に。
    そのまま《成就の駄姫 グズ子》の自動能力を使用し、トラッシュへ送り、正面のシグニをバニッシュ。(2ダメージ)
    《惨之遊 †バカラ†》の効果を使用し、《参ノ遊 ナワトビ》を場に出す。
  4. 《参ノ遊 ナワトビ》でアタック。(3ダメージ)

……といったコンボを狙っていきましょう。
シナジーが強く、慣れない内は「どう動かせばいいの?」となりがちですが、とりあえずこの動きを覚えておけば動かしやすいハズです。

無理にコンボを狙わずとも、《死之遊 †マージャン†》を始めとしたシグニでアタックフェイズに除去を行いつつダメージを狙っていけるので、詰め性能はそれなりに高いです。

 

採用候補カード

《哀罪の駄姫 グズ子》

18弾「コンフレーテッドセレクター」で登場した方のグズ子レベル4。
相手アタックフェイズ中に遊具シグニが場を離れるとデッキトップから遊具シグニを出せる能力、出現時にデッキから遊具シグニを呼び出す能力、コイン技「ダイレクト」の3つの能力を持っています。
正直、早い段階でライフを削りに行くこのデッキでは、擬似的な全面ダブルクラッシュ付与はオーバーキル気味になってしまいます。
《死之遊魔 †ルーレット†》を増量してみたり、序盤からライフを狙わずにロングショットを狙いに行ったりと、ちょっと違った組み方も面白いですよ、って事で。

 

《フォーカラー・マイアズマ》

安定の黒汎用アーツ。
やっぱりこのデッキでもどの能力も頼れるものです。
《フーリッシュ・マイアズマ》とは相談枠ではありますが、入れ替えてみたり、どっちも構えるのも勿論強力。
構築済みデッキ一緒に入ってる入手のし易さもオススメポイント。
イラストがグズ子のシークレット版もありますし。

 

《ブラッディ・スラッシュ》《ブラッディ・アウト》

こちらも黒の汎用アーツ。
自分シグニ1体をトラッシュに送り、相手シグニ1体をバニッシュできるアーツです。
《ブラッディ・アウト》はバニッシュ対象に「レベル4以下」という制限がありますが、ベットすれば合計2体のバニッシュが可能になります。
どちらもスペルカットイン持ちなので、単なる防御アーツに留まらないのもポイントです。

 

《コードアンチ カイヅカ》

自分トラッシュからシグニが場に出ると、一緒にトラッシュから出せるシグニ。
グズ子もトラッシュからシグニを出す事が得意なので、効果の使用は非常に容易です。
他のデッキでは防御に用いられるこのカードですが、グズ子の場合はアップ状態で出てきてくれる事を活用し攻撃要員として使用します。
《死之遊姫 †ニホニンギョ†》も一緒に入れてあげれば、盤面を空けつつ除去が出来るので、セットで入れるのもオススメ。

 

《リバイブ・フレア》《リバース・キス》

《死之遊魔 †ルーレット†》の効果を自発的に狙いたいって方向けの蘇生スペル。
《リバイブ・フレア》は条件を満たせばトラッシュを肥やしつつ、レベル2以下と黒シグニ1体の合計2体の蘇生が可能なスペル。
その条件もルリグがレベル4以上で黒、と非常に達成は容易です。
レベル2以下のシグニもこのデッキでは《異血之遊 †アカベコ†》や《似之遊 †ウルシルマ†》など、後半でも役立つシグニが多いので侮れません。

《リバース・キス》は黒シグニ1体のみの蘇生ですが、トラッシュが25枚以上あればタダで使用できるのが魅力。
トラッシュがそこまで膨れるのはグズ子では稀ですが、レベル3時にレベル3シグニを出すのに使うのにも使用できるなど、一概にどちらがより強力かは難しいところ。
正直好みの範疇かと思いますので、お好きな方をどうぞ。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

遊具使いらしく、連続攻撃やアタックフェイズ中にシグニを入れ替えて攻撃できるのがグズ子デッキの魅力です。
トラッシュから入れ替えられたり、ついでに除去を行ったりと、同じ遊具使いのアイヤイとはまた違った動きを魅せてくれます。
グルグルできて使っていて楽しいデッキですので、是非使用してみてください。

次回は同じく「ブラックコンフレーション」に収録されている、ウリスのデッキをご紹介致しますのでお楽しみに。
それでは!

The following two tabs change content below.
桃太郎王国

桃太郎王国

桃太郎王国は、キャラクターグッズからゲーム・DVD等のメディア、トレカまで、幅広く遊べるものを扱ったおもしろリサイクルショップです。 アニメのキャラクターグッズ・アイドル雑貨やTVゲーム・DVD・コミック・トレカ・ボードゲームなど、お客様のニーズに合った商品を提供させていただくと共に、通販サイト「駿河屋」の買取価格を導入することで、買取価格面でもお客様の満足を得られるよう、まい進中です。 お客様のニーズに応えしながら、お越しいただいたお客様に楽しい時間を過ごしていただける空間を提供いたします。