よく使われるアーツを知ろう:白編|WIXOSSプレイガイドVol.1

ご覧の皆様、こんにちは。
桃太郎王国習志野店のトレカ担当です!

今回からウィクロスプレイガイドと題しまして、ウィクロスのデッキ構築やプレイング等々をお伝えできればと思います。
第一回目の今回は、知らなければ負ける!ともいえる程重要な、よく使われる白のアーツをまとめていきます。
デッキ構築や、バトルの際にご参考にどうぞ!

 

目次

  • 警戒度:☆★★★★(様々なデッキから飛んでくる)
  • 警戒度:☆☆★★★(隙を突かれないよう注意)
  • 警戒度:☆☆☆★★(稀に見る、デッキによっては注意)
  • まとめ

 

警戒度:☆★★★★(様々なデッキから飛んでくる)

《ゴールド・ディフェンス》

ルリグかシグニ1体のアタックを阻止できるアーツ。
コイン1枚をベットすれば、ルリグとシグニ1体ずつを止める事が可能です。

さながらベット版《ピンチ・ディフェンス》といったカードで、タマやユキ、タウィルにドーナといった白ルリグはもちろん、コインを得られるルリグならどんなデッキからでも飛んでくる可能性があります。
ベットに必要なコインも1枚と非常に取り回しやすいのも評価点。

ルリグアタックを戦術の核とする場合、常に念頭においておきたいカードです。

 

《ピンチ・ディフェンス》

白のルリグなら十中八九飛んでくるであろうカード。
軽めのコストで条件を満たしていればルリグとシグニ1体をとめることの出来る、強力な防御アーツです。

《ゴールド・ディフェンス》と比較して、コインベットが必要ないためレベル3ルリグに自由が利く点や、他のベットアーツやコイン技と競合しないのが利点。
しかし、ルリグが白でない場合や、ライフクロスが2枚以下でない場合は最大威力を発揮できないのが難点です。0

とはいえ十二分に強力なカードである事は間違いないので、白ルリグ相手には警戒が必要なカードです。

 

警戒度:☆☆★★★(隙を突かれないよう注意)

《アイドル・ディフェンス》

条件を満たせばコストが軽くなる防御アーツ。
効果も強烈で、シグニかルリグのアタックステップそのものをスキップします。
シグニやルリグに効果を与える訳ではないため、《先駆の大天使 アークゲイン》等、「アーツが効かない」カードの攻撃を阻止することも可能です。

ただ、素のコストはかなり重い為、素撃ちされることはほとんど無いものと考えてしまっても大丈夫です。
《因果応報》と《TRICK OR TREAT》、《烈情の割裂》と《捲火重来》など、アーツとスペルの両方を使用する場合は警戒しておきましょう。

 

《スピリット・サルベージ》

一度使ったアーツの再使用を可能にするアーツ。
状況に応じて、攻撃用・防御用・コンボ用とどんなアーツでも再利用でき、汎用性の高いカードです。

《業炎 花代・爾改》やアルフォウといった、止め系のデッキで採用されている事が少なくありません。
また、ベット持ちの強力アーツを使いまわせる《救念の記憶 リル》を主軸にしたデッキや、《アヴァロン・スロー》とのコンボが狙えるユキ等にも採用している場合があります。

他のアーツを使用しているから……と油断していると痛い目を見るかもなので、充分注意しておきましょう。

 

《バインド・ウェポンズ》

ダメージ以外からライフを守る効果、連続攻撃を禁じる効果と、メタ色が強いカードです。

①の効果はランサー効果によるクラッシュや、《断罪の轢断》や《大火の轢断》などの「ライフクロスをクラッシュする」と書かれた効果を無力化します。
《西部の銃声》や《罠砲 タイマーボム》などの「ダメージを与える」という効果は無力化できないので注意が必要です。

②の効果は《アーク・オーラ》《アーク・ディストラクト》などのルリグからの連続攻撃、《幻水姫 グレホザメ》や《轟砲 ウルバン》などのシグニの再攻撃を封じる効果。
アイヤイやグズ子等のシグニを入れ替えての連続攻撃は防げません。

限定的な状態でではありますが、高い防御力を低コストで実現してくるカードのため、ランサーや連続攻撃、直接クラッシュを狙ったデッキを使用する場合は念頭に置いておきましょう。
また、《聖技の護り手 ラビエル》が見えたら入っていると見てもいいかもしれません。

 

警戒度:☆☆☆★★(稀に見る、デッキによっては注意)

《アーク・ディストラクト》

《アーク・オーラ》のようにルリグの連続攻撃が可能となる攻めのアーツ。
基本的には一発限りの大技です。

ルリグがレベル4の状態であれば、通常攻撃とあわせて合計3回の攻撃が可能となるため、隙を狙われるとそのままゲームエンドとなりかねない威力を持っています。
ですが、エクシード能力とコストが競合するため、相手がそのようなルリグを使用していた場合はそこまで警戒しないでも大丈夫です。
逆に、エクシード能力を持たない《金木犀の巫女 タマヨリヒメ》やアン等のルリグを相手にする場合は注意しておいて損は無いカード。

 

《サモン・ラビリンス》

デッキから白のシグニをリクルートするユキ/イオナの準限定アーツ。
ユキ/イオナならばレベル4以下、それ以外ならレベル2以下のシグニを呼び出せます。

基本的には《最幸の巫女 ユキ》や《純白の巫女 ユキ》デッキでの採用で、《アヴァロン・スロー》や《コードラビリンス ノイヴァン》と固い防御を築くカードです。
それ以外では、《アルテマ/メイデン イオナ》デッキで、《コードラビリンス クイン》を目的に黒のイオナデッキでの採用も見られます。

なお勘違いしがちですが、カード名に反し迷宮シグニ以外にも呼び出せるのは忘れずに。
某ディズニー映画とイオナとの関連性は不明です

 

まとめ

というわけで、よく使われる白いアーツをまとめてみました。
全体的に防御を得意とし、白以外のデッキでも防御手段として採用されるケースが多いです。
また、全体的に小回りの効く、「便利な」カードも多いため、デッキ構築の際に困った時は採用を考えてみてはいかがでしょうか?

次回は「赤編」をお送りします。
それでは!

The following two tabs change content below.
桃太郎王国

桃太郎王国

桃太郎王国は、キャラクターグッズからゲーム・DVD等のメディア、トレカまで、幅広く遊べるものを扱ったおもしろリサイクルショップです。 アニメのキャラクターグッズ・アイドル雑貨やTVゲーム・DVD・コミック・トレカ・ボードゲームなど、お客様のニーズに合った商品を提供させていただくと共に、通販サイト「駿河屋」の買取価格を導入することで、買取価格面でもお客様の満足を得られるよう、まい進中です。 お客様のニーズに応えしながら、お越しいただいたお客様に楽しい時間を過ごしていただける空間を提供いたします。