体験版プレイ

ダンジョントラベラーズ2-2体験版をプレイしてみた!

こんにちわ。
桃太郎王国スタッフのたぐーです。
先日、配信が開始されたPSVitaソフト「ダンジョントラベラーズ2-2」の体験版をプレイしてみました!

 

目次

  • 前作からの引継ぎ特典
  • ゲーム序盤にやっておくと楽なこと
  • ストーリー序盤をざっくりプレイ!
  • 今回もあります!ご褒美ビジュアル!
  • まとめ

 

前作からの引継ぎ特典

体験版ではキャラクターのレベル12までの制限があり、所持金は9,999まで所持可能です。

>

前作のセーブデータを読み込むと「クロワッサン」「ハルニレの葉」「携帯非常口」が各9個ずつ貰えました。
PSVita版からのセーブデータのみが有効で、PSP版のセーブデータを持っていても特典をもらうことはできないみたいですね。

 

ゲーム序盤にやっておくと楽な事!

前作と同様、ビジュアルに反して序盤から難しめなので、とりあえずこれだけはやっておきましょうというポイントを。

 

1、ルコのスキルで「アヴェンジャー」と「ダブルアタック」を1つでも上げておく!

アヴェンジャーは敵の攻撃をたまに反撃してくれます。ダブルアタックは通常攻撃がたまに2回になります。
序盤はこの2つを上げておくだけで戦闘が楽になります。
レベルが上がれば、レベルリセットでスキルを振り直しできるのでやっておくのが吉!

 

2、「ジーナ」を後衛に配置する!

ルコに比べて打たれ弱いので前衛から後衛にしておくと倒される確率も下がります。
通常攻撃の威力は落ちますが、スタッフなどからナイフ系へ装備を切り替えればATKは確保できます。

 

3、回復アイテムなどは惜しまない!

3人目のキャラクターが仲間になるのは少し先なので基本ルコとジーナの2名だけでの戦闘になります。
どちらか片方がいなくなってしまうだけで全滅に繋がりますので序盤は回復をしっかり行いましょう。
スキルのヒールは詠唱時間が少しあるので、回復アイテムを持っておくとすぐ使えます。
上記の画像は、ジーナが戦闘不能の状態で戦闘後に起きたイベントシーンです(ルコは未確認)

 

4、セーブは忘れずにしておく!

拠点に帰った時や強敵に戦う前は必ずセーブをしておきましょう。
戦闘で全滅するとロードからやり直しなので、セーブをしておかないとかなり前に戻されてしまう可能性があります。
たぐーは前作で数時間プレイしていて全滅をしてしまい、ダンジョンを1からやり直ししました・・・。
セーブも1つだけではなく、複数使い分けるのも良いですね。

 

ストーリー序盤をざっくりプレイ!

フリードさんがフリードくんに大変身☆
今回のキーポイント「闇堕ち」はもちろんフリードにも影響が出ています。

ジーナさんに踏まれます。というかすっごい格好ですね。

ジーナさんがフリードを助けに来た理由はフリードのライブラとしての力「封印魔法」
ストーリーに関わるのはもちろん、むしろこれがないと始まらない感じです。

一度、拠点に戻ってアイテム屋へ。
オートマタのリンリン。少し言動がおかしい子。

準備を整え、ダンジョンへ戻ります。
強敵前には必ずメッセージが表示されます。挑む前にセーブしておくのが吉。

イリーナ館長!!
最初のボス戦になります。

ボスを倒した後はイベントシーンが始まり、再度拠点に戻ります。
拠点で準備を整えたら、次のダンジョンへ・・・。体験版で遊べるのは3つ目のダンジョンの途中までとなります。

説明メイドお姉さんじゃなくなってる!(前作参照)

システム面などを説明してくれるキャラクター
ストーリーを進めて行くと教えてくれる内容が追加されていきます。

今作から追加された新要素「召喚マモノ」
設定をしておくと戦闘中に勝手に行動してくれます。

 

今回もあります!ご褒美ビジュアル!

もはや言葉は不要ですね。
どうぞお納めください。

 

まとめ

体験版の最後までプレイしてみました。
ダンジョン3つ目の途中で戦闘~イベント後に即終了画面が出て、クリアデータとしてセーブをしました。
製品版ではこのセーブデータを使用して、引き継ぎができるみたいですね。

ダンジョントラベラーズ2-2と名の通り「2」の続編になります。
前作をプレイしている人はこのキャラがこんなことに!?などと存分に楽しめると思います。
前作を未プレイの方は公式サイトを見ておくと良いかもしれませんね。

そして、たぐー個人的にはダウンロードコンテンツがものすごい楽しみです。
衣装などのコンテンツはもちろんなのですが、他の作品がまさかこのゲームで楽しめるとは思いませんでした。
この作品が気になる方は体験版からでも始めてみてはいかがでしょうか。

そんなこんなでまたお会いしましょう!

   

NieR: Automata(ニーア オートマタ)体験版やってみた!

こんにちわ。
桃太郎王国スタッフのたぐーです。
2016年から配信されている、「NieR: Automata」の体験版のプレイしてみましたー!
体験版だと、どこまでプレイできるのか、気になっている方はぜひご一読ください。

 

目次

  • 体験版ストーリーを追ってみた!
  • パンツでは無い白いアレ!ぜひチェックを!
  • まとめ

 

体験版のストーリーを追ってみた!

まさにクレイジーな難易度。
一撃で死ぬとかファミコンゲーム並みですね。

敵超大型兵器を調査・破壊する事が今回の目的。

操作キャラクターの「2B」が可愛すぎる(*´Д`)

プレイして早々に大型の敵と戦闘!

倒した所に、援軍「9S」が登場!

メカの動きとかもいちいち格好良すぎる。変形するのも良いですよね。

背景もかなり美麗グラフィック。
攻撃で足場を作って進むシーンなどもありました。

これ!
これ見ると、あ!ニーアシリーズやってる!という感じがします。
アクションゲームであり、シューティングゲームのようでもあり。

進む場所によっては2Dゲームのような視点になったり、上から見下ろすようなカメラワークもありましたねー。

ハシゴを昇る時は普通に昇るのに、降りる時はかなりスタイリッシュ。
ぜひプレイして見て欲しいやつです。

かなり奥まで来たのに「破壊対象」が全く出てこない・・・。

そんな矢先・・・。

いくつものパーツが合わさり、敵超大型兵器が登場。大き過ぎやしませんかね・・・。

敵超大型兵器にダメージを与えて行くと稼動停止。

戦闘中に吹き飛ばされてしまった「9S」を救出に!そんな中、巨大兵器も再稼動します。

「9S」を発見!

「9S」が操っていた機体に乗り込み、再戦!

戦闘の果てに、敵超大型兵器を破壊するも・・・。

ここで体験版が終了します。

 

パンツでは無い白いアレ!ぜひチェックを!

twitterで一時期騒がれましたね、白いアレ。

残念ながらパンツではなく、白いレオタードですが・・・一見の価値はあるかも?です。
パンツじゃないので、見てもぜんぜん大丈夫ですね~。

 

まとめ

面白かった。
本当に面白かった・・・。

弱攻撃と強攻撃の組み合わせでコンボが出来てモーションもカッコイイのですが、回避動作もメチャクチャカッコイイですよねー。
気になるストーリー、アクション、操作の面白さ、飽きさせない展開、カメラワークなどなど好みがあるかも知れませんが、たぐー的にはドハマリでした。

体験版はPSストアで配信中ですので、ぜひプレイしてみてください!
そんなこんなでまたお会いしましょう!

   

「バイオハザード7」体験版で、汚れたコイン・ハンドガンを入手する方法

こんにちわ。
桃太郎王国スタッフのたぐーです。
2016年から配信されている、「バイオハザード7」の体験版。
この体験版では、本編に引き継ぎが出来る「汚れたコイン」「ハンドガン」の入手方法を書き出してみました。
画像付きなので、結構長くなってしまいましたが・・・参考になれば幸いです。

 

目次

  • 「汚れたコイン」入手方法、エンディングルート
  • ハンドガンの取り方、ハンドガンの弾の入手場所
  • クリーチャーの倒し方
  • まとめ

 

「汚れたコイン」入手方法、エンディングルート

まずは、バイオハザード7体験版ミッドナイトバージョンで手に入る「汚れたコイン」入手ルートをご紹介致します。
このアイテムは製品版に引き継ぐ事ができますので、製品版を買う前に手に入れておくしかないですね!

入手方法をさっくり書くと、

  • ゲームが始まったらすぐ右側にある暖炉の仕掛けを動かします
  • 隠し扉を開け、その先で「ヒューズ」を入手します。
  • ヒューズを同部屋内のヒューズボックスに使用します。
  • 部屋出てを左に進み、通路にある棚の引き出しから「人形の指」を入手します。
  • 階段を昇り、スイッチを押すと隠し階段が出てくるのでさらに上へ昇ります。
  • 電話がある部屋の奥へ進みます。
  • ベッド横の机から「地下室のカギ」を入手します。
  • 1階に降り、最初の部屋の右側にあるカビのようなものが生えた扉の先へ向かいます。

こんな感じになります。

通路途中の棚から「白紙の手帳」を手に入れます。
通路の一番奥にある扉を開けます(地下室のカギが必要)

青い機械(ボイラー?)の上にある「キーピック」を取ります。

部屋に入るとクリーチャーが出てくるので一度入ってきた扉から出ます。

ファミパンおじさんが扉から外に出るのを邪魔してきますので○ボタン連打で素早く脱出をします。
(ここでクリーチャーの攻撃を受けると感染エンドルートになります)

一度、外へ出るとクリーチャーが消えていますので部屋の奥にある「天窓のカギ」を入手します。
(しばらくすると再度クリーチャーが出現するので走る事をオススメします)

食堂に向かいます。「キーピック」を使用して引き出しを開け「手斧」を入手します。
食堂の先へ向かい、勝手口の前で「チェーンカッター」を入手します。

通路を少し戻り、タンスの鎖を「チェーンカッター」で切り「ビデオテープ」を入手します。

階段を昇り「地下室のカギ」を手に入れた部屋の奥でテレビが数台置いてある間に「セルロイドの部品」が落ちています。

「人形の指」と「セルロイドの部品」を組み合わせ、人形の手を作ります。

上記のテレビが置いてある右側の壁を見ると文字が書かれています。

調べると子供の笑い声?のような音が聞こえます。その後に手に入れた「白紙の手帳」を確認すると文字が追加されています。

1階に向かい、掛け時計がある通路先に倒れているタンスがあります。
この場所でアイテム欄を開き「人形の手」を調べ、タンスに指を向けるように回転をさせます。
ある程度の向きまで回転させると勝手に指差すような感じで動きます。指を向けると音が聞こえます。

文字が書かれていた右側の扉に、血の手形のようなものが追加されていきます。

部屋を出て右側へ向かい、開かない扉の前まで向かいます。ここでも音が聞こえます。

「白紙の手帳」を確認すると文字が追加されています。

地下室に向かい、奥にあるベッドの所で同じように「人形の手」を使用します。ここでも音が聞こえます。

手形のようなものが追加されていきます。

階段を降り途中にある絵に向かって、手斧を装備して攻撃動作をします。ここでも音が聞こえます。

「白紙の手帳」を確認すると文字が追加されています。

人形が吊り下げられている部屋の中の扉の前で同じように「人形の手」を使用します。ここでも音が聞こえます。

手形のようなものが追加されていきます。

1階通路にある鏡?の台がある所で、×ボタンとスティック下を入力すると振り向く事ができ、ここでも音が聞こえます。

「白紙の手帳」を確認すると文字が追加されています。

「地下室のカギ」を手に入れた所の上辺り、白と青のケーブルが交わった所へ人形の手を向けます。ここでも音が聞こえます。

手形のようなものが追加されていきます。

最初の倒れていた部屋でビデオテープを再生し、最後まで見ます。

地下室の床に人形が落ちています。人形を見ると音が聞こえます。

この人形を見る所なのですが、一度ビデオテープを見ただけでは音が聞こえない時がありました。
その場合は人形を一度見た後にビデオテープを再生してまた最後まで見ます。
その後に再度人形の元へ行くと音が聞こえ、進めることができました。
ここは要確認です。

「白紙の手帳」を確認すると文字が追加されています。

食堂に向かい、このテーブルの下辺りに向けて、人形の手を使用します。
ここでも音が聞こえます。

血の手形が5つ付いた状態になると、扉を開けることができます。

イスを調べると「きみ すごいね!」の文字。ここで「汚れたコイン」を手に入れる事ができます。
手に入れた後は子供の笑い声が聞こえます。

後は「天窓のカギ」を使い、ここから脱出しましょう。

体験版のセーブデータを残しておく事で、製品版に引継ぎができます。

 

ハンドガンの取り方、ハンドガンの弾の入手場所

地下室まで行き、棚に置いてある「バルブハンドル」を入手します。

血だらけの浴槽、トイレなどがあった部屋に向かいます。

トイレの便器横で「バルブハンドル」を使用します。

水を流した便器の中から「ハンドガン」が手に入ります。

 

ハンドガンの弾の入手場所

ハンドガンがあった部屋の机の引き出し

上記の部屋前通路の棚の上

「地下室のカギ」があった部屋のベッドの下

「地下室のカギ」がある部屋の隅にある木箱の中(手斧で壊す必要有り)

 

クリーチャーの倒し方

クリーチャーは倒す(退散させる?)事も可能でした。
ハンドガンとハンドガンの弾8発、手斧を所持し、ダメージをくらいつつ撃退に成功。
クリーチャーの頭の部分をハンドガンで狙い、怯ませた所に出来るだけ斧で攻撃。

ハンドガンの弾が切れた後は天井から釣り下がっている袋を蹴ると、その反動でクリーチャーを転倒させる事ができます。

倒れた所を手斧で出来る限り攻撃。
通常のR2ボタンだけでも攻撃できますが、L2ボタンを押して構えてから攻撃するのも効果的だと思います。
L1ボタンでガードっぽいものもできるのですが、突進してきた所を普通に避けた方が良さそうです。
思ったよりクリーチャーの体力も高いので、ハンドガンでどこまでダメージを稼げるかがポイントです。

ドロドロとした外見っぽいのに中はしっかり牙が生えておりました。
にしてもキモイ・・・。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
この体験版では、製品版へと引き継げるアイテムがありますので、ぜひ体験版をプレイしてから本編に進みましょう!

この他にも、バイオハザード7の体験版をやってみた記事を色々書いてみました!
ぜひあわせてご覧ください。

そんなこんなでまたお会いしましょう!

   

バイオハザード7体験版 ミッドナイトバージョンをプレイしてみた!

こんにちわ。
桃太郎王国スタッフのたぐーです。

12月4日より配信されているバイオハザード7ミッドナイトバージョンをプレイしてみました!
行ける場所やアイテム、クリアルートが増えるなど体験版最終形態に相応しい感じになっています。

 

目次

  • 追加エンディング トゥルーエンドルート
  • 追加エンディング 感染エンドルート
  • まとめ

 

追加エンディング トゥルーエンドルート

  • ゲームが始まったらすぐ右側にある暖炉の仕掛けを動かします
  • 隠し扉を開け、その先で「ヒューズ」を手に入れます
  • ヒューズを同部屋内のヒューズボックスに使用する
  • 部屋出てを左に進み、階段を昇り、スイッチを押します
  • 隠し階段が出てくるのでさらに上へ昇ります

ここまでは過去ルートと同じです。

電話がある部屋の奥へ進みます。

ベッド横の机から「地下室のカギ」を入手。

1階に降り、最初の部屋の右側にあるカビのようなものが生えた扉の先へ向かいます。

通路の一番奥にある扉を開けます(地下室のカギが必要)

室内に入り、扉が閉まるとクリーチャーが出現します。
この奥にクリアに必要な「天窓のカギ」があるのですが、一度でも攻撃を受けてしまうとトゥルーエンドにはならない為、一度入ってきた扉から外へ出ましょう。

扉を出ようとするとファミパンおじさんが扉を押さえつけて邪魔をしてきます。
○ボタンの連打で開けられるようになりますので、素早く開けましょう。

一度扉を出るとクリーチャーが消えていますので、この隙に部屋の奥へ向かい「天窓のカギ」を入手します。
時間が経つと再度クリーチャーが出現しますので走った方が良いです。カギは棚の上部にあります。

階段を昇り「地下室のカギ」があった部屋に戻ります。

ハシゴを昇り「天窓のカギ」を使用して、外に脱出すると「トゥルーエンド」になります。

 

追加エンディング 感染エンドルート

トゥルーエンドルートのクリーチャーが出てくる所までは同じです。
クリーチャーが出てきて一度でも攻撃を受けると感染エンドルートに向かいます。
何回か攻撃を受けると死にますので「天窓のカギ」を手に入れ、1回くらったら扉を出ましょう。

攻撃を受け、体力が減ると画面周りに赤いエフェクトが出ます。

通路を進んで行くと手が変色していきます。

ハシゴを昇り切る前に、さらに感染が進み、ハシゴから落ちてしまいます。

倒れている所にファミパンおじさんが登場。意味深な台詞と共に画面が暗くなります。

画面が暗くなり、感染エンドになります。

 

まとめ

どうやっても脱出できなかった家からやっと逃げられるようになりました。
しかし、トゥルーエンドでもプレイヤーが幻や幻覚を見ていたのでは?という謎な形で終わります。
はたして、本編でこの場所、キャラクターなどは出てくるのでしょうか。
さらに期待が膨らみます。

そんなこんなでまたお会いしましょう!

   

4つのステージ内容の全貌|仁王β体験版やってみた!

こんにちわ。
桃太郎王国スタッフのたぐーです。
仁王β体験版をちまちまやっているわけですが、今回はメインのステージ内容を書いていきます。

 

目次

  • 鬼の棲む島
  • 闇の奥
  • 枯尾花とあやかし
  • 西国無双の誘い
  • 逢魔が時ステージが解放されると・・・
  • まとめ

 

鬼の棲む島

最初のミッションとなる「鬼の棲む島」から始めていきます。

のぞきのスケベなヤツがいたり、

前回もあった、プロデューサーのシブサワ・コウとも戦えます。

通り道の火を消すために、水が入ったタルを蹴落とします。前回は無かったと思います。

α版でもあったこのステージは基本的に同じ内容でした。
もしかしたらアイテムや敵の配置が違う個所があったかと思いますが、前回と同じような感じで切り抜けられました。
とは言え、初めのうちはやはり装備が揃っていないと相変わらずキツイですね。
敵の攻撃力も高めで、配置が分かってるとはいえ事故死も多数。

エリアボスの鬼が特に変わらずの攻撃パターンで楽でした。
何回か死にましたけども・・・(;´∀`)

前回、使用してなかった忍者スキルの「毒手裏剣」がボスにも効くので良い感じ。
道中の鬼の敵にも効くので安定の忍者スキルですね。社に戻ればアイテム数が復活するのも良いポイントです。
手裏剣の他に、火薬玉や焙烙玉も炎熱ダメージを与えるので重宝しました。

ボスを倒した後にはムービーが流れました。
前回倒した後にこんなムービー流れたかなぁ・・・。と思いつつ、服部半蔵が登場。

めっちゃペラペラな英語を喋りだし、思わず吹き出しました(笑)

そんな半蔵が懐からあるものを取り出した時にはさらに吹き出しました。

ごそごそ。

にゃーん
ねこ!?Σ(´Д`ノ)ノ
半蔵が猫の目を確認していたので夜目か昼目かで時計代わりの演出なんですかねー。

次のミッションへ向かいます。

 

闇の奥

メインミッション「闇の奥」は、洞窟の入り口のようなところからスタート
人と妖怪の敵が両方出てくるステージです。
落下死のポイントが多数ありますので気をつけていきましょう。

初めは何事かと思いましたけど、落ち着いてみたら壁に目があったんですねー。

そこを攻撃すると、ぬりかべ的な敵が出現。
壁から動かないので落ち着けば楽に倒せました。
ちなみに、目が開いてる時にジェスチャーのお辞儀をすると戦わずに消滅しました。
協力プレイしてる時に見てて「えぇー!?」と思ったんですけど、こういうの発見する人ホントすごいですよね。

唐突に「温泉」が出現。
敵がそこかしこにいるのにいきなり装備を脱ぎ出し、温泉に浸かるウィリアムさん。
しばらくの間、HPが徐々に回復していくリジェネ的な感じが続きました。

落下死の原因のコウモリがバサバサと急に飛び出します。ガードしつつ前に回避していけば落ちません。
ダメージは少ないのでガードせずに突っ切るのも有りでした。

通路が細い所にも敵は配置されているので注意です。
基本的には広い所に誘い出して戦うのが良いのですが、上手くやれば敵を落下させる事もできます。

光るキノコ。
触っても特に何もありませんでした。

ここから落下死すると5000ぐらいダメージを受けます。
レベル50台でHP1600ぐらいだったので到底耐えられないですね。

一つ目の巨人は目に攻撃を当てると怯みました。
他の敵にも弱点部位とかがあるのかなぁ。

ガード不能+毒攻撃。
敵の体勢がかなり低いので下段攻撃や振り下ろし系の攻撃をしないとなかなか攻撃が当たりませんでした。

やっとボスエリアに来ました。なんかぶら下がってる・・・。

冒頭にムービーが流れ始め、

次はオマエだー。的な感じで突っ込んできます。
ムービーが終わってすぐ避けないと大ダメージ。

ここのボスのフィールドは結構広いので戦い易かったです。

一番注意したい攻撃は、衝撃波のような遠距離攻撃です。
少し溜めて、攻撃の時にボスが叫ぶので避け易さはあるのですが、当たるとほぼ100%マヒになります。
マヒになるとしばらく動けなくなるので、そこに攻撃を受けると大ダメージです。

アイテム枠にマヒ治しを入れておきましょう。
くらった後に使用するとマヒがすぐに回復できました。

空を飛ぶのは反則ですよ。
コウモリ姉さん。

飛んでいる最中にも飛び道具、衝撃波を飛ばしてきます。
こちらも負けじと手裏剣や弓矢などで当てていくとボスを落下させる事ができます。

掴み攻撃をくらうとガッツリ食べられます。
こちらのHPが減り、ボスのHPが回復します。
避ける事ができれば隙だらけでした。

なんとかボスを撃破。

ボスを倒すとムービーが流れます。

起き上がるのに、手を貸そうとすると手が光りだし・・・。

牛に変身後、こちらへ突進してきます。
ここでムービー終わります。

全く説明が無いので何事かと思いましたが、守護霊の1つを獲得したようです。

メインミッションだけあって、かなり難しかったです。
ボスの強さもありましたが、エリア道中ではいやらしいポイント多数でした。
知らないと落下死のポイントがいくつかあるので、協力プレイ時にはホストさんに気付かせるのが大変でした。
先行してネタバレも良いんですけど、死ぬのも醍醐味の1つだよなぁ・・・と悩みつつ。

 

枯尾花とあやかし

サブミッションの「枯尾花とあやかし」です。

ここのエリアは人の敵ではなく妖怪の敵が出現。
敵の強さは相変わらず強く、人型と違って攻撃パターンが多彩ですね。

ススキによって足元も見え辛いので、常世祓いをするのも一苦労です。
場所が狭くなる所では、特に常世祓いをしておかないとスタミナ回復が追いつかなくなるので大変ですね。
正直に言えば、実際の敵よりもこのススキのグラフィックが敵を見え辛くしてるのでこれが一番の敵でした。
敢えてこういう感じにしたのか、たまたまなのかはわかりませんがもう少し改善してもらいたい所・・・。

ここのエリアはフィールドの敵を一掃すればクリアです。
一定数の敵が出て、倒してしばらくすると、再度出現する感じでした。
囲まれないように逃げながら戦うか、出現時に速攻で倒すのがポイントですね。

 

西国無双の誘い

サブミッション「西国無双の誘い」

「立花宗茂」との一騎打ちのエリアでした。

ミッションレベルが高いだけあって、立花宗茂は強かったです。
ガードだけをしていると居合いなどで一気にスタミナが削られたり、守護霊の子犬攻撃+立花宗茂のラッシュ攻撃もススキのグラフィックで見えなく大変でした。
慣れないうちは岩場の障害物を利用して、攻撃を回避していくと少し楽です。

倒すと、守護霊の子犬をGETできます。

 

逢魔が時ステージが解放されると・・・

各エリアで「逢魔が時」が解放されました。

各エリアの場所は同じですが、敵の配置や敵の強さが段違いなエリアです。

装備を整えてても割と死にます。
同じミッションでも難易度を選択できるのはまた新鮮で良いですよねー。

夜が舞台だったメインミッション「鬼の棲む島」も背景が赤く染まっています。

苦手な敵。
車輪に顔がある妖怪「輪入道」ですね。

転がる攻撃が連続的にダメージを与えるのと通った道に炎が残り、地形ダメージも発生させるという面倒な敵。
狭い通路で飛び出してきて、落下死しそうなポイントもありました。

「枯尾花とあやかし」逢魔が時ステージ、血刀塚が大量にあります。
ミッションを全てやり終わった後は、ここで装備品を発掘するのが楽しみでした。
装備レベルは32までの物は見つけましたが、これ以上はあるのかなぁ・・・。

 

まとめ

α体験版から比べると、遊び易くなったなぁという印象でした。
スタミナ管理(息切れ動作)が少し緩和されたり、装備の耐久度の廃止は大きいですねー。

難しいというイメージの今作ですが、レベルを上げたり装備を整えればだいぶ変わります。
また近接スキルばかりではなく「忍術スキル」や「陰陽スキル」にも目を向けると良いと思います。
たぐー個人的には「毒手裏剣」「遅鈍符」「伊賀流焙烙玉」が使い易いと思いました。

「毒手裏剣」は、ほとんどの敵を毒にする事ができ、毒ダメージが稼げます。
「遅鈍符」敵の動作、行動を遅らせる事ができます。α体験版の時も強かったですよね。
「伊賀流焙烙玉」範囲攻撃と炎熱ダメージで使い易かったです。

そんなこんなでまたお会いしましょう!

   

α版からの変更点など|仁王β体験版やってみた!

こんにちわ。
桃太郎王国スタッフのたぐーです。

8月23日から9月6日まで配信されている「仁王β体験版」。
1日休み(天候は大雨)の日があり、ガッツリ出来る時間があったので今回もプレイしてみました!
仁王α体験版の時もブログを書いていたので自分でも見比べつつ、変更点などを書き出していきます。

 

目次

  • α版からの変更点
  • まとめ

 

α版からの変更点

今回はメインミッション2つとサブミッション2つのステージがありました。

メインミッション「鬼の棲む島」

メインミッション「闇の奥」

サブミッション「枯尾花とあやかし」

サブミッション「西国無双の誘い」

前回のα体験版の時はステージに入ってからの始まりでしたが、今回は入るステージを選べるところから始まりましたねー。
とは言っても、どこのステージも難易度は高いので「鬼の棲む島」から進むのが無難でした。

 

操作関係のチュートリアルを受ける事ができる場所が追加されていましたね。
特にクリア報酬的なのは無かったのですが、ステージが道場っぽくて新鮮で良かったです。
前回のα体験版は、いきなりステージ開始だったのでこういうのがあると入りやすいですよねー。

 

新しい武器も解禁していました。2刀流です。
攻撃が全体的に早く、双剣的な感じですね。
今回プレイするにあたってのメイン武器として使っていました。

 

そしてジェスチャーも増えていましたねー。
一部、ジェスチャーを始めると行動を終えるまで止められないもあるので移動や回避でキャンセルできる事を製品版では希望です。

今回もちっこいやつが登場!
前回とは配置が違ったので新たに探すのも面白かったです。

 

拠点では鍛冶屋が利用できるようになっていました。
「アムリタ」ではなく「お金」を使うポイントがやっとできた感じです。

ここの鍛冶屋では「打ち直し」「魂合わせ」ができました。

「打ち直し」は武器に付いている特殊効果を消し、新たな特殊効果に変更ができるものでした。
効果に関してはランダムで付くので粘れば好きなものも付けられます。
打ち直しに必要なアイテムとお金があれば出来るので、同じ武器でも属性や効果が違う物などが作れて武器の幅が広がりますね。

「魂合わせ」は武器、防具に設定されているレベルを引き上げることができます。
同じ武器や防具でもレベルが高いほど性能は良いです。
レベルを上げたいベース:レベル10の物に対して、素材でレベル20の物を使用するとベースに設定した武器、防具の物がレベル20になるという仕組みです。
武器は武器全般。
防具は同じ個所の防具。
お守り系はできませんでした。

 

今回はレベルをガッツリ上げてみました。
レベルが50辺りを超えると必要なアムリタが200000と段違いに上がります。
その後は300000~400000と上がっていく感じでした。

まれびと召喚で呼ばれてマルチプレイをしていると、ミッション成功でかなり入る場所があるので武器、防具を揃えつつマラソンでだいぶ上がります。

 

今回はミッションの指定などでマルチプレイがしやすくなったのも好印象。

 

今回のメイン武器の2つ。
属性攻撃が付いているので通常攻撃とは別に属性ダメージが乗るのと体力回復が付いているので道中かなり楽に。
そして、今回はなんと言っても装備の耐久度システムが無くなったので、物凄く快適でした。
耐久度を回復するアイテムが多々出るとは言っても、かなり不評だったようで完全撤廃でしたねー。

 

まとめ

一部システムやステータス、能力などに理解が必要ですが前回よりもかなり遊びやすくなった体験版。
製品版も今年には発売日の発表があるのかなぁ。と期待も高まります。

次回はプレイ画像を交えつつ、エリアの内容を書き出していきます。

そんなこんなでまたお会いしましょう!

   

世界樹の迷宮5の体験版やってみた!

こんにちわ。
桃太郎王国スタッフのたぐーです。

7月20日から配信されている「世界樹の迷宮5」の体験版をプレイしてみました。
体験版の内容などを簡単に書き出してみます。
たぐーが体験版をやってみて、独自に調べた情報となりますので間違いもあるかと思います。

 

目次

  • 体験版で制限されている事
  • 街で出来る事
  • キャラクターの作成
  • 転職で出来る事
  • 迷宮ダンジョン内部
  • 素材入手、食料調達
  • まとめ

 

体験版で制限されている事

まず、体験版ではキャラクターのレベルを10までしか上げる事ができません。
また、起動制限があり、30回までの起動となっております。
(スリープモードにしていれば起動回数が減らないです)

 

街で出来る事

ジェネッタの宿

宿に泊まってのHPTP回復、アイテムを預けられる。
ジェネッタかわいいよ。
ジェネッタ。

 

アイオリスの大市

武器防具、アイテムの売買。鍛冶による強化もできます。
セリクは売買から鍛冶まで一人でこなします。

 

魔女の黄昏亭

情報収集、クエストの受注ができます。
魅力的なメリーナさん(*´∀`)

 

冒険者ギルド

キャラクターの作成、転職などができます。
エドガーさんの兜スゲェッスね。
初めは背景かと思いました。

 

アルカディア評議会

メインクエストの受注ができます。
レムスと話をしてメインクエストを報告しないとダンジョン内で先に進めない事があります。

 

キャラクターの作成

ゲームを開始すると、冒険者ギルドにてキャラクターの作成からはじまります。
種族、職業、外見、ボイスや髪、目、肌の色彩設定を決める事ができます。

ボイスに関しては性別制限が無いのでゴツイ男の外見に可愛い女性ボイスにすることも可能ですよ。
逆もまた然り。

なんといっても感動したのが色の自由度の高さ。
すでにあるテンプレのやつが使用可能なのはもちろんのこと、RGBをそれぞれ変更すれば自分の好きな色に変更ができます。
目の色が左右別々に設定ができるのも良いですよねー。

たぐーのパーティー編成は、セリアン族のマスラオ(前衛)2人、アースラン族のフェンサー(前衛)1人、ブラニー族のハーバリスト(後衛回復役)1人、ルナリア族のウォーロック(後衛魔法役)1人で作成!
体験版だから・・・といつもの堅実性は無視して趣味に走りました。
けもみみ(*´Д`)

 

転職で出来る事

転職ができるようになるとレベルが5下がる代わりに外見とパラメーターがそのままで新しい職業に変更できます。これを利用すると、種族制限で選べなかった職業に就くことができます。セリアン族イラストで職業はフェンサー。など、けもみみのみでパーティ編成するのも夢です(*´Д`)

 

迷宮ダンジョンの内部

キャラクターを5人作成してギルドを結成!
いよいよ迷宮の中へ突入!

・・・の前にスキルポイントを振って、スキルを取得しておきましょう。
序盤が大分楽になると思います。
序盤のザコ敵もそこそこ強め。ユニオンスキルもガシガシ使っていきます。

グラフィックこそ新しいもののいつもの感じで安心します。

ダンジョン内で起こるイベント達成後に画像のようなものが表示されます。
選択肢を選び成功させたり、イベントを読み進めたりすると達成となります。
経験値が獲得できます。

ダンジョン内では会話イベントも。
ストーリーキャラクターのようなので、この先の話でどう関わってくるのか気になります。
また、すれちがい通信などで他のプレイヤーのギルドカードを所持しているとダンジョン内で出会う事があるようです。

シリーズ恒例の強敵ですねー。
今作の一番はじめのFOEは芋虫でした。
まだ戦っていないので強さはわかりませんが毒攻撃とかしてきそう。

 

素材入手、食材調達

ダンジョン内で採取、採掘ポイント以外に釣りができるポイントや食材をGETできるポイントが追加になりました。
採取、採掘ポイントではそれぞれ素材が入手できるのはシリーズ恒例ですが、「食材」は初ですよねー。

なんといってもこの食材を使用するとHPやTPが回復できます。
特定のポイントで調理することもできて効果もUP!します。
長期滞在になるダンジョンでは大助かりですね。

 

まとめ

キャラメイクやゲームシステムは製品版と差はないという今回の体験版。
そして作成したキャラクター、レベル、スキル、アイテムは全て引き継げるというなんとも太っ腹な体験版ですよね。
発売日まで待ちきれない方や買うか買わないか悩んでる方など、ぜひプレイしてみる事をオススメします。

そんなこんなでまたお会いしましょう!

   

「バイオハザード7」の体験版をやってみた!

こんにちわ。
桃太郎王国スタッフのたぐーです。

話題のバイオハザード7の体験版をやってみました!
ホラー・グロテスクな部分の強い所がありまくりで結構怖かったのですが、バイオ・・・か?という体験版でもあります。
早速どんな感じの体験版なのか、やってみたいと思います。

 

目次

  • 攻略ルート1
  • 攻略ルート2
  • エンディングの種類
  • 取得できるアイテム一覧
  • まとめ

 

攻略ルート1

まずは、分かりやすいというか、最初にやったルートからご紹介します。
単純に書くとこんな感じ。

  • 最初の部屋を出て、左に向かいキッチン方面へ
  • キッチンを通り過ぎ、通路の一番奥側で「チェーンカッター」を取る
  • 通路を少し戻った所にタンスがあり、取っ手部分にチェーンが巻かれているのでチェーンカッターで切断する
  • 「ビデオテープ」が出てくるので一番初めの倒れていた部屋のビデオデッキで再生をする
  • ビデオの映像内を進んで行き、最奥まで進む
  • ビデオを見た後、暖炉の仕掛けを動かし、隠し通路へ
  • 隠し通路の奥で「勝手口の鍵」を入手
  • 「勝手口の鍵」を入手後、「チェーンカッター」があった所の勝手口へ
  • おじさんに殴られる。
  • 終了

エンディングが意味不明ですね、笑。

 

「BIOHAZARD 7 TEASER – BEGINNING HOUR」ちゃら~ん!
ゲームが始まり、左側に倒れていたキャラが動き出します。

どうやらプレイヤーは手足を縛られており、起き上がった男が落ちていたナイフを使用し、手を拘束しているものを切ろうとしています。
そこに後ろから物音のような音が聞こえ、そちらへ視点が向きます。
ここで一度画面が変わり、別のシーンへと移動します。

「館から逃げろ」と表示され、唐突に始まります。もうこの時点でかなり怖い(;´Д`)
従来のバイオハザードのTPSと違い、一人称視点です。

できる事も少ないので建物内を調べていく所から始まります。

レンジの中にはカラスが入っていたり・・・。

引き出しの中からは「人形の指」が・・・。一応、アイテムです。

奥に進んだところには「チェーンカッター」があり、早速GET!

・・・と思ったら上から人形が降ってくる(;´Д`)ひいぃ

扉から出ようとするも、カギがなく出られません。

びくびくしながら、少し通路を戻るとチェーンカッターで切れそうなチェーンがあり、切断作業。

中からは1本のビデオテープが出てきました。
一番初めの倒れていた部屋にビデオデッキとテレビがあったので戻ります。

再生が始まり、別のシーンへ

幽霊や廃墟を紹介するようなテレビ番組の撮影のようです。ここでは3人のキャラがいます。
アンドレ:番組のプロデューサーのような存在(左)
ピート:番組リポーター(右)
クランシー:カメラマン(ビデオ内ではこのキャラを操作します)

ピートとアンドレがあーだこーだと言いながら進んで行きます。それを追うようにクランシーも続きます。ピートとアンドレよりも先に進む事は可能なのですが、途中見えない壁に阻まれ進めなくなる箇所があります。

良いシーンが撮れそうだろう?とアンドレに語りかけるピート

先程まで一緒にいたアンドレがいなくなっており、探しに奥へ向かいます。

隠し扉のような所を通り抜け、さらに奥へと向かいます。

その奥には地下へ下りるはしごがありました。ピートからオマエが先に行け。と言われ、プレイヤーが先に進む事になります。

降りた先の暗闇の中、薄っすらと人影が見えます。

さらに近寄ると、アンドレを発見。

変わり果てたアンドレの姿が・・・。
そしてその奥から人影が現れ・・・・。
ここでビデオの再生が終わります。

ビデオを見終わった後、いつの間にか机にメモ書きがあります。
「お前を石で叩き殺す」
(((( ;゚д゚))))ひいいいいい

ビデオを見た後、隠し扉の仕掛けを操作し、はしごがあった所へ向かいます。

そこにはカギが落ちていました。
これで脱出できる!

Σ(゚Д゚;)!?
早速、開かなかった扉の所へ向かおうとした時、通路に誰かが通ります・・・。

恐る恐る曲がり角などを確認しながら、扉へ向かいます。
カギを開け、やった!脱出成功!

と、出ようとした所、背後から

お前も「家族」だ。と言って殴られます。
そして、画面が変わります。

初めに流れていた映像に戻ります。

背後から誰かが近づいてきて・・・ナイフのような物でピートを刺します。

映像はここで途切れ、終了になります。

 

攻略ルート2

もう一つ、別のルートがありますので、それもたどってみたいと思います。

 

最初の部屋で暖炉の仕掛けを動かし、隠し通路へ

隠し通路を入って、左側のイスに「ヒューズ」があるので取る

最初の部屋のヒューズボックスに「ヒューズ」を付ける

部屋を左に出て、階段を登り、スイッチを押す

隠し階段が出てくるので登る

電話が鳴っている音が聞こえ、部屋に入り電話を取る。会話を進め、部屋を出る

おじさんに殴られる。終了

 

ルート1でビデオ再生中にオプションボタンを押すと、メニュー内に「ビデオ再生を止める」項目もあります。
再生を止めて最初の部屋に戻り、隠し通路に入ったところ「勝手口の鍵」は無く、イスに「ヒューズ」が置いてありました。
途中で再生を止めると強制的にルート2になるっぽいです。

 

エンディング

攻略ルート1はカギを開け、勝手口から出ようとするとおじさんに殴られます。

攻略ルート2は電話に出た後に部屋を出ようとするとおじさんに殴られます。
電話に出た後、すぐに殴られないパターンもあったのでどこかでパターンが変わるのか・・・。
背後から殴られまいと壁を背にしてせこせこ歩いていたので、その影響か?

これがエンディングと呼べるのかどうかはわからないのですが、今の所終わりが2パターンのようです。
攻略ルート2の電話の内容がランダムで変わる場合も有ります。
同じ行動をしてても変わったので完全にランダム?またはプレイ回数によって違うとかでしょうか。

 

取得できるアイテム一覧

この体験版で入手出来るアイテムを書き出してみました!

 

人形の指

最初の部屋を出て、左に向かい階段前の机の引き出しにあります。
体験版では、色々やってみましたがどこに使うのか全くわかりませんでした(;´∀`)
指の間接部分がカギっぽいなぁ・・・。
取り外せるのかなぁ。
開かない扉のカギじゃないのかなぁ。
と色々思いつつも何も出来ず。

 

チェーンカッター

キッチンを通り過ぎ、勝手口の前に刺さっています。

 

ビデオテープ

チェーンカッターでチェーンを切り、タンスの中に入ってます。

 

ヒューズ

ゲームを始め、すぐ暖炉の仕掛けを動かし隠し通路で手に入ります。

 

勝手口の鍵

ルート1でビデオを見て、戻ってから隠し通路で手に入ります。

 

キーピック

ビデオ再生中に棚の隙間に落ちています。
キッチンの引き出しの鍵を開けるのに必要です。

 

アイテム「斧」の取り方は、

  • ビデオ再生中にレンジと冷蔵庫の間の隙間辺りから「キーピック」を取る
  • 「キーピック」を使用し、ビデオ内でキッチンの引き出しを開けておく
  • ビデオ後、現実に戻るとカギがかかっていたはずの引き出しが開けられるようになっている
  • 引き出しを開ける

これで「斧」を入手することが出来ます。

構えて攻撃する事ができますが、マネキンを切ったり、木箱を壊すぐらいしかできません・・・。
扉に打ち付けてある木板を攻撃しても何も起こりませんでした・・・。

ビデオ内と現実がなぜリンクしているのか体験版だけでは謎のまま。
斧を持っていると攻撃モーションが出来ますが、斧を振り回していても、結果おじさんからファミパンを喰らいます。

 

まとめ

プレイした感想としては、完全にホラーゲームでした。
そして、体験版はこれがクリアなのかどうなのか・・・謎です。

バイオハザードシリーズをやっている身としては、あれ?これ本当にバイオハザード?という感じで、タイトルを臭わす事もなく、全く別物かと思うぐらい。
勘違いかも知れないのですが、アンブレラ(たぶん)のヘリっぽい写真が出てくるので捻り出せばわかるぐらい?
一人称視点という部分も驚かされました。
たぐー的にはTPSが好みなので、せめて切り替えが出来ないかなぁとか思ったりも・・・。

画像などを入れ長く書いておりますが、ネタを知ってさっさか終わらせると4~5分ぐらいで終わると思います。
ぜひ、このホラー感を体験して頂きたいです。
そんなこんなでまたお会いしましょう!

 

この他にも、バイオハザード7の体験版をやってみた記事を色々書いてみました!
ぜひあわせてご覧ください。

   

期間限定の「仁王」α体験版をプレイしてみた!

こんにちわ。
桃太郎王国スタッフのたぐーです。

2016年4月26日~5月5日まで期間限定で配信されていた「仁王」α体験版をプレイしてみました!
ネットで噂になっていた和風ダークソウル!
えー!そうなの!?やるしかない!と思っていた半分、えー?そんなに言う程ダークソウルじゃないでしょーと思っていた半分。
やってみたら・・・ホントに和風ダークソウルでした(;´Д`)

勿論、全てが同じではないですし違いもありますが、全体的な基本ベースがダークソウルに似ていて、たしかに和風ダークソウルで通じるなぁ。と思いました。
とりあえず、プレイ開始です。

 

目次

  • 装備&ステータス
  • 敵とバトル&レベル上げ
  • ボス戦へ!
  • まとめ&感想

 

装備&ステータス

ムービーシーンからはじまり、主人公が映し出されます。

これ、ウィッチャー3のゲラルトさんでは・・・(;´Д`)と思うぐらいのビックリ要素の1つ

とりあえず落ちていた武器を拾って装備をします。
攻撃力から耐久度、愛用度、特殊効果、必要ステータスなどなど。色々細かく設定がありますね。

プレイして感じたのは、とにかく装備品の耐久度の減りが早い事。
武器は攻撃すれば耐久度が減りますし、防具も攻撃をくらうとどんどん減っていきます。
ゲームを進めていくと武器、防具の耐久度を回復させるアイテムも登場しますが、製品版ではもう少し改善されると良いなぁ、という印象。

ステータス画面はこちら。
基本能力値をはじめ、装備の重さ、敏捷さがあります。
装備の重さによっては、敏捷さが下がり回避し辛くなります。

プレイして感じたのは、移動や回避スピードが結構早いです。
無敵時間がどの部分まであるのか検証はできなかったのですが、回避行動からの回避行動も隙がほぼないので回避連打もできます。
もちろん気力(スタミナ)が減りますので無限にはできませんが・・・。

少し進むと社?祠?のようなところがありました。
死ぬとここからリスタートです。

「能力開花」アムリタ(経験値)を使用しレベルアップなどができます。
「奉納」は武器、防具が売れます。アムリタとは別にお金の要素がありました。
「まれびと招喚」特定のアイテムを使用し、協力プレイヤーが呼べます。
オンライン協力プレイですね。
「憑けかえ」はキャラに守護霊を憑依させる事ができます。
守護霊によってステータスが変わりましたが、体験版中は特に変更せずに進めました。

画像は初期装備の「禍斗」。

守護霊によって「九十九武器」に変化があります。
九十九武器は守護霊のゲージがあり、溜まるとそれを使用して力を解放できる感じです。

通常時に比べ、劇的に変化するわけでは無かったのでもう少し使用時間を長くするなり、もっと必殺技!な感じが欲しかったですね。
守護霊にもレベルがあったのでその辺で変化がある・・・と製品版に期待します。

進みましょう。

 

敵とバトル&レベル上げ

なんだこれ?と思いつつ、とりあえず戦うを選択。
プレイヤーと同じ格好をした敵が召喚されました。

どうやら他のプレイヤーが死んだ痕跡が残り、それと戦う事ができるみたいです。
時間とかも残るのが面白いですよね。

なんとか倒すと「お猪口」をGET!お猪口は「まれびと招喚」の協力プレイする時に使用するアイテムでした。

で、ザコ敵ですぐ死ぬっていう(;´Д`)
防具が全くなかったので、攻撃3、4回ぐらいで死にました。

気を取り直してリスタート。

敵を倒すとアイテムドロップが結構な確率で出ます。
同じ武器、防具でも性能が違うなどハクスラ要素もありました。

レアリティがいくつか有り、レア度が高い程、性能や特殊効果が強い物がありました。
上に書いたように装備耐久度の減りは早いのですがこれだけドロップするのであれば頷ける部分もありますね。

道中には、なんか迷子になってるちっこいやつが登場。
帰り道を教えるとどこかへ消えてしまいます。

消えて行くだけで何もないの・・・?と死んで、リスタート地点へ戻ると

なんか増えてる!Σ(゚Д゚;)
画像は何匹か迷子案内をした時のやつです。

助けていくと、いつの間にか「木霊の加護」が追加されていました。
ドロップ率を上げてくれたり、アムリタの獲得数UPだったり、お金を払う事で加護が付くようです。

わー。結構燃えてますね。
と他人事のような眺め。

この鬼も強かったですねー。
結構タフ。

弓矢でヘッドショットも可能です。

良い感じに装備も整ってきました。初期装備から比べるとだいぶダメージも違います。

武器、防具の効果、スキルも色々発動しております。
あり過ぎな気もしないでもない。

 

ボス戦へ!

レベルも上がり、装備も整ったのでエリアボスへ向かいます。

目標地点に到着!
船に乗り込みます。

ボス登場!

序盤は巨大な鉄球が2つ両手に付いています。鉄球の攻撃範囲が結構広いので距離を取っていると逆に辛いかも知れないですね。
こういう時は基本背後に回って攻撃が妥当だろうと適当にやってたら割とハマってました。
攻撃を当て、回避をし、再度攻撃を当てを繰り返します。
ヒットアンドアウェイ精神でこういった部分はダークソウルに似ていますね。
体力を半分ぐらい削って行くとやっぱり第2段階あるよねー!?な感じに。

両手の鉄球がとれ、少し機敏になり、攻撃パターンも変わります。
個人的に辛かったのが鉄球を投げてくる攻撃ですねー。
ガードも行けるか!と思ったんですが、恐らくガード不能攻撃かと思います。
何回死んだかわかりません。

無事倒すとエリアクリア!

PSストアから「制覇の証」が貰えました。

戻るとエリアマップ的な画面が有り、次のエリアも開放されてました。
協力プレイ(参加する側)も開放されてたので、アムリタを出稼ぎに行く日々!
そして、次のエリアをやる前に体験版の期間が終えるという悲しい展開に。・゚・(ノД`)・゚・。

 

まとめ&感想

やってみた感想は、和風ダークソウル、ではなく和風ダークソウルっぽい。でした。

似たような部分はあります。
ですが、独自の要素もかなりあったので製品版に期待大です。
ポイントの部分をつらつらと。

  • 攻撃の構えに種類があり、攻撃モーションが変わるのは良い。同じ武器でもだいぶ感じが違います。
    気力(スタミナ)管理が厳しい。気力が切れるとぜーはーぜーはーと息切れし、隙だらけです。
    ハクスラ要素。武器、防具ドロップ率もかなり高く、色々な場面で使い分けられそう。
    スキルポイント要素があり、好きなスキルを成長させる事ができる。パッシブスキル、武器、術のアクティブスキルがある。
    敵をロックオンすると敵のスタミナが見れる。スタミナ切れの時を狙って攻撃!
    序盤から敵のダメージが大きい。難易度が高い!とかではなく単純に攻撃力が高すぎるイメージ。序盤であれだと後半がとんでもなさそう。
    エリアクリア型。マップが大きいというより同じ所を回っている印象。

発売日がいつになるのかわかりませんが、楽しみなソフトの1本です(*´∀`)ノ
またβ体験版が配信されたりするんですかねー・・・。その時はまたブログに書いてみようと思います!

そんなこんなでまたお会いしましょう!

   

「討鬼伝2」の体験版をプレイしてみた!

こんにちわ。
桃太郎王国スタッフのたぐーです。

討鬼伝2体験版が配信されてたのでプレイしてみました!
たぐーは討鬼伝1をプレイした事があり、ストーリークリアだけはしております。
討鬼伝極はプレイしておりませんので、追加要素などは触れておらず・・・な感じです。

ナンバリングタイトルなので、前作とはどこかで繋がってそうですよねー。
そして前作とは違い、オープンワールドになってるのでマップもどこまで広いのか気になります。

それではプレイ開始!

 

目次

  • まずはキャラクリ!
  • 新キャラ登場!
  • 序盤のストーリー
  • 戦利品で装備も作れる!
  • まとめ

 

まずはキャラクリ!

まずはなんと言ってもキャラクリですよ!

作成するのは好きなのですが、たぐーはセンスが無いので主に標準タイプに落ち着きます。

体験版と製品版でどこまで違いがあるのかわかりませんが、結構弄れそうな感じですね。
個人的に、髪の分け目の向きを変えられたのが良いですね。

装飾!アクセサリーか!何があるのかな!と思ったらほぼ大半がメガネでした(笑)

眼帯もありましたよ。

 

新キャラ登場!

キャラクリもほどほどにして開始します。

新キャラ登場!
左が「時継」右が「博士」
時継のCVが山寺宏一さんでテンションも上がりました。
ちなみに博士のCVは坂本真綾さんみたいです。
まばたきもしっかりするようで、博士・・・タイミング悪かったですね(笑)

おおー!!
前作のウタカタの里は行ける場所も限られていたので、今作の町並みを見るだけでちょっと感動しました。

マルチプレイもできるので、しぐさやアイコン表記もありました。

アイコンはもうちょっと大きくても良いかなぁ。とか

しぐさを確認してる最中、時継がずっとキャラのお尻を眺めてました。
えろい。

 

序盤ストーリー

ストーリーも進めましょう。
紅月さん!おキレイで!こういった選択肢も後々ルートやエンディングに影響して来るのかなぁ、とか思いつつ適当に選択。
ドンと来い。

肝心のアクション要素は結構サクサクしてました。
移動も早いですし、崖から飛び降りてもダメージをくらいません。
新しい要素の「鬼ノ手」を使用すれば、敵を掴めたり、崖も登る事もできます。
行けそうで行けないところもあり、やきもきもしました。

エフェクトは結構派手です。
そして、武器の太刀ってこんな長かったのか(;´Д`)

オープンワールドならではの感じですよねー。
こういうのがあるから探索は楽しい!

地味にストーリーも進め、出てきた鬼を倒しました!

ミタマで強化しつつ、ザクザク斬ってたら終了してました。
味方キャラも結構攻撃してましたね。時継カッコイイ。

正式なモノノフと認められ、このクエストは終了。
この体験版ではまだ先もあるようです。

 

戦利品で装備も作れる!

戦利品で、装備を作りました。

すごいもふもふのモノノフ

忘れていましたが、

今作のミタマのイラストも良い感じです。
ミタマの組み合わせで発動するスキルもあるので、色々悩みそうですねー。

 

まとめ

ざっくりとプレイしましたが、体験版だけでも結構遊べそうです。

操作性も全体的に軽く、移動も早いのでストレスもなさそうです。拠点にすぐ移動できるファストトラベル的な物もありました。
武器の種類もあり、ミタマの組み合わせもありで、攻撃バリエーションは豊富です。
なんと言ってもオープンワールドでいて、オンラインマルチプレイが可能!なトコがポイントです。
オフラインやソロでも連れて行ける仲間は常時いるっぽいので、安心です。

気になる方はぜひぜひプレイしてみてください!
そんなこんなでまた次回お会いしましょう!