インサイテッドセレクターの一押しオススメカード|WIXOSSプレイガイドVol.12

ご覧の皆様、こんにちは。
桃太郎王国習志野店のトレカ担当です!
本日は先日発売となったウィクロス15弾、「インサイテッドセレクター」からオススメカードを紹介いたします!

 

目次

  • インサイテッドセレクターの一押しオススメカード・白編
  • インサイテッドセレクターの一押しオススメカード・赤編
  • インサイテッドセレクターの一押しオススメカード・青編
  • インサイテッドセレクターの一押しオススメカード・緑編
  • インサイテッドセレクターの一押しオススメカード・黒編
  • 番外編:シークレットカード紹介
  • まとめ

 

インサイテッドセレクターの一押しオススメカード・白編

《幻怪姫 ヌラリ》

今弾唯一の白のカード。
今後追加されるルリグ、「ドーナ」の操る怪異のシグニです。
怪異シグニの特徴は、場に揃えると能力を共有できる、「レイヤー」能力。
他のカードゲームでいえば、MTGの「スリヴァー」やデュエルマスターズの「サバイバー」のような能力です。

まだドーナ自体や他の怪異シグニが登場していないため未知数ですが、今後に期待できる1枚です。

 

インサイテッドセレクターの一押しオススメカード・赤編

《真実の記憶 リル》

「Lostorage」の主人公ルリグである、リルのレベル4。
スターターで登場した《決死の記憶 リル》とは異なった動きをするルリグです。

最も特徴的なのは、ベット1で使用できる「オーネスト」と銘打たれた能力。
この能力で、相手の手札全てと、相手ルリグデッキのカード3枚を見させて貰う事が出来ます。
相手のルリグデッキを確認できるということは相手の防御アーツや、その先にグロウするルリグを確認できるということ。
そのため、その先の戦い方に方向性を持たせたり、撃たせない、もしくは撃たれても損害が小さいようにしたりなど、戦略を組み立て、試合を優位に進める事が可能です。

《ディストラクト・スルー》からハンデス(手札破壊)を仕掛けたり、サーバントが無い事を確認してから《アーク・ディストラクト》や《燐廻転生》で致死量のダメージを与えたりもできるため、アーツ枠にはぜひこれらのカードを採用したいところです。

 

《火竜点睛》

リル専用の必殺アーツ。
デッキからライズシグニ1体を呼び出し、そのパワー以下のシグニ1体をバニッシュできます。
さらに、ベットしていれば1体だけではなく、そのパワー以下の相手シグニ全てをバニッシュ可能になります。

ルリグが《真実の記憶 リル》であれば、ライズシグニのパワーは3000底上げされているために、相手の盤面を壊滅させる事が可能です。
ここぞという場面での防御に、決めきる際のフィニッシュ手段にと攻防共に強力なアーツです。
リルを相手取る際には警戒しておきたいカードです。

 

《矜持の豪魔 オダノブ》

リルの主力であるライズシグニも、もちろん強力です。
特にSRのこのカードは非常に豪快で分かりやすく強力な1枚。
このカードが登場した時にこのカード以下のパワーのシグニを吹き飛ばし、さらには中央に配置されていればトリプルクラッシュを持ちます。

その能力から相手のライフを大きく削る事が可能であり、高い攻撃性能を持っています。
確実に採用しておきたいカードです。
織田信長さん女体化されすぎやろ……

 

《羅星姫 ≡ガーネットスター≡》

以前より登場している普段と異なった色を持つシグニも登場しています。
このカードは主にサシェが操る宇宙のシグニが赤になったものです。
宇宙のシグニが持っていたサーチ能力の高さはそのままに、赤らしくバニッシュ能力を備えています。
サシェではレゾナの準備段階でのライフロスを除去に変換できるようになり、《白羅星 サタン》からの2面開けを狙う事ができます。

また、このシグニがライフをクラッシュした際にサーチできるカードは宇宙シグニや同色シグニに限定されておらず、サーバントやスペルでさえ手札に加える事が可能です。
ライフバーストもエナ2枚か手札2枚かシグニ1体をトラッシュに置く事を強制する、非常に強力なものです。

限定条件なしなので、サシェだけではなく色々なデッキでの活躍が期待できます。

 

《一途の帰蝶 ノヒメ》

ライズシグニは強力な能力を持っている反面、場に出すには別のシグニの上に置く必要が有り、消費が激しくなってしまう事が欠点です。
その欠点をこのカードは補ってくれます。
ライズシグニの下になった際にカードを1枚引ける、というシンプルな能力ですが、その恩恵は覿面です。
《矜持の豪魔 オダノブ》をはじめとしたライズシグニは現状全てこのカードから登場可能なので、このカードを起点にしていきましょう。

 

インサイテッドセレクターの一押しオススメカード・青編

《みらくるあーや!IV》

ぶっとんだ名前が特徴の新たに登場したルリグ、あやのレベル4。
その基本戦術である「トラップ」戦術を大いに活かせる能力を持っています。
自分のメインフェイズ開始時にデッキトップ2枚のうち1枚をトラップとしてセットできるため、手札消費を抑えて仕掛けていく事が可能です。

また、固有のベット能力、「ホログラフ」は、そのゲーム中の相手のルリグアタックを妨害できるというもの。
自分のデッキトップがトラップ持ちか否かを当てられなければダメージが通らなくなってしまうため、計算を狂わせる事ができます。

ちなみに15弾現在、トラップ持ちは全てライフバースト持ちのため、この能力を相手にする際は「無し」を宣言した方が当たりやすいです。
意識しておくと若干攻撃が通りやすくなるかも知れません。

 

《トリップ・トラップ》

自分のトラップを発動させられるアーツ。
エナコストが掛からないために気軽に発動可能です。
ランサーやアサシンを持った相手にはトラップを発動させ辛いため、その対策にも有効な1枚です。

《超罠 バナナン》や《SLASH OUT》の発動を狙い、効果的にトラップを運用していきましょう。
発動する際は「リバースカードオープン!」とか宣言すると良いかもしれませんw

 

《大幻蟲 §オタガメ§》

こちらも色が変わったシグニで、ミュウの操る凶蟲のシグニが青になったカードです。
能力はいわゆる「マッドネス」能力で、手札からトラッシュへ捨てられた際に場に出せる能力。
また、登場時に相手シグニ1体をダウン&凍結する事が可能です。
捨てられた際に場に出せる能力は単純に使い勝手が良く、《THREE OUT》や《幻水姫 ダイホウイカ》、《破戒の水辺 パルヴァ》などの損失を少なくしてくれます。

また、登場時に1面を止められる能力から、《ロマネ・ディフェンス》や《チェイン・B&B》などで相手アタックフェイズに場に出し、防御に使用する事も可能です。
ちなみにこのカードを使用し、《クローズ・ゾーン》で相手シグニゾーンを全て封鎖するループが考案されているようです。
ミュウ相手の際に《クローズ・ゾーン》が見えた際は充分な警戒をしておきましょう。

 

《SLASH OUT》

トラップ能力とライフバーストを持った《THREE OUT》。
手札から使用した場合はそのまんま《THREE OUT》と同じ能力です。
そのトラップ能力は非常に強力で、相手シグニ1体のバニッシュ。
コストとして他のトラップを破棄する必要がありますが、ブラフとしてセットしたトラップ無しのカードをどかせると考えればそこまで重いコストでもありません。

また、ライフバーストもドローか、デッキトップ2枚からのトラップ設置と非常に有用なので、あやデッキでは可能な限り採用しておきたいカードです。

 

インサイテッドセレクターの一押しオススメカード・緑編

《メル=マティーニ》

15弾で登場した、メルのレベル4。
リルやあーや同様、新ギミックであり固有の能力である、「アクセ」を最大限活用できる能力を持っています。

アクセ付きのシグニがバニッシュされた際にドローできる能力、メインフェイズ開始時にデッキトップ3枚からアクセ持ちカード1枚をエナに置ける能力。
という2つの能力で、アクセのディスアドバンテージを軽減してくれます。
また、コインを使用する事で利用出来る「ベルセルク」能力は、次の相手ターンにアーツ・スペル・起動能力を封じ、強制的にアタックさせるというもの。
そのまま使用するだけでも相手のターンを浪費させる事が可能ですが、真骨頂は専用アーツ、《愛別離苦》とのコンボ。
壊滅的な被害を与える事が可能です。

 

《愛別離苦》

読みは「エンドオブハート」。
メルの必殺技です。

その能力は、自分のシグニ1体がバニッシュされた際に相手のシグニ1体を道連れにする能力。
さらにベットしていれば、自分のライフクロスをそのたびに1枚追加する事が可能です。

通常時ではアタック放棄を強制させるだけに終わってしまいますが、前述の通り《メル=マティーニ》のベルセルク能力とのコンボが強烈。
アタックを強制させるため、盤面を更地にし、ライフクロスを3枚追加する事が可能になります。

さらにアクセされていたなら、《メル=マティーニ》の能力でドローも可能と、大きくアドバンテージを稼ぐ事が出来ます。
非常に強力なので、メルデッキでは仕込んでおきたいカードです。

 

《コードオーダー ステキ》

メルの主力となるシグニも、もちろん強力。
アクセされているならばランサーを得る能力に加えて、アクセしているカードが《コードイート テキソス》ならば、更なるパワーと、シグニ効果への耐性を得られます。
安定して相手のライフを削る事が出来るため、相手へ大きくプレッシャーをかけていく事が可能です。

また、指定されている《コードイート テキソス》もシグニとして登場した場合にも、アクセとして運用した場合にもエナ加速が可能な有用なカードです。
ぜひセットで搭載しておきましょう!

 

《彩英の秘宝 #ノーベル#》

他のクラス同様、15弾で新たに登場したクラス、「英知」のシグニ。
本来は青のクラスだと発表されていますが、今弾で登場した英知のシグニは全て緑のカードになっています。
今回登場した英知のシグニの多くは、正面以外のシグニもアタックできる、というありそうで無かった能力を持っています。
このカードも、正面以外のシグニを攻撃でき、更に、他の英知のシグニ1体につき3000のパワーアップが可能。

このカード自体は相手のライフをクラッシュする事は不向きですが、《矜持の豪魔 オダノブ》や《羅石 アンモライト》のような多く相手のライフを削れるカード、《幻獣 ホーク》、《堕落の才女 ルシファル》のようにライフクロスをクラッシュした際に発動できる効果を持ったカードの強力な補佐となります。
それらのカードを採用する際は一考の価値アリです。

また、次弾での登場が発表されている新たなルリグ、「ママ」が主力とするクラスのシグニであるため、《幻妖姫 ヌラリ》同様に、今後に期待が持てるカードです。
青い英知はソウイ限定のシグニだって信じてます

 

インサイテッドセレクターの一押しオススメカード・黒編

《ナナシ 其ノ四ノ別》

新たに登場したルリグ、ナナシのレベル4。
こちらも他の新規組同様に、固有の新ギミック、「ウィルス」を活用するルリグになっています。
能力はメインフェイズ開始時に相手のシグニゾーン1つにウィルスを置くモノと、感染状態(ウィルスが設置されているシグニゾーンに配置されたシグニ)のシグニのパワーを1000下げるというモノ。
他の新規組と比べると若干地味ではありますが、堅実な効果を持っています。
微菌のシグニにはウィルスを取り除いて発動する能力を持った物や、感染状態のシグニに影響を与える効果を持った物が多いため、このカードの能力でそれらをサポートする事が可能です。

またコインを使用する「ブラインド」能力は、自分のシグニ全てにシャドウ(対戦相手の効果で選べない)を与える能力。
こちらも派手さはありませんが、シグニの能力やスペルには対象を選ぶものが多いため、相手の動きを阻害することが可能です。
微菌シグニ共々、じわじわとネチっこく戦えるルリグです。

また、11月にはナナシの構築済みデッキ、「ブラックブラインド」も登場するため、今後にも大きく期待が持てます。

 

《バイオ・ハザード》

自分のトラッシュから黒のシグニを復活させるアーツ。
ベットしていれば2体を呼び戻す事が可能です。
ベットしない場合では《グレイヴ・アウェイク》と同等なため、ベットでの使用を狙っていきたい所です。

イラスト・フレーバーテキスト通り、ナナシでの使用もオススメですが、このカードの真価が発揮できるのは《白亜の鍵主 ウルトゥム》デッキ。
《白亜の鍵主 ウルトゥム》グロウ時にコインが入手可能なため、ベットする事が可能です。

もともとウムルはトラッシュ利用を持ち味としているため、それを更に後押ししてくれるこのカードは非常に相性良好です。

 

《惨之遊 †アナベル†》

赤くなった宇宙、青くなった凶蟲同様、黒くなった遊具シグニも登場しています。
遊具のシグニはエナゾーンからの登場が特徴でしたが、黒の遊具のシグニはトラッシュからの登場を持ち味としています。
特にこのカードは強力で、対戦相手のシグニをバニッシュした際に1エナと自身をコストにトラッシュから好きなシグニ1体を呼ぶ事が可能です。
ダウン状態なのですぐには攻撃に参加させられませんが、色やレベル、クラスの制限もありません。

また、コストの指定も無色1と非常に軽いので、アイヤイでももちろん活用が可能です。
《アイヤイ★JOKER》や《参之遊 ナワトビ》等で登場したシグニを起こして連続攻撃も狙っていけます。
限定条件も持っていないので、様々なルリグでの活躍が出来るカードです。

 

番外編:シークレットカード紹介

《決死の記憶 リル》

構築済みデッキ「レッドオーネスト」収録のレベル4のシークレット版。
通常はアドバンテージの稼ぎやすい《真実の記憶 リル》が優先されますが、このカードも強力です。
《矜持の豪魔 オダノブ》や《仙石の西猿 ゴクウ》を最大限に活用し、1ターンでライフ7枚から勝ちに行く、ワンショット型のリルではコチラのルリグがオススメです。
シークレット版ではイラストの変化はありませんが、構築済み版とは異なり光っている上、穂村すず子役の橋本ちなみさんのサインが入っているため、煌びやかになっている点がオススメポイント。

 

《龍滅連鎖》

あの最強アーツ、《龍滅連鎖》が装いも新たにシークレット版として登場です!
ルリグレアのものはマツモトミツアキさんの描く遊月でしたが、今回登場したものはアカバネさんの描くリル。
さらにアカバネさんのサインのサイン入りと、ただでさえ強いカードが更に強力になっています。
リルデッキに《龍滅連鎖》を入れるのであれば、ぜひコチラで揃えたいところです。

また、フレーバーテキストも秀逸で、このカードの強力さはリルも認めるものの様子。

 

《暴風警報》

こちらも緑の強力アーツ、《暴風警報》(コーティングファン)がシークレットとして登場です!
通常版はくれいおさんの描くアンでしたが、こちらはイシバシヨウスケさんの描くリル。もちろんサイン入り。
リルデッキならばコチラの《暴風警報》を投入したいですね!

緑がらみのデッキではとても重宝する防御アーツなので、当たった場合は大切に使用しましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回登場したルリグたちはポテンシャルが高く、すでに多くの入賞情報も上がってきています。
大体が《幻水姫 ダイホウイカ》入ってますけど・・・・・・
もちろん、今回登場したばかりですので、次弾からも強化されていきますので、アニメでの活躍だけでなく、カードでの活躍も期待したいところです。

一方で、以前までのルリグを強化できるカードも多く収録されているので、非常に魅力的なパックです。
新たなルリグと共に戦うもよし、自分の愛用のルリグの新たな顔を見つけるもよし、となっているため、自分のデッキに合う1枚を探してみましょう。

次回は今回登場したメルを使用したデッキをご紹介いたします!
ぜひお楽しみに。

The following two tabs change content below.
桃太郎王国

桃太郎王国

桃太郎王国は、キャラクターグッズからゲーム・DVD等のメディア、トレカまで、幅広く遊べるものを扱ったおもしろリサイクルショップです。 アニメのキャラクターグッズ・アイドル雑貨やTVゲーム・DVD・コミック・トレカ・ボードゲームなど、お客様のニーズに合った商品を提供させていただくと共に、通販サイト「駿河屋」の買取価格を導入することで、買取価格面でもお客様の満足を得られるよう、まい進中です。 お客様のニーズに応えしながら、お越しいただいたお客様に楽しい時間を過ごしていただける空間を提供いたします。