ディサイデッドセレクターの超オススメカード・後編|WIXOSSプレイガイドVol.21

ご覧の皆様、こんにちは。
桃太郎王国習志野店のトレカ担当です!

今回は前回に引き続き、16弾「ディサイデッドセレクター」からオススメカードを紹介いたします。
後編の今回は、緑・黒・無色のカードからご紹介いたします。
前編はこちらからどうぞ→「ディサイデッドセレクターオススメカード紹介:前編」

 

目次

  • ディサイデッドセレクターの超オススメカード・緑編
  • ディサイデッドセレクターの超オススメカード・黒編
  • ディサイデッドセレクターの超オススメカード・無色編
  • まとめ

 

ディサイデッドセレクターの超オススメカード・緑編

《ママ♥4 MODE4》

今弾から本格参戦となる、「ママ」のレベル4。
アーツ1枚が使用されるとエナチャージかエナ回収が出来る能力と、固有のコイン技、「カンニング」という能力を持っています。
アーツ使用時能力は単純ながら非常にアドバンテージを稼げる能力で、ママデッキでは重要なリソース源として活躍してくれます。
実質的に全てのアーツが1コスト軽くなるようなモノですからね。

相手が使用した場合にもエナチャージが行えるため、返しの防御用アーツへのエナ確保にも役立ってくれる所が大変便利です。
特に《保湿成分》や《スピリット・サルベージ》との相性が良好です。
また、エナチャージ以外にも英知のシグニをエナから回収する選択も可能な為、エナが不必要な場合や、戦線維持をしたい場合にも役立ってくれます。
固有のコイン技、「カンニング」は、「自分シグニに手札のシグニ1体を裏向きで付け、選択した自分シグニが場を離れると付けたシグニを公開して同じレベルのシグニをバニッシュする」というもの。
1つ目の能力でエナからシグニを回収し、この能力でつける事が1番理想的な動きでしょう。

また、自分シグニが場を離れる手段は問われないので、相手がバニッシュを嫌がりアタックをしてこなかった場合は自分エナフェイズに飛ばしてもしっかり発動してくれます。
防御手段としても、攻撃の際の牽制手段としても役立つ能力で、場面を選ばずに運用する事が可能です。
かなり高性能にまとまったルリグのため、これからの環境で見ることも少なくないでしょう。

 

《理英の謎箱 #シュレデ#》

ママの主力として活躍するシグニも登場です。

能力は2つあり、まず1つ目がアタック時にコストを払えばエナゾーンの英知シグニを呼び出せる能力。
平時でもあって困るような能力ではありませんが、このカードを2枚場に出す事で、両方の除去を強制させ、アタックを通しやすくしてくれる能力です。

そして2つ目は、英知=11(自分の場の英知シグニのレベル合計が11である状態)の際に、このシグニがライフをクラッシュすると回復できる能力。
レベル合計11という状況も、レベル4グロウ後は自然に完成する盤面のため、条件達成は非常に容易です。
能力自体も、1点回復とシンプルに強力な能力で、優位な状況を作り出す事が可能です。

 

《コードオーダー ウェディング》

ママだけではなく、メルの得意とする調理シグニもモチロン収録されています。
強力な能力を3つ持ったこのシグニは、メルの新たな主力として活躍してくれます。

まず1つ目が、アクセを2枚つけられる能力。
《コードイート メダマヤキ》や《コードイート トロチー》で耐性を複数付けるなど、多様な能力をつけられるのはシンプルに強力です。

2つめに、アクセされているシグニのパワーを2000アップさせる能力。
このカード自身もアクセされていればパワーアップが可能です。
《コードオーダー ステキ》や《コードイート カレー》と一緒に並べてやれば、強固なパワーラインを敷いてプレッシャーをかけられます。

そして3つ目に、アタックフェイズにこのカードのパワーが16000以上であれば、2ドローか2エナチャージが出来る能力。
そのままアクセしただけでは条件を達成する事は出来ませんが、《コードイート マヨ》をアクセしたり、もう1枚と一緒に並べたりすればいいので、そこまで困難ではありません。
条件達成後はアクセで失いがちなリソースを補う事が可能となるので、積極的に狙っていきましょう。
また、発動するのはアーツ使用の前なので、アーツで除去される事なく使用できるのは覚えておきましょう。

余談ですが、マヨネーズやらメダマヤキやらチーズやらが乗ったウェディングケーキとか、誰が食べるんでしょうね?

 

《コードイート チョコスプ》

アクセシグニにも、強力なモノが登場しています。
シグニとして場に出た時には、アクセシグニを捨てて調理のシグニをサーチ出来ます。
調理のシグニであればレベルの制限も無いので、《コードオーダー ステキ》等の主力シグニ、《コードイート テキソス》等のアクセシグニを臨機応変に探してこれます。
そしてアクセした際には、アタック時にアクセされたシグニのパワー以下のシグニをバニッシュできる能力を与えます。
アクセコストが緑2と少々重いのがネックですが、この能力が強力なのは《幻竜 ボルシャック》や《幻竜姫 ムシュフシュ》等が証明済み。

《コードオーダー ウェディング》にアクセして、ガンガンダメージを狙っていきましょう!

 

ディサイデッドセレクターの超オススメカード・黒編

《ネバーエンド》

前弾で登場したナナシの必殺アーツ。
通常では3つの能力から1つを選択して発動するアーツですが、ベットしていれば3つ全ての能力を使用可能になります。
選べる能力も、場のウィルスの数以下のレベルのシグニをバニッシュ、場のウィルスの数以下のレベルのシグニを蘇生、ウィルス3つを取り除いてのライフ回復と、全て強力なモノ。
しかも、かかるエナコストは黒1つだけ、と破格の性能です。
大きくアドバンテージを稼げる強力なカードなので、これからのナナシデッキでは使用されることが多くなりそうな1枚。

なお、1つ目と2つ目の能力は「場にあるウィルスの枚数」を参照するため、ミラーマッチであればレベル4以上のシグニを対象にできます。
覚えておくと役に立つかもです。

 

《ブラック・エイク》

もう1枚、ナナシには強力なアーツが登場しています。
ウィルスを2つまで取り除き、トラッシュ回収/相手トラッシュ除外/パワーマイナスを選択できるこのカードです。
ウィルスを取り除いた数+1個の能力を選択できるので、1枚も取り除かない場合でも、1つを使用する事が可能です。
比較的汎用性の高い能力ですが、中でも目を引くのは相手のトラッシュを除外できる能力です。

このゲームでの除外は完全に再利用不可能になるため、相手のキーカードやトラッシュで能力を発揮するカードを狙い撃ちしてやりましょう。

最近では、《コードアンチ カイヅカ》が色々なデッキに採用されていたりするので、特に狙い目です。

 

ディサイデッドセレクターの超オススメカード・無色編

《イノセント・ディフェンス》

4つの能力から2つを使用できる、汎用アーツ。
ルリグのアタック阻止/シグニ1体のダウン&凍結/自分シグニ1体のバニッシュ耐性/トラッシュ回収の中から2つを選択できます。
《水天一碧》《フォーカラー・マイアズマ》《ブルー・パニッシュ》といった先例が示すとおり、このゲームでは1枚でいくつかの選択が出来るアーツは非常に強力です。
ルリグの色×4つというエナコストの重さがネックですが、それを考えても汎用的な能力を持っており、デッキを選ばずに使用する事が可能です。
イラストの通りドーナデッキに入れても活躍間違いなしですし、タマを始めとしたselector組のデッキに入れても強力でしょう。

なお、コストは「ルリグの持つ色」なので、《紅蓮乙女 遊月・肆》や《コード・ピルルク APEX》のように色を併せ持っているルリグはそれらの色で支払う事が可能です。
逆に、《紡ぐ者》や《虚無の閻魔 ウリス》といった無色ルリグでは色が存在しないため、使用できないのは注意が必要。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今弾は新登場のドーナ/ママのカードが中心ですが、リルを始めとしたLostorage組のデッキを強化できるカードもたんまり収録されています。
特にあーや、ナナシには強力なカードが多数登場したので、これからの環境で見ることも多くなるかもしれません。
またそれだけでなく、selector組のデッキでも使用できるカードも入っていますので、自分のデッキで使えるカードを試してみるのも面白いですよ!

次回は今弾のカードを中心に、ドーナのデッキをご紹介致しますのでお楽しみに。
それでは!

The following two tabs change content below.
桃太郎王国

桃太郎王国

桃太郎王国は、キャラクターグッズからゲーム・DVD等のメディア、トレカまで、幅広く遊べるものを扱ったおもしろリサイクルショップです。 アニメのキャラクターグッズ・アイドル雑貨やTVゲーム・DVD・コミック・トレカ・ボードゲームなど、お客様のニーズに合った商品を提供させていただくと共に、通販サイト「駿河屋」の買取価格を導入することで、買取価格面でもお客様の満足を得られるよう、まい進中です。 お客様のニーズに応えしながら、お越しいただいたお客様に楽しい時間を過ごしていただける空間を提供いたします。