特にオススメ

グレイテスト・ショーマン|DVD担当のオススメ映画シリーズPart.49

皆さんこんにちは。こんばんは。
映像担当のM.Kです。

今回もこの前観てきた映画の紹介をいたしますよ!
『グレイテスト・ショーマン』です。

 

目次

  • 2018年最高のミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』
  • サクセスストーリーでもあり、差別や偏見を描いた作品でもある
  • まとめ

 

2018年最高のミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』

2018年2月16日に公開されたミュージカル映画。

ミュージカルと言えば最近記憶に新しいのが『ラ・ラ・ランド』ですね。
なにを隠そうこのグレイテスト・ショーマン。
ラ・ラ・ランドと製作スタッフが同じとのことなんです。
さらにミュージカル俳優でもあるヒュー・ジャックマンが主演ともなれば、名作を約束されたようなものです。

僕は流行モノを出来るだけ避けたい陰キャなので、ブルーレイが出た後に期待値高めに置きながら観ましたが、非常に感動的で素晴らしい映画でした。
2018年始まって3ケ月しか経っていませんが、まさしく最高の伝記・ミュージカル映画です。

 

サクセスストーリーでもあり、差別や偏見を描いた作品でもある

1986年に一度彼の伝記映画が製作されたとのことらしいですが、今回はこの『グレイテスト・ショーマン』についてのお話をしていきましょう。

最初にざっとあらすじを紹介させていただくと、「P・T・バーナムというの人物の半生を描いたサクセスストーリー」、ていう話です。
そう、実は物語の主人公P・T・バーナムは実在する人物なんです。

舞台は1810年~1870年頃のアメリカ。
夢見がちなバーナムの辛く苦しい少年時代から物語が始まります。
そこから彼は大人になり、結婚して子供を授かり、やがて『地上最大のショウ』と呼ばれるサーカス団を立ち上げ多くのお客さんを呼び集めていくのです。
そんな彼らに待ち受けるのは、階級制度のしがらみ。
身分違いの愛に立ち向かい、身分違いであるが故に思いがすれ違い、そして多くの人を傷つけていく。
この階級制度というのが厄介で、『グレイテスト・ショーマン』はバーナムのサクセスストーリーであると同時に、階級制度・身分制度・人種問題・差別と偏見などを描いた映画でもあるんですね。

ただ、本来ならば画が重たくなりがちのテーマを、ミュージカルと絡めていくことによって明るく希望に満ち溢れたものに変えています。
豪華絢爛で時に明るく、時に強く、怒りを爆発させるように、喜びを讃えるように歌います。

「最も崇高な芸術は人を幸せにすること」

作中で出てくるこの言葉はとても重い響きを持っていて、観客だった僕自身の心に深く刻まれました。
観ているだけでなんだか楽しくなってくる、少し雪が湧いてくる、そんな映画になっていますので、是非ご覧になってみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

ということで今回は、『グレイテスト・ショーマン』を紹介させていただきました。
星の数で言うと4.5くらい。

常に展開が駆け足気味なのと、予想しやすい展開が多かったのは個人的には残念でした。
ですが、ミュージカルそのものは本当に素晴らしかったですよ。
ヒュー・ジャックマンやキアラ・セトル、レベッカ・ファーガソンの歌は最高でした。

それでは!
映像担当のM.Kでした。
バーでザック・エフロンと歌うところが一番面白かった。

   

【正直レビュー】メタルギアサヴァイヴを実際に遊んでみた!→生き残るの必死過ぎだコレ…汗

皆さんこんにちは、スタッフのM.Kです。

今回紹介するのは、巷で噂のゲームソフト『メタルギアサヴァイヴ』です。
小島監督がいない中で作られたスピンオフ作品。
賛否が色々あるようなので逆に気になりますよね・・・。
実際に買って遊んでみた視点から記事にしてみましたので、「メタルギアサヴァイヴどうなんだろう」って方の参考になればうれしいです。

 

目次

  • この先生、生き残ることができるか?「メタルギアサヴァイヴ」序盤のストーリー
  • 水と食料の確保がきつ過ぎ!極限過ぎるサバイバル!
  • 1対1を作り出せ!ワラワラ襲ってくるメタルギアサヴァイヴの敵「ワンダラー」と戦うためには?
  • まとめ

 

この先生、生き残ることができるか?「メタルギアサヴァイヴ」序盤のストーリー

「メタルギアサヴァイヴ」は、日本におけるステルスアクションの代表作と呼ばれるメタルギアシリーズの最新作です。
正直メタルギアシリーズ自体、私はそんなにたくさんプレイしているわけじゃないんですが、トレーラーとか観てると「ストーリーやゲームシステムそのものは評価が分かれるだろうけど、ゲーム自体は普通に面白そう」なんて思ったので、発売した翌々日に買ってみました。

とりあえず前情報を仕入れずプレイ。
キャラを動かせるところまでムービーを見た感じとしては、「メタルギアシリーズに登場する名も無き一人の兵士が、これまた名も無き兵士達を助ける為に異世界という名の地獄へ足を踏み入れる」って感じのストーリーです。

 

まずは謎の施設内をひたすら進む。
先に辿り着いていた兵士の死体から銃をもらって、更に進む。
途中で仲間もできてさらに進んでいく。
そしてムービーで銃を落とす主人公。
彼の手元に残っているのはパイプみたいなやつをカットして作った一本の槍。

槍って・・・。

更に進むとフェンスにガンガンぶつかってくるワンダラーという名のゾンビたち。
フェンス越しに槍でチクチクと刺していきます。
そうやってやり一本でどうにか進んでいくとベースキャンプに到達。

で、ここからサバイバル生活が本格始動します。

 

水と食料の確保がきつ過ぎ!極限過ぎるサバイバル!

このゲーム、なにが難しいって食糧と水の確保!
ステータスの1つに空腹度と渇きがあり、当たり前の事だけどご飯を食べなきゃ死んじゃうし、水を飲まなければ死んでしまいます。

なので食糧と水を確保しなければならないのだけど・・・。
パーセンテージの減り方がえげつない。
80%くらいで「これくらいならまぁ」とか思いながら、探索して物拾って羊の肉を剥ぎ取っているともう51%くらいになってる・・・!
しかもすぐ喉が渇く。
カラッカラになる。
なので水も常に探さなければいけないのですが、取れる水が基本的に汚いです。

汚れた水をビンですくって、それを飲むと、
『感染症のリスクがあります』→「せやかて工藤、もう綺麗な水がないんや」汚い水ゴクー→『感染症になりました』→「うーん、この」
みたいな流れがあるので辛い・・・。

綺麗な水もあるんですが、大体ビンに入ってて恒常的に供給されません。
話が進んでいけば、汚い水を綺麗な水に変えられる施設がキャンプ内に建設できるようになるのですが、それまでは綺麗な水を飲んで、無くなったら汚い水を飲むというムーブがシビアです。
世紀末の時代にモヒカン達が水を見て子供のように喜ぶのも分かる気がします。

 

そして食べ物。
主な食糧源は木の実です。
木の実を拾って食べる、縄文時代の人々の暮らし。

さらに肉。
羊、オオカミ、ネズミなど、正直肉なら殆どのものが喰えます。
「加熱すれば全てのばい菌は死ぬ」と両さんも言ってましたが・・・、それにしたって節操が無さ過ぎます・・・。
しかもネズミは、丸焼きにして喰うか、水があればスープやシチューにして食べます。
ネズミスープ。
ネズミシチュー。
なんだそのそそられない料理は!!!
そんなわけで、木の実食べたりネズミの肉食べたりと、どうにかして飢えをしのぐのですが、殆ど自転車操業みたいになってしまいます。

ですがジャガイモを手に入れれば話は別。
ジャガイモを育てる畑をベースキャンプ内に作れば問題解決です。
調理しても回復量がイマイチだから結局肉を食べるんだけどね

 

1対1を作り出せ!ワラワラ襲ってくるメタルギアサヴァイヴの敵「ワンダラー」と戦うためには?

メタルギアサヴァイヴに出てくる敵、『放浪するもの(ワンダラー)』。
謎の生命体に寄生された元人間で、プレイヤーを見つけると見境無く襲い掛かってきます。

彼らの特徴としては意外と目がいい。
ゾンビだからここで動かなければ見つからないだろ!なんて思っていると、無言でノロノロ近寄ってきて発見されてしまいます。

「ワンダラー」自体は、そっと近づいて背後から攻撃すれば一撃で倒せます。
ですが、『一匹いれば三十匹いると思え』を地でいく敵キャラなので、無闇に後を追って後ろから刺しても、他の固体に見つかる恐れがあります。
そしてワンダラーの恐ろしいところは集団で襲ってきた時です。
序盤のうちは複数の相手を攻撃できる武器というものがないので、囲まれるとあっという間にやられてしまいます。

じゃあ最初のうちはどうやって戦うのか?というと、答えは単純!「一旦逃げる」です。

「数では圧倒的に劣る兵士たちが使った手段でな、まずは走って逃げるでござる」
「逃げる!?」
「そう、正確には逃げたフリをするでござるよ」
「敵は当然追ってくるが、個人差で速さにバラつきが生じるから、自然、早いものから順に追いついてくることになる」
「そして襲い掛かられる寸前で目の前にフェンスを出して、フェンス越しに銃を撃ったり槍で刺したりする」

・・・マジです。
目の前にフェンスを召喚したり有刺鉄線つきのバリケードを召喚したりしてワンダラーを足止めして、一匹ずつ倒します。

たとえ強い武器を開発したとしても慎重にいきましょう。
ワンダラーを倒すための弾薬も、怪我を負ったときに使う包帯も全て有限なので。

ただ、ワンダラーは幸い足が遅いです。
複数の個体に発見されたとしても落ち着いて逃げて、一対一の状況を作り出しましょう。

 

まとめ

ということで今回は、『メタルギアザヴァイヴ』の紹介をさせて頂きました。

ストーリーでワンダラーと戦うよりも、目下の問題はどうやって生きるかです。

このヘナチョコ主人公すぐ腹は減るし、喉も渇くし、打撲や捻挫もあれば裂傷もできます。
どんな怪我をしたかによって医療品を使い分けなければいけません。

いや、そりゃ普通の人間なんだからしょうがないんだけどさ・・・もう少し、こう・・・あるじゃん!
しかも使っている武器やエアタンクは連続の使用に耐えられず、壊れることも少なからずあります。
しょうがないんだけどさ、サバイバルだし。
それにしたってサバイバル要素強すぎる!
常にカツカツの状況で敵と戦い、世界を探索し、人を助け、生き残らなければいけない。

正直な感想としては、「コレ普通に難しいんやが」って感じで、思った以上にサバイバルしていて、逆にスニーキングミッションとかはあんまりないです。
のんびりサバイバルライフなんて言ってられないほど、やることが多くて生きのこるには難しいゲームになっているので、是非、一度遊んでみてはいかがでしょうか?

以上、スタッフのM.Kでした。

   

スタートレックディスカバリー|DVD担当のオススメ映画シリーズPart.48

皆さんこんちは、こんばんは。
映像担当のスタッフM.Kです。
久しぶりに映画というより、新作ドラマの話でも。
今回話すのは『スタートレック・ディスカバリー』です。

今回僕が観た『スタートレック・ディスカバリー』は、1人の女性クルーの成長物語でもあります。
1話48分程度で、全15話構成。
シーズン1も終わり、現在シーズン2が製作中とのことです。
話自体はわりと難しいですが、展開がまぁよく動くので、体感的には結構に短いですよ。
有料動画配信サービス『Netflix (ネットフリックス)』にて配信されているので、是非ご覧になって見てみてください。

 

目次

  • あらすじ
  • みどころ
  • まとめ

 

「」あらすじ

スタートレックを知らない人は殆どピンとこないかもしれないので、まずはシリーズの説明から・・・。

惑星連邦というどえらい組織の一兵士である主人公マイケル・バーナムが船長の命令で謎の物体を調べに行くと、それは長年連邦と対立しているクリンゴンという野蛮な種族の船だった。
しかもその船が仲間にSOSを発信したので、それまでずっと冷戦状態だったのに一気に臨戦態勢へ。
出来るだけ戦いたくないマイケルは昔クリンゴンと戦ってた義理の父親にどうするべきか助けを求める。
そんな父親が出した答えが「クリンゴンは戦闘民族だから強い奴には従う、だから先にぶっぱしてビビらせればいいと思う」なんてチンピラみたい返事だった。
それを船長に進言すると、「そんな野蛮なことできるか」とあっさり跳ね返される。
確かに船長の言うことも分かるけど、とはいえこのまま見てるわけにもいかないので、マイケルは船長を気絶させ、他のクルーには「船長は今休んでる」と伝え、魚雷をぶっぱしようとするが……

1966年に放送が開始されたのが、スタートレックシリーズ。
似たような名前のスターウォーズシリーズと比べると日本ではやや知名度が劣る作品ではありまあすが、長年続く作品なだけあって非常に面白いです。
スターウォーズと違って終始ドンパチしているわけではありません。
宇宙船クルー達の人間ドラマだったり、異種族間での確執だったり、異種族間での戦争を描く物語なんですね。

 

そして、今回の『スタートレック・ディスカバリー』は・・・。

連邦宇宙船シェンジョウは損傷を受けた恒星間リレーを調べるため、惑星連邦領の外れに来ていた。
何者かがリレーを壊したとケルピアン人で科学士官のサルーは進言し、見えない何かが存在すると主張するがデブリのせいで宇宙船は未確認物体に近づくことができなかった。
そこで副長のマイケル・バーナム(ソネクア・マーティン=グリーン)はスラスターパック(宇宙服に推進装置が付いたようなもの)で未確認物体の単身調査に向かう。
謎の物体に着地すると、クリンゴン人の戦士が現れマイケルに襲い掛かる。
マイケルが攻撃を避けようとした拍子にクリンゴン人は自らの武器に刺さり死んでしまう。
その後、弾き飛ばされたマイケルはなんとかシェンジョウによって回収されるが、謎の物体の上にいたのがクリンゴンであると報告すると艦長は”クリンゴンと交戦の恐れあり”と宇宙艦隊司令部へ報告する。
USSヨーロッパの提督は100年間連邦とクリンゴンは100年間冷戦状態で今更戦争にはならない、というがマイケルはクリンゴン艦が応援要請と思われる信号を送ったことから、やはり交戦の恐れがあると判断し、交戦を避けるため師であるバルカン人のサレクの意見を仰ぐ。
そしてその答えはクリンゴン艦への先制攻撃だった。
争いを収めるために攻撃するという一見無茶苦茶な論理だったが、攻撃することで戦闘種族であるクリンゴンの敬意を得ることができ、その結果バルカンとクリンゴンの争いを収めてきた。
サレクから聞かされた話を元にマイケルは艦長に先制攻撃を進言する。
だが、艦長は首を縦には振らなかった。
そしてマイケルは艦長を気絶させ、独断で艦長代行をしようとするが……

という感じで物語が始まります。

この主人公であるマイケル・バーナムというのが、昨今流行の女性主人公で、冷静沈着、理路整然、頑固一徹といった人物なんです。
話が進むにつれ、彼女は様々な人物と出会い、そして別れていくのですが、その度に精神的に成長していきます。
最初にも言いましたが、スタートレックディスカバリーは人類対クリンゴンとの戦争物語であり、1人の女性の成長物語でもあるんです。

 

みどころ

スタートレック・ディスカバリーのみどころは大きくあげて2つです。

1つは連邦宇宙船ディスカバリーの人間模様。
主人公であるマイケルは、ひょんなことから連邦宇宙船シェンジョウから連邦宇宙船ディスカバリーへと異動することに。
ディスカバリーは連邦船の中でも特異な船です。
科学の粋を集めた科学船で、連邦でも最新鋭の設備が整っています。
そんな変わった艦の艦長はガブリエル・ロルカという男性です。
強い光に弱い光過敏症で、連邦の人間にしては珍しく好戦的な戦術家。
科学船であるディスカバリーを戦争に勝つため軍事利用している。
さらにディスカバリーの副長を務めるサルーは宇宙艦隊初のケルピアン人。
要はわりと珍しい宇宙人です。

当初はマイケルと様々な場面で意見の衝突があります。
ケルピアンは被捕食種族(喰われる側)で、そんな性質から発生した強い警戒心と死の危険を察知するリスク神経を備えているとのことです。
マイケルが無茶なことをしようとするたびに「私のリスク神経がビンビンに反応してるから止めた方がいい」っていう係です。

他にも優秀すぎる科学士官のポール・スタメッツ大尉や、マイケルのルームメイトで指揮官志望のシルビア・ティリー、かつてクリンゴンの捕虜だったアッシュ・タイラー大尉などなど、個性的な面々が登場します。
この作品に登場する人物は決して万能ではなく、様々な過ちを犯しながらも前へと進んでいきます。
そんな、有能だけど万能ではない人間らしさがこのドラマの魅力にもなっているのです。

もう1つは『ジャンプ』です。
ディスカバリーのみが保有する特別な技術で、マイセリウム胞子という宇宙きのこの胞子のネットワークを利用した有機体推進システムである活性胞子転移ドライヴでの一種のワープ航法。
理論上そのネットワークを可視化して理解すれば宇宙のどこへでも一瞬でジャンプできるらしい。
簡単に言うと宇宙規模のどこでもドアです。
その胞子ドライヴによるジャンプを巡って様々な物語が展開されていきます。
というか、この技術をどうにかして全部の宇宙船に搭載させればクリンゴンとの戦争に勝てるよって話です。

スタートレックは殆どのシリーズが同じ宇宙の物語です。
このスタートレック・ディスカバリーも、実は他のスタートレックシリーズと同じ宇宙の違う時間軸の話になっているので、この『ジャンプ』という技術がなぜその後のスタートレックの世界で使われていないのか、その謎も気になる所ではありますね。

 

まとめ

ということで今回はスタートレック・ディスカバリーの紹介をさせていただきました。

他のスタートレックを観ていない人でも最初から見れば十分話についていけるので、非常にオススメです。
また映像効果もかなり高品質なもので、映画を観ているようでもあります。
まだワンシーズン分しか放送されていないので、今からでも間に合いますよ。

このスタートレック・ディスカバリーを見て、興味が湧いた人は2009年に公開されたリブート版のスタートレックの方も観てみるといいんじゃないんでしょうか。
リブート版はアクション多めで、よりエンタメ性が強くなっているので、観ていて退屈しない作品ですよ。
『スタートレック・ディスカバリー』は『Netflix (ネットフリックス)』で公開されています。
DVDやブルーレイになるのが待ち遠しいですね。

以上、映像担当のM.Kでした。

   

ファミコンそっくり!レトロゲーム風デザインのおすすめグッズ3選

みなさん、こんにちは!
ゲーム担当2号です。
今日から3連休ですね!
この機会にじっくりゲームを楽しむ方もいらっしゃるかと思いますが、自分は仕事なので毎日ちまちまと遊んでおります・・・。

ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコンなどが流行ったおかげで、レトロゲームのゲーム機自体の色使いやデザインがカッコいい!という方も数多くいらっしゃるかと思います。
そこで今回は、そんなレトロゲーム機本体を模したゲーム周辺機器やグッズを3つご紹介しちゃいます。
すべて揃えて、気分は昭和時代・・・なんてのはいかがですか?

 

目次

  • 子供時代を思い出す!?「レトロ風タオル」
  • 見て楽しい、拭いてピカピカ「レトロ風クリーナークロス」
  • 注目を集める事必至!?「レトロ風イヤホンマイク」
  • まとめ

 

子供時代を思い出す!?「レトロ風タオル」

誰もが毎日頻繁に使うもの・・・タオルですよね?
見れば誰もが分かる懐かしいデザインのバスタオルやフェイスタオルが、「レトロ風」になっています。
しかもナント!
100年以上の歴史を持つ有名な「今治タオル」なので、見た目だけでなく品質や肌触りは文句なし!の一品です。
見た目重視の方も品質重視の方にとっても満足できるひと品ですよ。

 

見て楽しい、拭いてピカピカ「レトロ風クリーナークロス」

携帯ゲーム機やスマホ・タブレットに眼鏡まで、汚れや指紋がついてしまった時に必ずといっても良いほど使うものが「クリーナークロス」。
こちらも「レトロ風」になっています。

特にポイントが高い点としては、クリーナークロスの大きさが各種共に某本体とほぼ同サイズといった点。
つまり、結構な大きさがあるので、携帯ゲーム機はもちろんタブレットなどの大きめのお掃除などにもぴったりです。

もちろん、汚れがしっかり落ちる極細繊維のマイクロファイバー素材ですので、品質もバッチリ!
面倒なお掃除、ちょっとでも楽しくなる事、間違いなしです。

 

注目を集める事必至!?「レトロ風イヤホンマイク」

通勤中や通学中、その他お出かけの際に音楽を聴くときの必需品なのが「イヤホン」ですが、こちらも「レトロ風」にして皆の注目を浴びてみませんか?
見た目もそうですが、こちらの商品は「イヤホンマイク」なので、音声入力が可能。
さらに、面白いのがその「マイク」部分。
某レトロゲーム機の2コンに付いていたマイク部分がそのまま音声入力マイクになっていますので、思わず懐かしさがこみ上げてくると思いますよ!

その他、機能ボタンがそのままABボタンになっていたりと、思わずニヤリとしてしまう事間違いなし!?
あっ、もちろん肝心のイヤホンマイクとしても、各種機能を含めしっかりしていますので、安心です。

 

まとめ

これらはあくまで一部で、他にも「レトロ風」なゲーム機収納ポーチやゲーム機用カバー、USBハブやHDMIセレクターなど、まだまだあります。
レトロゲーム風で検索するといろいろ出てくると思うので、懐かしさの漂う一周回って新しいデザインのグッズを手に取ってみてくださいね♪

ではまた!

   

モンスターハンターワールドを実際に遊んでみた。

皆さんこんにちは、『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』に苦戦中のスタッフのM.Kです。

今回紹介するのは、巷で噂の大人気ゲームソフト『モンスターハンター:ワールド』。
モンハンの全く新しいシリーズで出荷本数が世界で500万本を突破したとのことらしいですよ!
ということで今回は、そんな売り切れ必至の『モンスターハンター:ワールド』の、実際にプレイしてみた感想などをお伝えできればと思います。

 

目次

  • 今までのモンハンと比べると・・・改良されたシステムが地味に遊びやすくなった!
  • 狩りがちょっと楽になる?覚えておくと便利な小ネタまとめ
  • まとめ

 

今までのモンハンと比べると・・・改良されたシステムが地味に遊びやすくなった!

モンハンワールド、ゲーム性自体はそれほど劇的に変化しているわけではありませんが、細かいところでこれまでのモンハンと比べるとかなり遊びやすくなっております。

ひとつは『スリンガー』という装備です。

通常の防具やアイテムとは別に腕につけている小さなボウガンのようなもので、様々な素材を拾って発射できます。
れによって石ころ、閃光玉、投げナイフなどのアイテムが一括化され、いちいち『選んで→投げる』工程が省かれました。
これが思っていたよりもずっと便利で、逃げようとする敵に対して走りながら追い討ちも出来ます。起爆もしてくれます。
また、スリンガーから伸びるワイヤーロープで崖から崖へ移動したり、小さな翼竜に掴まって上昇したりと、用途は色々です。

もう1つの新要素が『導蟲(しるべむし)』です。
これまたスリンガーと同じで防具とは別に標準装備されているもので、フィールドを歩いているだけで採取できるポイントや、モンスターの痕跡を自動で見つけ発光して知らせてくれます。
モンスターの痕跡というのは、足跡や抜け落ちた羽、鱗片、爪跡などで、それらを集めていくことで、導蟲がモンスターの場所へと誘導してくれます。
これによって千里眼や探知スキル、ペイントボールが廃止となりました。

実際に使うと非常に便利です。
一度痕跡を集めて発見すれば、そのクエスト中はどこに何がいて、どこへ移動しようとしているかまでもわかりますので、これまでみたいに、「ペイントが途中で消えちゃったからアイツが行きそうな場所をしらみつぶしに当たっていく」なんてこともしなくていいんです。

 

今紹介したもの以外にも様々な要素が改良されています。

  • 砥石使用制限ナシ
  • 移動しながら回復
  • キャンプで装備を変えられる
  • キャンプで食事もできる
  • キャンプでクエストを受けられる
  • そもそもキャンプ地を複数設定できる
  • 地形のギミックを利用した罠がある

などなど。
ここに書いたもの以外にも新要素が盛りだくさんです。

 

狩りがちょっと楽になる?覚えておくと便利な小ネタまとめ

ここからはモンスターハンターを持っている人にも、まだ持っていない人にも役立つ情報をお伝えしていきます。
小ネタは、この他にもたくさんのネタがあるので、是非遊んでみてください。

 

剥ぎ取り・採掘・採取・報酬受け取りは○ボタン押しっぱなし

モンスターの剥ぎ取りや複数の納品アイテムの採取、炭鉱夫をやりたいときは○ボタンを押しっぱなしにするとサクサク進みます。
また、クエストの報酬受け取り時、○ボタンを押しっぱなしにしていると、連続で素早く取れるので、覚えておくと時短ができますよ。

 

捕獲ネットでランゴスタの素材をゲット

ぶんぶん飛び回るランゴスタですが、普通に倒すとバラバラになって素材が採取できない。
毒でジワジワ殺すのもめんどくさい……
そんなとき、クエストを進めることで手に入る捕獲ネットの出番です。

本来は小型の動物や蟲を捕獲するアイテムですが、ランゴスタに対して捕獲ネットを打ち出すと、バラバラにならず倒せます。
ランゴスタの素材が欲しい人は試してみてください。

 

失敗したらもう1回! 乗り復帰アクション

今回もモンスターに乗ることができます。ですが暴れるモンスターは壁や大木に体を打ちつけてハンターを無理矢理振り落とそうとします。
そうなったら地面に着く前に×ボタンを押してみましょう。
ハンターがスリンガーを打ち出して再び背中に乗ってくれます。

さらに、乗っている状態で×ボタンで移動もできます。
大体のモンスターが尻尾、背中、頭の3箇所に乗れるので、攻撃がくると思ったら移動してみましょう。

 

ソロでも安心、意外と頼りになるテトルーとガジャブー

各フィールドにはテトルーというアイルーに似た種族の小型モンスターがいます。
オトモを介して彼らに協力をすると一時的に仲間になってくれるのですが、これが結構頼りになります。

さらに、特定のフィールドでテトルーが指定した行動をすることで、モンスターを罠にかけたりもしてくれるので、ソロで行っても手数が足りなくなることもありません。
また、『ガジャブー』というハンター敵対関係にある種族もいます。彼らがいるエリアで大型モンスターと戦っていると、ガジャブー達の攻撃は殆どの場合大型モンスターへと向かいます。
彼らの攻撃は状態異常攻撃なので、大型モンスターを麻痺させたり、眠らせたり、毒にかけたりなどもしてくれるんですね。
上手く利用すれば狩りも楽になるかも。

 

まとめ

ということで今回は『モンスターハンター:ワールド』の紹介をさせて頂きました。
新しいモンハンはやることは以前のものと劇的な変化はありませんが、過去のシリーズと比べると、ずっとやりやすく、楽しめる作りになっています。
是非遊んでみてください!

以上、スタッフのM.Kでした。

   

最新作ゲームを買うなら!桃太郎王国でのご予約をオススメする4つの理由

みなさん、こんにちは!
ゲーム担当2号です。

記憶に新しいところですと、PS4「モンスターハンターワールド」は発売当初、人気商品になりすぎて全国的にも品薄状態となったのはご存知のことと思います。
金曜の夜から週末のお休みにじっくり遊びたかったけど買えなかった・・・なんて方も数多くいらっしゃいましたね。

そんな「遊びたいのに買えない」を今後起こさない為には、なにより「予約する」ことが一番です!
じゃあどこでも良いから予約すれば良いのでは・・・?と思われますが、そこは特に、「桃太郎王国でのご予約」をオススメしているのです。

なぜおすすめなのか、その理由をご紹介しちゃいます♪

 

目次

  • 当たり前だけどやっぱり一番大事「確実に購入できる!」
  • 地域一番価格が更に安くなる「予約価格!」
  • 夜23時まで年中無休で営業しているので、仕事帰りや遅い時間でも購入ができる!
  • 前金や予約金は基本一切ナシ。計画的な購入が出来る!
  • まとめ

 

当たり前だけどやっぱり一番大事「確実に購入できる!」

当然と言えば当然であるけれど、やっぱり「確実に購入できる」安心感は一番大事です。

しかも桃太郎王国では、発売日を含めた3日間のお取り置きを行っていますので、「当日中に行かなくちゃ」なんて焦る必要もありません。
なので、ある程度自分のペースで且つ確実に手に入れることが可能です。

 

地域一番価格が更に安くなる「予約価格!」

桃太郎王国では、新作ゲームソフトの価格も地域最安値を目指して、非常にお求め安いお値段でご提供しております。

・・・が!
予約をすると更にお安くなる「予約価格」をご用意!

通常でもお求め安い価格が更に安くなるなんて、予約しない手はないですよね?

 

夜23時まで年中無休で営業しているので、仕事帰りや遅い時間でも購入ができる!

仕事帰りや用事があって少し遅くなった場合、都内などの量販店だと閉店してしまっているケースって良くありますよね?
桃太郎王国は、年中無休で夜23時まで営業していますので、遅くなっても安心して予約引換えが出来ます。
これって意外にポイント高いと思いますよ。
※年末年始など、一部営業時間が変更となる場合がございます。

 

前金や予約金は基本一切ナシ。計画的な購入が出来る!

ゲームソフトの予約をするにあたって、気になる一つとして「前金や予約金ってどうなの?」って事だと思います。

桃太郎王国では前金や予約金は基本一切頂いておりません。
なので、たまたま店舗に来たときに「○○の予約を受けている!予約したいけど、今手持ちが無いし・・・」なんて心配もありません。

まずは予約をしといて、発売日までにお金を用意する・・・といった計画的な購入が出来るのも魅力だと思いますよ♪

 

まとめ

今後発売予定の新作ゲームソフトを購入するなら、「ご予約」をする方がかなりメリットがあることがおわかりいただけましたでしょうか?
店内には、予約コーナーも大きく展開していますので、是非桃太郎王国ご利用くださいね♪
ではまた!

   

キングスマン:ゴールデン・サークル|DVD担当のオススメ映画シリーズPart.47

皆さんこんにちは。こんばんは。
映像担当のM.Kです。

過去に前作も紹介しましたが、なんと続編!ということで『キングスマン:ゴールデン・サークル』が公開されましたね。
見に行ってきましたので、映画の紹介をしてみたいと思います。

 

目次

  • 『キングスマン:ゴールデン・サークル』あらすじ
  • ただのアクション映画じゃない!
  • まとめ

 

『キングスマン:ゴールデン・サークル』あらすじ

2018年1月5日に公開されたハチャメチャスパイ映画で前作の『キングスマン』から続いての2作目です。
最初にざっとあらすじを紹介させていただくと、「殺された仲間の仇をうつため、世界の秩序を維持する為、麻薬組織の女ボスを倒す」、ていう話です。

監督は前作と同じくマシュー・ヴォーン。

 

 ただのアクション映画じゃない!

ここで簡単に主要登場人物を。

  • エグジー・・・一流スパイへ成長した労働者階級出身の青年。麻薬やってない。
  • ハリー・・・前作で頭を撃ち抜かれて死んだと思われてた人。ジェルのおかげて生き延びた。麻薬やってない。
  • マーリン・・・教官兼武器調達係。キングスマンのサポーターで歌が上手くて泣き上戸。麻薬やってない。
  • ジンジャー・・・アメリカのスパイ組織『ステイツマン』のサポート役で普通に優しい女性。麻薬やってない。
  • テキーラ・・・ステイツマンのエージェント。大人なのにビジネスの場所にデニムとシャツで来る。麻薬やってる。
  • ウイスキー・・・ステイツマンのエージェント。ニューヨークにいるのに南部訛りの英語を喋る。麻薬やってない。
  • ティルテ王女・・・前作でエグジーとお尻でヤッて、今作では恋人になっている。麻薬やってる。
  • エルトン・ジョン・・・前作で出演を断ったが、思った以上に面白かったので、今作から出演を決めた。この作品のもう一人の主人公。麻薬やってる。
  • チャーリー・・・キングスマンの落伍者。敵役。鋼の義手を使うが錬金術は使えない。麻薬やってない。
  • ポピー・・・世界の麻薬組織を束ねる女ボス。『まぜもの』の麻薬を流して世界中の麻薬使用者を人質にする。ついでに邪魔だったのでキングスマンを壊滅させた。麻薬やってない。

今作の重要なファクターとして『麻薬』が出てきます。
大ボスであるポピー・アダムスは麻薬市場を牛耳り、そこへ自らが開発した殺人ウイルスを麻薬へと混ぜてしまうのです。
麻薬常習者から、やむを得ず手を出してしまった者、同意無しで投与された者などなど、麻薬に少しでも関わった者は数時間後には死んでしまいます。
死んでしまうのが悪人だろうと善人だろうと、そんな大量虐殺を許すわけにはいかない――こうして、キングスマンとステイツマン、2つのスパイ組織が立ち上がるのです。

悪役ポピーにこんな言葉があります。
「砂糖の依存性はコカインより強いわ。そして酒やタバコはそれ以上なの」
そしてポピーは世界中の麻薬使用者を人質にとってアメリカ大統領へ麻薬の合法化を求めます。
この合法化も、今やアメリカやカナダでは盛んに行われている『大麻合法化運動』の側面でしかないわけです。

酒やタバコは大して規制されていないのに、なぜ麻薬だけ?

データで見ると暴力行為と酒には密接な繋がりがあります。
酒が禁止された時代に密造酒で莫大な資金を得たステイツマン(酒類業界)が麻薬を淘汰することができるのか?
なんて社会風刺も潜んでいるんですね。

さらに作中では、アメリカ大統領が麻薬使用者へ解毒薬を配布するフリをして、世界中の麻薬使用者を一斉に見殺しにするという方策を採ります。
この大統領が見事に現代の某大統領にソックリなので、そこら辺もオマージュにはなっているのでしょうが、とにかく、大統領の対応はまさしく禁酒法のときと同じ過ちを繰り返しているという皮肉になっているのです。
ど派手でグロイアクションと同時に昨今の麻薬事情が描かれているわけですね。
ここら辺の話は、日本人にはあまり馴染みのないものなのかもしれないので、普通に見る分には分かり辛かったかも。

もちろん!
そんな麻薬のお話を知らなかったとしても、このキングスマンは楽しむことが出来ます。
暗闇でどんな風に動いているのかイマイチ分からなくてアクションが凄いのかどうかも分からん!なんてこともありません。
明るい中でコミカルにアクロバティックに画面の中を動き回り、時にスタイリッシュに、時にグロテスクに敵を倒していくアクションシーンは圧巻です。

前作で死んだはずなのに復活したハリーと一人前の紳士に成長したエグジーの二人や、ロープとガンを駆使して戦うカウボーイスタイルのウイスキーのアクションも中々に見応えがありました。
また、往年のスパイ映画に出てくるガジェットの数々も素晴らしかったです。

 

まとめ

ということで今回は、『キングスマン:ゴールデン・サークル』を紹介させていただきました。
星の数で言うと4.5くらい。

前作を見ていることが前提、といった感じの話運びが割とあったので。
話を一新させる為に死んだキャラクターが多かったかなぁという感じです。
とはいえ、キングスマンらしい『ハチャメチャなアクションの中に痛烈なメッセージが隠されている』という作風はそれほど変わっていなかったので、やっぱり面白かったです。

それでは!
映像担当のM.Kでした。
ステイツマンのスピンオフもあるらしい。

   

スター・ウォーズ/最後のジェダイ|DVD担当のオススメ映画シリーズPart46

皆さんこんにちは。こんばんは。
映像担当のM.Kです。

ついに公開された!といそいそと『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を見に行ってまいりました。
早速ですが、どんな映画だったか、ご紹介していきたいと思います。

 

目次

  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』あらすじ
  • 刻一刻と迫り来る脅威
  • まとめ

 

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』あらすじ

2017年12月15日に公開されたスターウォーズシリーズ最新作。
前作『フォースの覚醒』が2015年12月18日だったので、約2年ぶりとなります。

最初にざっとあらすじを紹介させていただくと、「スターキラーの基地を壊してもレジスタンスが劣勢なのは変わらないので、態勢を立て直す為どこかの星へ一旦逃げよう」、ていう話です。

監督・脚本はライアン・ジョンソン。
タイムトラベルで未来の自分を殺すという依頼を受けたSFサスペンス『LOOPER/ルーパー』などでも監督を努めていました。
前作ではJ・J・エイブラムスが監督でしたが、彼との作品の違いが如実に表れていたのは中々好印象でした。

 

刻一刻と迫り来る脅威

ここで簡単に主要登場人物を。

  • レイ・・・頑固で勇敢でフォースで岩を持ち上げるジェダイなりたての主人公。勇ましいけど男の半裸からはちゃんと目をそらす。
  • カイロ・レン・・・ライトセーバー初心者相手に舐めプしてたら普通に負けて師からも見限られる雑魚。今回は良くも悪くも成長してくれる。
  • フィン・・・常になにかしらから逃げてる元トルーパー。今回は若い頃のサモ・ハン・キンポーよりブスの整備士と一緒にドタバタスペースオペラを繰り広げる。
  • レイア・オーガナ・・・レジスタンスの将軍で未亡人。フォースの力で真空状態から生還した。フォースって凄い。
  • ルーク・スカイウォーカー・・・前作で最後に出てきたジェダイ。頑固で偏屈なジジイになりかけてたけど、レイとの交流でどうにか前みたいな感じになる。乳搾りの男。
  • ポー・ダメロン・・・レジスタンスのエースパイロット。一機で戦艦を落とすという快挙を成し遂げたが、同時に命令違反をしたため降格される。

前作でハン・ソロという英雄を失ったレジスタンスは、スターキラーの基地を破壊したものの、劣勢である事は覆せず、さらに基地も突き止められ、総攻撃を受けます。
持ち前の奇策でどうにか窮地を脱出しますが、結局また追いつかれピンチに陥る。
広大な宇宙でファースト・オーダーとレジスタンスとの追いかけっこが始まります。

そんな状況でレジスタンスの総指揮を務めるレイア・オーガナ将軍が下した次のプランは、逃げる。
とにかく逃げる。
とりあえずどこかにあるレジスタンスの基地に行って救難信号を出して、潜伏してるレジスタンスに助けてもらう。

『素晴らしい、すべて間違っている』

状況的に致し方ないのかもしれないですが、それにしたってもう少し違う判断ができなかったのか。
「希望を捨てちゃいけません」とか「最後まで戦いましょう」とかなんかもう精神論がすごい。
行き当たりばったりが強い印象を受けました。

 

まとめ

ということで今回は、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を紹介させていただきました。
星の数で言うと3くらい。

面白いところ、アツくなれるところは充分にあったのですが、無駄なシーンがやっぱり多かったかなぁと。
個人的にはレジスタンスの行動に一貫性を感じられずマイナス評価でした。
あと長い・・・
追うの大変だったよ・・・

次回で完結の予定らしいので、期待です。
それでは!
映像担当のM.Kでした。

   

ジャスティス・リーグ|DVD担当のオススメ映画シリーズPart.45

皆さんこんにちは。こんばんは。
映像担当のM.Kです。

今回もこの前観てきた映画の紹介を!
『ジャスティス・リーグ』です。

 

目次

  • 仲良さそうに見えるけど仲悪くて、でもやっぱり仲が良い人たち『ジャスティス・リーグ』
  • 基本シリアスだけどなんか明るい
  • まとめ

 

仲良さそうに見えるけど仲悪くて、でもやっぱり仲が良い人たち『ジャスティス・リーグ』

11月20日に公開されたアメリカの映画。
アメリカンコミック『DCコミックス』を版権元とするスーパーヒーロー達。
普段は互いに干渉し合わない彼らが一致団結して巨大な敵に立ち向かうアクション超大作です。

前々作の『バットマンVSスーパーマン』で人類を守る為、犠牲になったスーパーマンことクラーク・ケント。
鬼の居ぬ間に洗濯ということで、異星人であるステッペンウルフという化物が地球を征服しにやってきます。
この時点で「こいつ本当はそんなに強くないんじゃ・・・」みたいな印象を持ちました。

そんな角つきの異星人を打倒するため、バットマンことブルース・ウェインが、愉快な仲間たちを集めるところから物語が始まります。

  • バットマン・・・引くほど金を持ってるコウモリのコスプレをしたムキムキのおじさん。今回は敵が硬すぎるので大体武器とか兵器とかで戦う。
  • ワンダーウーマン・・・100年以上の時を生きるアマゾネスの女王。チームの中では2番目に強い女ボス。ガル・ガドットのせいでやたらセクシー
  • アクアマン・・・海底王国アトランティス生まれ、港町育ち、海の生物と大体友達。水陸両用のツンデレお兄さん。女に弱い。
  • フラッシュ・・・スピードフォースという別次元の世界から運動エネルギーを取り出して亜光速で走る若い兄ちゃん。頭がいいし、ユーモアもいける。でも友達がいない。
  • サイボーグ・・・元アメフト選手だったが、事故に巻き込まれたせいで体の大半が機械になった。機械なので衛星ネットワークにもアクセスできるし、手をキャノン砲にすることができる。
  • スーパーマン・・・人間の都合に振り回される悲しい運命を背負ったヒーロー。スヤスヤ眠っていたところを電気ショックで無理矢理起こされめちゃくちゃご機嫌ナナメで復活する。

以上の個性的過ぎる6人で話が進んでいきます。

そうです、スーパーマン復活します。
いずれ復活するんだろうなぁと思ったけど、まさかこんなに早く復活するとは……
バットマンも彼がいないとステッペンウルフに勝てないということをなんとなく分かっていたので、もう復活させるのに必死でした。
でもいざ復活させたら暴走して5人のヒーローをボコボコにし始めるのでもう大変。
正直観ててヒヤヒヤしたのは皆でスーパーマンと戦うあのシーンでしたね。

結局皆歯が立たないのでバッツが恋人を連れてきて心に訴えかける切り札を使います。
これでようやくスーパーマンも正気に戻り、バットマンは赤い血を流して一安心です。
そっからはもう消化試合というか、お決まりの流れというか。

ザックリ言うとマザーボックスという3つの高エネルギー体が連結すると惑星がヤバいので、どうにかして奪われたマザーボックスの連結を解除する。
ということで、スーパーマン不在(恋人と母親との時間が欲しいので)のまま、チームは戦いに赴き、好き放題大暴れ。
パラデーモンとかいう空飛ぶ不細工な雑魚を適当に倒しつつ、親玉のステッペンウルフを倒しに行きます。

メンバーの大半が攻撃に極振りのアベンジャーズと違ってジャスティスリーグのメンバーは役割分担がきっちり行われていました。
ワンダーウーマンとアクアマンでステッペンウルフの相手をして、フラッシュは人助け、サイボーグはマザーボックスの連結解除。バットマンは雑魚を惹きつけつつ、指令を飛ばす。
もちろん、ステッペンウルフもそこそこ強いのでチームは苦戦します。
連結解除しようとしたサイボーグは機械の足をもがれ、絶体絶命の所にスーパーマン登場。
こっからはもう……ステッペンウルフがちょっとかわいそうになるほどスーパーマンにボコボコにされます。
殴る、蹴る、振り回される、マウンティングからの目ビーム。そりゃスーパーマンがいない内に侵略しようとしてたんだから弱いわな。
同情するくらいズタボロにされ、手下だったパラデーモン達に形勢不利とみられて裏切られ、ステッペンウルフは纏わりつかれた状態で撤退していきます。

ほんとに、スーパーマンさえいなければね・・・。
まぁそんな感じでジャスティスリーグ大勝利。
フラッシュはサイボーグと拳を合わせて仲良しになれた上に、スーパーマンという競走相手も得られました。
バットマンも金の力を使って銀行を買い取り、就職も斡旋。アクアマンは海に帰る。
エンドムービー後に新たな脅威も出てきたけど、まぁスーパーマンいるし大丈夫でしょ。

 

基本シリアスだけどなんか明るい

今作は世界観を共有するDCエクステンデッドユニバースの5作目。
DCの映画はわりと暗い画面に重い話が多かったのですが、今回はその暗さや重さをあまり感じませんでした。

世界滅亡の危機が迫っているのに、皆パニックになることなく、一つ一つの問題を冷静に、ユーモアも交えて対処していく。
大人のメンバーが揃う中でまだまだ若いフラッシュのお気楽で明るいノリがいい具合にアクセントとなっていましたね。
アクアマンも仲間になってしまえばなんだかんだでノリがいいお兄さんでしたし。

あとスーパーマンの余裕な態度が観ている上で安心できました。
『アベンジャーズ』や『マイティ・ソー』の監督・脚本をやってたジョス・ウェドンが監督・脚本に加わっていたのが良かったのかも?
ということで今まで『DCの映画は画面が暗いからちょっと……』と敬遠している方でも安心して観れる作りになっています。

まぁ話をちゃんと理解するには凶悪に画が暗い『バットマンVSスーパーマン』を観なければいけないんですが・・・。

 

まとめ

ということで今回は、『ジャスティス・リーグ』を紹介させていただきました。
星の数で言うと4くらい。
面白かったし、映像に迫力もあったのですが、いかんせん話が単調すぎる・・・とはいえ、DC映画の中でもかなり面白い部類に入ると思います。

続編も予定されてるとの事なので、是非ご覧になって観てはいかがでしょうか。

映像担当のM.Kでした。
グリーンランタンもチラッと出てたよ。

   

間違えてダウンロードする人続出!シノビリフレでリフレしてみた!

1

皆さんこんにちは、スタッフのM.Kです。

発売初日のダウンロードランキング2位!
そして翌日のダウンロードランキングがあの『スーパーマリオオデッセイ』を抜いて1位!
今最もアツい!?、閃乱カグラのNintendo Switchの新作『シノビリフレ-SENRAN KAGURA-』についてご紹介します。

『伝わりますか? この胸の鼓動が・・・』

閃乱カグラ、Joy-Conのモーション機能と振動機能を利用したゲームシステム。
そしてこのキャッチコピー!
こいつはすごいことになりそうだ……なんて意気込んだ私は、仕事を終えると5千円分の任天堂のプリペイドカードを購入し、颯爽と家に帰りました。
家に帰って即ダウンロード。
意外と時間がかかる。
噂によると容量は諸々含めて『スーパーマリオオデッセイ』より多いとか。
ようやくダウンロードも終わり、早速プレイ。

なんだこのゲーム!!!

というわけで、激アツい閃乱カグラのダウンロード専売ゲームをご紹介いたします。

 

目次

  • シノビリフレのここがやべぇ①:Joy-Conを使った直感的なプレイがやべぇ!
  • シノビリフレのここがやべぇ②:衣装とかアクセサリとか種類が多くてやべぇ!
  • まとめ

 

シノビリフレのここがやべぇ①:Joy-Conを使った直感的なプレイがやべぇ!

Nintendo Switchには3通りの遊び方があります。

  • Joy-Conをモニターにセットして遊ぶ携帯モード
  • Joy-Conを外して遊ぶテーブルモード
  • モニターをテレビにつないで遊ぶTVモード

オススメはテーブルモードです。

シノビリフレ、タイトルどおりリフレ――つまりリフレクソロジーをするゲームですが、女の子の足を揉んだり、軽く叩いたり、握ったり、さすったりします。
そんなあれやこれやするプレイヤーの手がJoy-Conとなるわけです。

Joy-Conを回すと手のアイコンが置かれている部位を握る。
Joy-Conを振ると手のアイコンが置かれている部位を叩く。

どことは言いませんが、Joy-Conを振るとばるんばるん動きます。
これ楽しい。

さらにJoy-Conそのものに振動機能が搭載されているので、『本当に触ってる感じ』がすごいです。
まさかJoy-Conもこんな使い方されるとは思わなかっただろう……

 

シノビリフレのここがやべぇ②:衣装とかアクセサリとか種類が多くてやべぇ!

シノビリフレ、ある程度ストーリーを進めていくと、好きなシチュエーションでリフレクソロジーが出来る様になったり、好きなポージングでスクリーンショットを撮ることができます。
そんなとき、女の子の髪型や着る服、頭、腕、足につけるアクセサリ、水着、背景、さらに表情までも設定出来る様になっています。
制服だけでもかなりの数のアレンジがあり、アクセサリは膨大な数になります。

放課後の夕陽が射し込む教室で飛鳥ちゃんにスクール水着になってもらって恥じらいの表情を浮かべてもらって……なんてこともできます。あくまで一例です。
衣装を変えたらステータスが変化する!
なんてことはありませんが、自分好みの組み合わせを見つけることで、シノビリフレをもっと楽しめますよ。

さらにゲームモードの1つにミニリフレがあります。
こちらも髪型や衣装などを設定して気軽に触れ合いができるゲームモードです。
揉んだり、タッチしたり、撫でたり、水をかけたり……水をかけたり!
おっきいリボン巻いただけのやつが好き。

 

まとめ

ということで、今回は『シノビリフレ -SENRAN KAGURA-』についてお話させて頂きました。
ダウンロード専売のソフトで価格は1,000円。
このボリュームにしては優しい値段かも。

今のところ登場キャラクターが飛鳥ちゃんだけなのでさみしいのですが、実はもう1,000円課金するとDLCとして雪泉が追加されます!
2,000円で2人の美少女とくんずほぐれつできる……安い!
しかも2人揃うと2人での撮影も捗るとのことなので、非常にオススメです。

個人的にはもっともっとキャラクターが増えてほしいですね。