アルフォウのデッキを作ろう!赤入りバイジェヘイケアルフォウデッキ紹介|WIXOSSプレイガイドVol.24

ご覧の皆様、こんにちは。
桃太郎王国習志野店のトレカ担当です!

今回は、以前お問い合わせ頂いた、アルフォウのデッキをご紹介致します。
漫画「Re/verse」での登場から根強いファンも多いアルフォウ。
「組んでみたいけど結局どうなの?」って方、多いかも知れませんね。
そんな皆様のデッキ構築の参考になれば幸いです。

 

目次

  • デッキレシピ
  • 各カード解説
  • 回し方・プレイング
  • 採用候補カード
  • まとめ

 

デッキレシピ

※画像は「ガチャログ」様を使用させていただきました。

 

ルリグデッキ

  • 《黒衣の花嫁 アルフォウ》
  • 《宿業の花嫁 アルフォウ》
  • 《簒奪の花嫁 アルフォウ》
  • 《炎得火失》
  • 《炎竜毒蛇》
  • 《デッド・ゲート》
  • 《ネクスト・パニッシュ》
  • 《ハロー・エフェクト》
  • 《フォーカラー・マイアズマ》
  • 《クライシス・チャンス》

 

メインデッキ

  • 《サーバント Q2》
  • ★《サーバント T》
  • 《幻蟲 ヘイケ》 ×3
  • 《好色の罪人 ベルフェーゴ》 ×2
  • ★《コードアンチ ハンマフェイク》 ×4
  • ★《千夜の夜王 イフリード》 ×4
  • 《破戒の歓喜 ガネシャ》 ×3
  • 《サーバント D2》 ×3
  • 《羅石 ルオライト》 ×2
  • ★《コードアンチ テキサハンマ》 ×2
  • 《破戒の韋駄 スカンダ》 ×2
  • ★《彷徨変異の小悪 サユラギ》 ×4
  • ★《サーバント O》 ×4
  • 《烈情の割裂》 ×2
  • ★《SEARCHER》
  • 《バイオレンス・ジェラシー》 ×2

※ライフバースト持ちのカードは★マークをつけています。

 

各カード解説

アルフォウレベル0~2

現状これ以外の選択肢のない、アルフォウのルリグ。
レベル2までしか存在しないため、必然的に2止め構築となります。

レベル1がグロウコストありだったり、効果持ちながらリミットが上限値だったりと、他のルリグにはない特徴を持っています。
レベル2時の能力は、自分がデッキをリフレッシュした時に、相手シグニ1体をバニッシュするというモノ。
どちらのターンかを問わないため、《フォーカラー・マイアズマ》等で相手ターン中にリフレッシュを行えば、防御に使用することも可能です。

レベル1から2へは相手がアタックして来ない場合グロウが行えないので、しっかり《クライシス・チャンス》でエナを補充しましょう。

 

《炎得火失》

赤の軽量万能除去。
このデッキが苦手とする、シグニ効果やパワーマイナスへの耐性を持ったシグニへの回答として使用します。
同じ役割を持った《ハロー・エフェクト》と比べて、序盤でも使用が狙える点、イザと言うときには手札補充手段として使用できる点が強みです。

反面、相手にリソースを与えてしまう点や、デッキ本来の色ではない赤1というエナコストが弱み。
正直一長一短なので、好みで追加の《ハロー・エフェクト》と入れ替えてもイイかも。

 

《炎竜毒蛇》

赤と黒の2色のコストを要求する重量アーツ。
強力な効果4つから2つを選んで使用する事が可能です。

1つ目の能力は、相手シグニ2体にマイナス8000のパワー修正を与えるモード。
そのままでもレベル3シグニぐらいまでならばバニッシュ可能ですが、真骨頂は2つ目の能力との組み合わせ。

その2つ目の能力は、相手のパワー7000以下のシグニを全てバニッシュする、というモノ。
1つ目のパワーマイナスと組み合わせることで、パワー15000以下のシグニ2体を葬る事が可能です。

そして3つ目に、「ランサー」「アサシン」「ダブルクラッシュ」のどれかを持っているシグニを全てバニッシュするモード。
緑姫や遊月、メル・紡ぐ者などこれらの能力を付与して戦うルリグは比較的多く、相手によってはこのモードで壊滅的な被害を与える事ができます。

最後の4つ目は、トラッシュからのシグニ2体の回収。
色やレベルも制限が無いので、サーバントを回収する事も可能。
総じて非常に性能の高いアーツで、このデッキでも頼れる1枚です。

 

《デッド・ゲート》

自分のルリグよりレベルの1つ高い相手シグニをトラッシュに送るアーツ。
追加コストを払っていれば、自分のルリグよりレベルの1つ低いシグニを蘇生することができます。
アルフォウはレベル2が最高レベルのため、基本的にはレベル3のシグニがターゲットです。

範囲が小さいようにも思えますが、レベル4ルリグが相手であれば盤面が4・4・3という状況は多いので、発動機会は思った以上にあります。
また、ルリグより1つ小さいレベルのシグニを蘇生する効果も、非常に高スペックな専用シグニ、《彷徨変異の小悪 サユラギ》を呼び出せるため強力です。

さらに《彷徨変異の小悪 サユラギ》の出現時能力で除去に繋げられると◎。

 

《ネクスト・パニッシュ》

相手シグニ1体のパワーをマイナス12000するアーツ。
そのままではコストが重いですが、ターン中に相手シグニがバニッシュされていればタダで使用することが可能です。
基本的にはこちらからアーツでバニッシュ後、追加の除去として使用します。

相手がユニークスペルなどで自分のシグニをバニッシュしたターンにも0コストで使用できることは覚えておきましょう。

 

《ハロー・エフェクト》

万能単体除去アーツ。
こちらも素のコストは大分重いですが、自分のルリグトラッシュのアーツの枚数に応じてコストが軽くなります。
3枚のアーツがあれば、黒1つというコストに軽減されます。
各種耐性持ちシグニや、このデッキの天敵、《コードアンシエンツ ヘルボロス》への回答として使用しますが、そのままでは少々発動が難しいのが難点。

《炎得火失》とは使い分けです。

 

《フォーカラー・マイアズマ》

もはや説明不要の黒の最強アーツ。
もう解説しなくて良いんじゃないだろうか
《彷徨変異の小悪 サユラギ》を蘇生してさらに除去に繋げたり、マイナス効果から《ネクスト・パニッシュ》に繋げたりできるとさらに効果的です。

また、相手ターン中に自発的にリフレッシュを行える手段でもあるため、雑に使ってしまわないように。

 

《クライシス・チャンス》

空っぽのゾーンを補充する、危機回避アーツ。
このデッキではレベル1グロウ後の相手アタックフェイズに使用し、レベル2グロウ用のエナを用意するカードです。

ただ、相手が《因果応報》を狙ってくるようなデッキ(緑姫やママなど)の場合は、グロウ出来なくなることを覚悟して残すのも手。
とはいえ、やはりグロウできないのはかなりキツイので、エナ補充として使うのが賢明です。

 

《幻蟲 ヘイケ》

チャームがトラッシュに送られるとパワーマイナスが行えるシグニ。
このデッキでの攻めの要となるカードで、いわゆる「バイジェヘイケコンボ」を狙っていきます。

一応コンボの流れを説明しますと……。
【必要なもの】
●《バイオレンス・ジェラシー》
●《破戒の歓喜 ガネシャ》か《破戒の韋駄 スカンダ》
●今解説しているカード《幻蟲 ヘイケ》

【流れ】
①「バイジェ」こと《バイオレンス・ジェラシー》で《破戒の歓喜 ガネシャ》か《破戒の韋駄 スカンダ》を回収して出し、チャームをつける。
②そのチャームを外して《バイオレンス・ジェラシー》を回収、このカードでマイナスを飛ばす。
③出したシグニをリムーブ。(トラッシュに送る)
④黒エナが尽きるか相手の場にシグニがいなくなるまで①に戻る

というコンボになります。
ガンガン盤面を空けてダメージを稼いでいきましょう。

 

《好色の罪人 ベルフェーゴ》

出現時にデッキから悪魔のシグニ1体をトラッシュに送るカード。
基本的には《千夜の夜王 イフリード》を落とし、マイナス効果の発動を狙うカードです。

また、《バイオレンス・ジェラシー》で拾いたい悪魔のシグニを落として間接的にサーチを行うのも手です。
《コードアンチ ハンマフェイク》が落とせたら強力だったのですが、そこはできないので我慢。

 

《コードアンチ ハンマフェイク》《コードアンチ テキサハンマ》

デッキからトラッシュに送られると場に出せるシグニ達。
《彷徨変異の小悪 サユラギ》のアタック時効果や《フォーカラー・マイアズマ》等で場に出せます。
面空けをされてしまった際に、《フォーカラー・マイアズマ》で壁として呼び出せると○。

とはいえ、あくまでも運任せのため、過度な期待は禁物。

 

《千夜の夜王 イフリード》

デッキからトラッシュに送られるとパワーマイナス2000を飛ばせるシグニ。
また、トラッシュのこのカード4枚を除外すると、パワーマイナス12000をアタックフェイズに飛ばす事もできます。
《好色の罪人 ベルフェーゴ》で直接落としたり、《彷徨変異の小悪 サユラギ》のアタック時能力で落ちることを願ったりしましょう。

トラッシュから除外しての能力は、リフレッシュを狙うこのデッキでは不用意な使用は考え物。
基本的にはどうしても!という場面での使用に抑えましょう。

また、忘れがちですがウリス限定のシグニなので、場に出せないことには注意。
自分はたまにやらかします

 

《破戒の歓喜 ガネシャ》《破戒の韋駄 スカンダ》

登場時に自身にチャームを付けるシグニ達。
先述の通り「バイジェヘイケコンボ」の必須パーツです。
また、コンボ以外でも《バイオレンス・ジェラシー》を繰り返し使う為には必要なシグニなので、初手にあった場合はキープしておいて損はないカードです。

 

《羅石 ルオライト》

対戦相手のルリグのレベルに応じて強化されるシグニ。
レベル4ならパワー12000になり、レベル1シグニながらレベル4シグニクラスの打点を持つことが可能です。
さらに、レベル5であればそのパワーに加えてアサシンを得る事ができます。
詰めの手段としても、バトル要員としても頼れる1枚です。

ただ、赤のシグニのため《バイオレンス・ジェラシー》で回収できないのがタマにキズ。

 

《彷徨変異の小悪 サユラギ》

もはやアルフォウデッキにする最大の理由とも言える限定シグニ。
アタックトリガーでのデッキ削り、出現時のパワーマイナス、強力なライフバースト、バニラ同等のパワーと、若干オーバースペックな強力カードです。

能力は全てアルフォウに必要なモノで、このデッキの核となるカードです。
アタック時に互いのデッキを削る能力で相手・自分のリフレッシュを誘発し、一方的にアドバンテージを稼いでいけます。
また、出現時にお互いのトラッシュの枚数合計×1000のパワーマイナスを飛ばせるので、こちらの能力でもアドバンテージを獲得可能です。

《フォーカラー・マイアズマ》や《バイオレンス・ジェラシー》で何度もこのカードを再利用し、ゲームを有利に進めていきましょう。

 

《烈情の割裂》

互いのエナを4枚になるように減らすスペル。
バイジェヘイケコンボで増えた相手のエナを縛るために使用します。
せっかく盤面を空けても防御アーツで凌がれてしまうと厳しくなってしまうため、このカードで反撃の目を摘んであげましょう。

 

《SEARCHER》

デッキからスペル1枚をサーチするスペル。
ライフバーストでもスペル1枚のサーチが可能です。
場面に応じて、《烈情の割裂》か《バイオレンス・ジェラシー》の必要な方をサーチしていきましょう。

《バイオレンス・ジェラシー》はトラッシュに落ちてさえいればいいので、どちらかと言うと《烈情の割裂》をサーチする場面の方が多いです。

 

《バイオレンス・ジェラシー》

このデッキの核となるスペル。
トラッシュから黒のシグニ1体を回収するスペルです。
また、トラッシュにこのカードが存在する場合、自分の場のチャーム1つをトラッシュに送る事でこのカードを手札に戻す効果も持っています。

バイジェヘイケコンボの必須パーツですが、《彷徨変異の小悪 サユラギ》を手札に戻し再利用、という場面も非常に多いです。
早めに手札やエナ、トラッシュに用意しておきたいカードです。
お祈りしましょう。

 

各種サーバント

レベル2までしか存在しないアルフォウですが、そのままでは《燐廻転生》や《轟炎 花代・爾改》に無抵抗のままやられてしまうためレベル3・4のサーバントも採用しています。
《炎竜毒蛇》で回収も狙えるため、相手によって臨機応変に。
また、ライフバースト持ちのカードはバイジェヘイケコンボをやりやすくするため、エナチャージのモノを採用しています。

 

回し方・解説

《幻蟲 ヘイケ》《バイオレンス・ジェラシー》のコンボを狙い、盤面を掃除してダメージを稼いでいきます。
または、《彷徨変異の小悪 サユラギ》をしつこく繰り出し、盤面空け、デッキリフレッシュによるライフ削り、および《簒奪の花嫁 アルフォウ》の効果を狙っていきましょう。

どちらの場合でも相手にエナを与えた状態でアタックフェイズに入る事になってしまうので、要所要所で《烈情の割裂》を使用することは忘れずに。
防御アーツも盤面空けで対処するものばかりなので、常に「空けて殴る」事を意識しておくと○。

パワーマイナスやシグニ効果に耐性を持つシグニ、トラッシュ利用を封じ、トラッシュのカード効果を無効化する《コードアンシエンツ ヘルボロス》が弱点。
《幻怪 ケセパサ》を擁するドーナ、《先駆の大天使 アークゲイン》を使うタマ、《幻獣 ソウリュウ》入りの緑姫は苦手な相手です。
早めにアーツでどかしてしまうか、《簒奪の花嫁 アルフォウ》の能力を狙っていきましょう。

また、バイジェヘイケコンボを狙う以上、《ブラック・コフィン》には注意が必要です。

 

採用候補カード

《グレイブ・カース》

相手のデッキを10枚削るアーツ。
と聞くと「それだけ?」という感じかもですが、このデッキには様々なシナジーが期待できるカードです。
特に早い段階から《彷徨変異の小悪 サユラギ》のパワーマイナス効果を狙っていける点は評価できるポイントです。

 

《エクスクルード》

相手のトラッシュのカード3枚を除外するアーツ。
単体でもデッキ削りを狙うこのデッキと相性がいいですが、《グレイブ・カース》を採用するのであればさらに活躍が期待でき、併せて採用したいカード。
相手のキーカードを除外して戦略を崩壊させることも、大きくデッキを削った後であれば狙いやすくなります。

《ペイ・チャージング》も併せて採用すれば、それこそ1ターン目にその動きをとる事が可能ですが、防御は薄くなってしまう点には注意が必要。

なお、相手に使われると大分困るカードでもあります。

 

《デビル・トゥ・デビル》

エナから悪魔シグニをトラッシュに送る事でトラッシュの悪魔シグニを蘇生できるアーツ。
黒2つというコストに加えてエナゾーンからカードをトラッシュに送る必要があるのでコストはかなり重いですが、《彷徨変異の小悪 サユラギ》と相性のいいカードです。
複数並べ出現時能力に繋げれば、防御と攻撃準備を同時にこなせちゃいます。

 

《ディストラクト・アウト》

ルリグアタック時に擬似エクシードでデッキをトラッシュに送り、デッキが0になれば再アタックが可能になるアーツ。
アルフォウはデッキを削りリフレッシュを利用するので、このカードでの再アタックを狙う事は容易です。
エクシード効果も用いないので、このカード以外にもガード封じを狙える《燐廻転生》やエナ補充の《紆余曲折》なども悪くない選択肢。

 

《三剣》

エナ補充の定番スペル。
バイジェヘイケコンボはエナを多量に消費してしまうので、その補助として。

 

《リバイブ・フレア》

トラッシュからシグニを蘇生できるスペル。
アルフォウはレベル2までしか存在しないので下の効果は使用できませんが、上の効果でデッキを削りつつ蘇生につなげることが可能です。
《彷徨変異の小悪 サユラギ》の再利用手段として強力なカードです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

花代や緑姫とはまた違った、テクニカルな速攻デッキ、といった感じのアルフォウ。
自分も使っていますが、使ってみるとなかなか奥が深く、クセになりますよ。
最近のオススメのデッキの1つです。
是非使って見て下さい!
で、レベル3と4はまだかよ?

来週は《戦慄の旋律 アン=フォース》を使用したデッキをご紹介いたしますのでお楽しみに。
それでは!

The following two tabs change content below.
桃太郎王国

桃太郎王国

桃太郎王国は、キャラクターグッズからゲーム・DVD等のメディア、トレカまで、幅広く遊べるものを扱ったおもしろリサイクルショップです。 アニメのキャラクターグッズ・アイドル雑貨やTVゲーム・DVD・コミック・トレカ・ボードゲームなど、お客様のニーズに合った商品を提供させていただくと共に、通販サイト「駿河屋」の買取価格を導入することで、買取価格面でもお客様の満足を得られるよう、まい進中です。 お客様のニーズに応えしながら、お越しいただいたお客様に楽しい時間を過ごしていただける空間を提供いたします。