よく使われるアーツを知ろう:青編|WIXOSSプレイガイドVol.5

ご覧の皆様、こんにちは。
桃太郎王国習志野店のトレカ担当です!

本日はちょっと間が空いてしまいましたが、よく使われるアーツ紹介の「青編」をお届けいたします!
プレイング・デッキ構築のご参考になれば幸いです。

 

目次

  • 警戒度:★★★★★(あらゆるデッキに対して常に警戒レベル)
  • 警戒度:☆★★★★(様々なデッキから飛んでくる)
  • 警戒度:☆☆★★★(隙を突かれないよう注意)
  • 警戒度:☆☆☆★★(稀に見る、デッキによっては注意)
  • まとめ

 

警戒度:★★★★★(あらゆるデッキに対して常に警戒レベル)

《アイスフレイム・シュート》

コストを増やす事で追加で効果を使用できる2色要求アーツ。
追加コストを支払わなくても、ルリグのダウン・凍結・中型バニッシュ・手札を捨てて1体バニッシュの4つの効果から2つを使用できます。

基本的には、①と②の効果でルリグをダウン&凍結し、2ターンにわたってルリグの攻撃を封じる目的で運用されます。
そこに追加コストを支払いバニッシュする、というのがメインの使い方です。
2ターンもの間ルリグの攻撃を止める事ができ、さらにバニッシュからのカウンターを狙える、非常に強力なアーツです。

以前は色拘束が強く局所的なデッキで使用されるに留まっていましたが、超汎用カードである《幻水姫 ダイホウイカ》《羅星姫 ≡コスモウス≡》の存在からどんなデッキでも使用を狙えるようになりました。
特にエルドラやピルルクのような青いデッキ、カーニバルや花代といった赤いデッキではほぼ確実に採用されています。
バトルの際は十二分に警戒が必要なカードです。

 

《ブルー・サジェスト》

シグニ1体のダウン&凍結、コスト5以下のスペル打消し、相手のルリグ下2枚をルリグトラッシュ送り、の3つのモードを搭載している、あやの準限定アーツ。
これらの中から1つ、あやなら2つを選択可能です。

相手のルリグ下のカードを破棄できる唯一のカードで、《永らえし者 タウィル=フェム》の様なルリグ下が重要なルリグ、《博愛の使者 サシェ・リュンヌ》《黒点の巫女 タマヨリヒメ》等の強力なエクシード能力を持つルリグへの強烈な回答となります。
また、スペルカウンターの能力やダウン能力も持っているため、どんな場面でも腐らず、単にスペル対策用のカードとしても非常に高い性能を持っています。
さらに加えて、エナコストも青一つと無色一つと、非常に取り回しやすいのも利点。
スペルやエクシード能力をデッキの軸とするなら警戒したいカードの筆頭です。

ちなみに、打ち消せるスペルは「カードに記載されているコスト」が5以下のモノだけなので、何らかの効果でコスト軽減されているカードは打ち消せないので注意しましょう。
《集結する守護》とか《大火の轢断》とか。

 

警戒度:☆★★★★(様々なデッキから飛んでくる)

《ブルー・パニッシュ》

スペル打消し・シグニダウン・ハンデス・1ドローと、「青」の要素をコレでもかと詰め込んだ強力アーツ。
しかも効果を2つ選んで使用できるため、どんな場面でも腐る事はありません。

また、ピルルクならば効果を3つ使用できるため、さらにその強力さは増します。
《ブルー・サジェスト》登場後は役割を譲った感がありますが、このカードも十分すぎるほど強力なカード。
ピルルク、リメンバの他、止め形の花代などには採用されている事も少なくないので、警戒は忘れずに。

 

《ドント・アクト》

相手のシグニ1体をダウンし、1枚ドローが可能なアーツ。
ベットしていれば効果は3倍の、3体ダウン&3枚ドローと化します。
ダウン系アーツの極致とも言えるようなアーツで、1枚でシグニのアタック全てを阻止する事が可能です。

また3枚のドローも可能な為、単なる防御だけでは終わりません。
ベット枚数が3枚と多い点や、ベット時は必ず3体を選択する必要があるのが難点ですが、それを差引いても十二分に強力です。
コインを3枚以上得られるルリグが搭載している場合が多く、あややリル、ハナレなどが代表例。
相手がコイン3枚と青エナ2つを構えている場合は注意したいカードです。

 

《ドント・エスケープ》

6弾で登場した、同じ色のルリグがピンチなら強化されるアーツサイクルの青。
普段はシグニ1体のダウンですが、ライフ2以下なら追加で1体のダウンが可能です。
比較的軽いコストで2体の攻撃を封じられる、高い防御性能を持ったアーツです。
青デッキを相手にする際は警戒しておくべきアーツです。

 

警戒度:☆☆★★★(隙を突かれないよう注意)

《アンダー・ワン》

コスト1以下のスペルを繰り返し打ち消せるアーツ。

コスト1以下というと範囲が狭そうに感じられますが、《ゲット・インデックス》《CRYSTAL SEAL》のようないわゆる「ユニークスペル」や、
《三剣》《THREE OUT》のようなリソース補充カード等、意外に打ち消せるカードは多いです。
また、アンコールコストを抜きにすると、0コストで撃てるため、イザという場面でも安心できます。

ただし、範囲外のスペルを使用している相手や、スペルを採用していない相手には完全に無意味なカードと化すので、環境によって採用を考えましょう。

 

《アンチ・アビリティ》

相手のライフバースト以外のトリガー能力を封じるアーツ。
相手のターンにしか使用できませんが、《幻水姫 ダイホウイカ》《羅星姫 ≡コスモウス≡》などの強力な自動能力をシャットアウトする事が可能です。
また、スペルカットインが可能な為、《羅星 アルファード》や《幻水 キス》でライフを削ってくる、所謂【キスドラ】への対策になるのも見逃せないポイント。

ただし、直接的に防御に繋がるカードではない点や、タイミング的に出現時能力を封じるのが難しいのが難点。
扱いが難しいカードですが、キッチリメタを読みきれれば非常に仕事をするカードです。

 

警戒度:☆☆☆★★(稀に見る、デッキによっては注意)

《ロック・ユー》

相手のスペル・アーツの使用を制限するアーツ。

限定条件はありませんが、その特性から実質的にはピルルク専用です。
繭の部屋入りする以前は《烈情の割裂》とのコンボで相手のアーツ使用を実質禁止するコンボがありました。

一応、現在でも《龍滅連鎖》や《謳金時代》のエナ削りからこのカードにつなげることで、同様のコンボを行う事が可能です。
このコンボを仕込んだピルルクデッキも存在するので、注意が必要です。
以前ほどの採用率はありませんが、相変わらずピルルクの「詰め」の一手として非常に強力なカードに変わりありませんので、対ピルルク戦ではエナ管理に気を配ったほうが吉です。

 

まとめ

というわけで、よく使われる青のアーツをまとめてみました。

《ブルー・パニッシュ》《ディストラクト・スルー》以外は他の色で使われる事は少なく、基本的には青のルリグと戦う際に警戒するアーツが多いかと思います。
ただ、WIXOSS初期からピルルクはかなり人気があるため、そういった意味では多色以上に覚えておくと役に立つ場面が多いかもしれません。

次回は「緑編」を・・・・・と思ったのですが、せっかく劇場版のDVD・BDも発売されることですし、特典カード《サチュレイト・ガット》を使用したハナレデッキをご紹介しようかと思います!
ぜひお楽しみに!
それでは!

The following two tabs change content below.
桃太郎王国

桃太郎王国

桃太郎王国は、キャラクターグッズからゲーム・DVD等のメディア、トレカまで、幅広く遊べるものを扱ったおもしろリサイクルショップです。 アニメのキャラクターグッズ・アイドル雑貨やTVゲーム・DVD・コミック・トレカ・ボードゲームなど、お客様のニーズに合った商品を提供させていただくと共に、通販サイト「駿河屋」の買取価格を導入することで、買取価格面でもお客様の満足を得られるよう、まい進中です。 お客様のニーズに応えしながら、お越しいただいたお客様に楽しい時間を過ごしていただける空間を提供いたします。