遊戯王

リンク召喚を堪能できる!「コード・トーカー」軸サイバース族デッキ構築例

ご覧の皆様、こんにちは。
桃太郎王国習志野店のトレカ担当です!

今回は、ストラクチャーデッキ「サイバース・リンク」のカードを中心に使用した、サイバース族デッキをご紹介致します。

アニメ「遊戯王VRAINS」で主人公遊作/Playmakerの使用する、新たな種族、サイバース族。
新要素であるリンク召喚を狙いやすい種族なので、存分にリンク召喚を楽しむ事が可能です。

皆様のデッキ構築のご参考になれば幸いです。

 

目次

  • デッキレシピ
  • 採用カード解説
  • 回し方・プレイング
  • 採用候補カード
  • まとめ

 

デッキレシピ

※画像は「ガチャログ」様を使用させていただきました。

 

メインデッキ

  • 《ビットロン》 ×3
  • 《暗黒竜 コラプサーペント》 ×2
  • 《輝白竜 ワイバースター》 ×2
  • 《サイバース・ガジェット》 ×3
  • 《スタック・リバイバー》
  • 《ドットスケーパー》
  • 《ドラコネット》 ×3
  • 《バックアップ・セクレタリー》 ×2
  • 《バランサーロード》 ×3
  • 《BF-朧影のゴウフウ》
  • 《ROMクラウディア》 ×2
  • 《サイバネット・バックドア》 ×2
  • 《死者蘇生》
  • 《スケープ・ゴート》 ×3
  • 《精神操作》 ×3
  • 《ソウル・チャージ》
  • 《ハーピィの羽根帚》
  • 《封印の黄金櫃》 ×2
  • 《神の通告》 ×2
  • 《リコーデッド・アライブ》 ×2

 

エクストラデッキ

  • 《リンク・スパイダー》 ×2
  • 《リンク・ディサイプル》
  • 《バイナル・ソーサレス》
  • 《ハニー・ボット》
  • 《プロキシー・ドラゴン》 ×2
  • 《エンコード・トーカー》 ×2
  • 《デコード・トーカー》 ×2
  • 《トライゲート・ウィザード》
  • 《ファイアウォール・ドラゴン》 ×2
  • 《ヴァレルロード・ドラゴン》

 

採用カード解説

《エンコード・トーカー》

このデッキのエースその1。
《オネスト》に似た能力を持っています。

あちらと同様に相手モンスターの攻撃力が高いほど威力を増しますが、戦闘を行うモンスター以外の攻撃力を上げられるのが特徴であり利点。

しかしながら、横向きのリンクマーカーを持っていないので、蘇生などで場に戻した際に能力を使い辛いのが難点です。
「コード・トーカー」の名を持つことや、使いやすいリンクマーカーを持っていることもあり、積極的に場に出していきたいモンスターです。

 

《デコード・トーカー》

card100050776_1

このデッキのエースその2。
《エンコード・トーカー》が瞬間的な火力を出せるのに対し、このカードは継続的な火力を出すことが可能です。
また、リンク先のモンスターをコストに自分場のカードを対象にとるカードの発動を無効にできるので、切り込み役として最適です。

しかし、《エンコード・トーカー》同様に、EXモンスターゾーンでは効果を活かしにくいのが難点です。
「コード・トーカー」の名を持ち、展開の起点となるモンスターなので、こちらも優先的に呼び出したいところ。

 

《バイナル・ソーサレス》《トライゲート・ウィザード》

相互リンク(リンクマーカー同士が向き合っている状態)しているモンスターの数によって能力を得られるモンスターたち。
どちらも補助的な能力がメインですが、戦闘を始めとしてゲーム運びを優位にしてくれます。
特に3体と相互リンクした《トライゲート・ウィザード》はノーコストで1ターンに1度、あらゆるカードの発動を無効にでき、強力です。

しかしどちらのリンクマーカーも横向きなので、メインモンスターゾーンに展開する必要があるのが難しいところ。
うまく配置していきましょう。

 

《ファイアウォール・ドラゴン》

遊作/Playmakerのエース。
(執筆時点ではまだアニメに登場してませんが)
相互リンクしているモンスターの数まで自分か相手の場、もしくは墓地のモンスターを手札に戻す能力を持っています。

このデッキは手札を稼ぐことが苦手なので、もっぱら自分墓地の《サイバース・ガジェット》や《バックアップ・セクレタリー》を回収して更なる展開につなげる動きを取ります。
もちろん、相手の厄介なモンスターを除去するのも○。

リンク4なので一見出し辛いようにも思えますが、出すのにトークンが使用できるので《スケープ・ゴート》1枚から出すことが可能です。
狙っていきましょう!

 

《ヴァレルロード・ドラゴン》

こちらはライバルキャラであるリボルバーのエース。
ですが、強力なカードなので使用してしまいましょう。

戦闘するモンスターをこのカードのリンク先へ奪取する能力、チェーン不可の弱体化能力を持ち、さらには対象にとられないと、デュエルを決めるフィニッシャーには申し分ない性能です。
《ファイアウォール・ドラゴン》と異なりトークンが使用できないので出すにはひと手間かかってしまいますが、《リンク・スパイダー》や《プロキシー・ドラゴン》をうまく使って出してあげましょう。

 

《暗黒竜 コラプサーペント》《輝白竜 ワイバースター》

card100020621_1

墓地のモンスターを除外して手札から特殊召喚できるドラゴン。
《暗黒竜 コラプサーペント》は光属性、《輝白竜 ワイバースター》は闇属性のモンスターを必要とします。
さらに墓地に行くと、相方をサーチする事も可能です。

実質手札消費なしでリンク召喚に繋げられるカードで、非常に頼りになります。
それだけでも強力ですが、《バランサーロード》をコストにしてさらに展開できると○。

 

《サイバース・ガジェット》

さまざまな方法でリンク召喚をサポートしてくれる展開の要。
召喚成功時には墓地のレベル3以下のモンスターを蘇生し、自分が場から墓地に行けばトークンを生み出してくれます。

このカード1枚からリンク2のモンスターを経由し、《エンコード・トーカー》を呼び出すのは王道パターンです。

 

《バランサーロード》

サイバース族限定の《二重召喚》を内蔵したようなモンスター。
さらに、このカードが除外された場合、手札からレベル4以下のモンスターを呼び出すことが可能です。

連続リンク召喚を行っていくために重要なカードで、このカードを起点に動いていくことも多いです。
《封印の黄金櫃》や《暗黒竜 コラプサーペント》で除外し、展開していきましょう。

 

《サイバネット・バックドア》

自分場のサイバース族モンスターを除外し、そのモンスターの攻撃力以下のサイバース族モンスターをサーチできるカード。
さらにこのカードで除外したモンスターは次の自分スタンバイフェイズに場に戻り、そのターンだけ直接攻撃が可能になります。
速攻魔法なので除去をかわすためにも使用できるのは非常に便利です。

特に相性がいいのは《バランサーロード》で、《サイバース・ガジェット》をサーチしつつそのまま場に出す事が可能です。

 

《スケープ・ゴート》

自分の場に《羊トークン》4体を呼び出す速攻魔法。
ただし発動ターンはこのカード以外でモンスターを場に出す事が不可能になります。

基本的には相手のエンドフェイズに使用し、自分ターンでリンク召喚に使用していきます。
ですがもちろん、イザという場合には壁として呼び出し、防御に使用するのもOKです。

リンクモンスターにはトークンを使用できないものも多いですが、《リンク・スパイダー》や《プロキシー・ドラゴン》といったリンクモンスターを経由すれば無問題。

 

《リコーデッド・アライブ》

自分場か墓地のサイバース族のリンク3モンスターを除外し、EXデッキの「コード・トーカー」を呼び出す罠。
またEXモンスターゾーンに自分のモンスターがいなければ、このカードを墓地から除外して除外されている「コード・トーカー」を呼び出すことも可能。
墓地効果をうまく使うためにも、1つ目の効果で除外するモンスターは「コード・トーカー」を使用したいところ。

ただし「コード・トーカー」は横向きのリンクマーカーを持たないので、更なる展開につなげるのは難しい、という点は注意が必要。
効果を活かすのも一筋縄ではいかないので、リンク素材に使用したり、割り切って打点要員として使用したり、というのも手。

 

回し方・プレイング

《サイバース・ガジェット》や《バランサーロード》、《暗黒竜 コラプサーペント》等を活用し、フィールドにモンスターを展開、リンク召喚に繋げていきます。
初動として、《ドラコネット》から《ビットロン》を呼び出せていると、《サイバース・ガジェット》の効果が使用しやすくなり、効果的です。

「コード・トーカー」モンスターを中心に、ガシガシリンクモンスターを並べていきましょう。
《スケープ・ゴート》から《ファイアウォール・ドラゴン》に繋げられれば、その後の展開がグッと楽になります。

また《精神操作》で相手モンスターを奪い、リンク召喚に使用するのも○。
強力なモンスターを奪い、除去を行いつつ展開できる理想の動きです。

大量展開を行うデッキなので、《激流葬》や《波紋のバリア-ウェーブ・フォース-》といった全体除去系のカウンターを貰うと非常に厳しくなります。
サイバース族は手札を増強できるカードがないので、建て直しが困難になります。

また、特殊召喚を多用するので《虚無魔人》や《増殖するG》などのカードにも注意が必要です。

そして、リンクマーカーの向きを気にする必要がある場面が多いので、なかなかにプレイの難しいデッキです。
どこにモンスターを配置すべきか、どのモンスターから出すべきか、など、相互リンクを作るために最適なプレイを行うのには今までに無い思考を要求されます。
新マスタールール以前よりのプレイヤーでも、ある程度慣れが必要です。

 

採用候補カード

《ミセス・レディエント》

地属性モンスター2体で呼び出せるリンク2のモンスター。
《スケープ・ゴート》から呼び出すリンクモンスターとして有力です。

右下・左下という展開に便利なマーカーを持っているのが強みで、余った2体のトークンで《プロキシー・ドラゴン》を呼べばリンクモンスターを並べやすくなります。
ランク2のモンスターの入れ替え候補。

 

《創造の代行者 ヴィーナス》

ライフを払うことでデッキから《神聖なる球体》を呼び出すカード。
《スケープ・ゴート》と異なり、トークンでないモンスターを一挙に並べられるのが強みです。
さらに《神聖なる球体》は《ドラコネット》や《サイバース・ガジェット》とのシナジーもあり、ただの通常モンスターでは終わりません。

難点はデッキスロットを圧迫してしまう事。
またデッキからしか呼び出せないので、手札に来てしまった《神聖なる球体》にも悩んでしまうのも難しいところ。

 

《ギャラクシー・サーペント》《ガード・オブ・フレムベル》

通常モンスターのチューナー。
《サイバース・ガジェット》《ドラコネット》に対応しており、シンクロモンスターを使用する事が可能となります。
レベル5や6のモンスターが中心となりますが、《サイバース・ガジェット》との相性がいい《瑚之龍》は特にオススメ。
サイバース族ではないので《エンコード・トーカー》や《ハニー・ボット》などのリンク召喚に使用できない点や、EXデッキの枠を考える必要があるのがマイナスポイント。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

サイバース族デッキは、新マスタールールとともに登場したリンクモンスターを活躍させられます。
いままでのマスタールール3とは異なり、カードの位置や自分モンスターを退かす方法など、新たな思考やプレイを要求され、また違った側面を楽しめます。
ぜひリンク召喚を楽しんでみてください。
それでは!