【正直レビュー】メタルギアサヴァイヴを実際に遊んでみた!→生き残るの必死過ぎだコレ…汗

皆さんこんにちは、スタッフのM.Kです。

今回紹介するのは、巷で噂のゲームソフト『メタルギアサヴァイヴ』です。
小島監督がいない中で作られたスピンオフ作品。
賛否が色々あるようなので逆に気になりますよね・・・。
実際に買って遊んでみた視点から記事にしてみましたので、「メタルギアサヴァイヴどうなんだろう」って方の参考になればうれしいです。

 

目次

  • この先生、生き残ることができるか?「メタルギアサヴァイヴ」序盤のストーリー
  • 水と食料の確保がきつ過ぎ!極限過ぎるサバイバル!
  • 1対1を作り出せ!ワラワラ襲ってくるメタルギアサヴァイヴの敵「ワンダラー」と戦うためには?
  • まとめ

 

この先生、生き残ることができるか?「メタルギアサヴァイヴ」序盤のストーリー

「メタルギアサヴァイヴ」は、日本におけるステルスアクションの代表作と呼ばれるメタルギアシリーズの最新作です。
正直メタルギアシリーズ自体、私はそんなにたくさんプレイしているわけじゃないんですが、トレーラーとか観てると「ストーリーやゲームシステムそのものは評価が分かれるだろうけど、ゲーム自体は普通に面白そう」なんて思ったので、発売した翌々日に買ってみました。

とりあえず前情報を仕入れずプレイ。
キャラを動かせるところまでムービーを見た感じとしては、「メタルギアシリーズに登場する名も無き一人の兵士が、これまた名も無き兵士達を助ける為に異世界という名の地獄へ足を踏み入れる」って感じのストーリーです。

 

まずは謎の施設内をひたすら進む。
先に辿り着いていた兵士の死体から銃をもらって、更に進む。
途中で仲間もできてさらに進んでいく。
そしてムービーで銃を落とす主人公。
彼の手元に残っているのはパイプみたいなやつをカットして作った一本の槍。

槍って・・・。

更に進むとフェンスにガンガンぶつかってくるワンダラーという名のゾンビたち。
フェンス越しに槍でチクチクと刺していきます。
そうやってやり一本でどうにか進んでいくとベースキャンプに到達。

で、ここからサバイバル生活が本格始動します。

 

水と食料の確保がきつ過ぎ!極限過ぎるサバイバル!

このゲーム、なにが難しいって食糧と水の確保!
ステータスの1つに空腹度と渇きがあり、当たり前の事だけどご飯を食べなきゃ死んじゃうし、水を飲まなければ死んでしまいます。

なので食糧と水を確保しなければならないのだけど・・・。
パーセンテージの減り方がえげつない。
80%くらいで「これくらいならまぁ」とか思いながら、探索して物拾って羊の肉を剥ぎ取っているともう51%くらいになってる・・・!
しかもすぐ喉が渇く。
カラッカラになる。
なので水も常に探さなければいけないのですが、取れる水が基本的に汚いです。

汚れた水をビンですくって、それを飲むと、
『感染症のリスクがあります』→「せやかて工藤、もう綺麗な水がないんや」汚い水ゴクー→『感染症になりました』→「うーん、この」
みたいな流れがあるので辛い・・・。

綺麗な水もあるんですが、大体ビンに入ってて恒常的に供給されません。
話が進んでいけば、汚い水を綺麗な水に変えられる施設がキャンプ内に建設できるようになるのですが、それまでは綺麗な水を飲んで、無くなったら汚い水を飲むというムーブがシビアです。
世紀末の時代にモヒカン達が水を見て子供のように喜ぶのも分かる気がします。

 

そして食べ物。
主な食糧源は木の実です。
木の実を拾って食べる、縄文時代の人々の暮らし。

さらに肉。
羊、オオカミ、ネズミなど、正直肉なら殆どのものが喰えます。
「加熱すれば全てのばい菌は死ぬ」と両さんも言ってましたが・・・、それにしたって節操が無さ過ぎます・・・。
しかもネズミは、丸焼きにして喰うか、水があればスープやシチューにして食べます。
ネズミスープ。
ネズミシチュー。
なんだそのそそられない料理は!!!
そんなわけで、木の実食べたりネズミの肉食べたりと、どうにかして飢えをしのぐのですが、殆ど自転車操業みたいになってしまいます。

ですがジャガイモを手に入れれば話は別。
ジャガイモを育てる畑をベースキャンプ内に作れば問題解決です。
調理しても回復量がイマイチだから結局肉を食べるんだけどね

 

1対1を作り出せ!ワラワラ襲ってくるメタルギアサヴァイヴの敵「ワンダラー」と戦うためには?

メタルギアサヴァイヴに出てくる敵、『放浪するもの(ワンダラー)』。
謎の生命体に寄生された元人間で、プレイヤーを見つけると見境無く襲い掛かってきます。

彼らの特徴としては意外と目がいい。
ゾンビだからここで動かなければ見つからないだろ!なんて思っていると、無言でノロノロ近寄ってきて発見されてしまいます。

「ワンダラー」自体は、そっと近づいて背後から攻撃すれば一撃で倒せます。
ですが、『一匹いれば三十匹いると思え』を地でいく敵キャラなので、無闇に後を追って後ろから刺しても、他の固体に見つかる恐れがあります。
そしてワンダラーの恐ろしいところは集団で襲ってきた時です。
序盤のうちは複数の相手を攻撃できる武器というものがないので、囲まれるとあっという間にやられてしまいます。

じゃあ最初のうちはどうやって戦うのか?というと、答えは単純!「一旦逃げる」です。

「数では圧倒的に劣る兵士たちが使った手段でな、まずは走って逃げるでござる」
「逃げる!?」
「そう、正確には逃げたフリをするでござるよ」
「敵は当然追ってくるが、個人差で速さにバラつきが生じるから、自然、早いものから順に追いついてくることになる」
「そして襲い掛かられる寸前で目の前にフェンスを出して、フェンス越しに銃を撃ったり槍で刺したりする」

・・・マジです。
目の前にフェンスを召喚したり有刺鉄線つきのバリケードを召喚したりしてワンダラーを足止めして、一匹ずつ倒します。

たとえ強い武器を開発したとしても慎重にいきましょう。
ワンダラーを倒すための弾薬も、怪我を負ったときに使う包帯も全て有限なので。

ただ、ワンダラーは幸い足が遅いです。
複数の個体に発見されたとしても落ち着いて逃げて、一対一の状況を作り出しましょう。

 

まとめ

ということで今回は、『メタルギアザヴァイヴ』の紹介をさせて頂きました。

ストーリーでワンダラーと戦うよりも、目下の問題はどうやって生きるかです。

このヘナチョコ主人公すぐ腹は減るし、喉も渇くし、打撲や捻挫もあれば裂傷もできます。
どんな怪我をしたかによって医療品を使い分けなければいけません。

いや、そりゃ普通の人間なんだからしょうがないんだけどさ・・・もう少し、こう・・・あるじゃん!
しかも使っている武器やエアタンクは連続の使用に耐えられず、壊れることも少なからずあります。
しょうがないんだけどさ、サバイバルだし。
それにしたってサバイバル要素強すぎる!
常にカツカツの状況で敵と戦い、世界を探索し、人を助け、生き残らなければいけない。

正直な感想としては、「コレ普通に難しいんやが」って感じで、思った以上にサバイバルしていて、逆にスニーキングミッションとかはあんまりないです。
のんびりサバイバルライフなんて言ってられないほど、やることが多くて生きのこるには難しいゲームになっているので、是非、一度遊んでみてはいかがでしょうか?

以上、スタッフのM.Kでした。

The following two tabs change content below.
桃太郎王国

桃太郎王国

桃太郎王国は、キャラクターグッズからゲーム・DVD等のメディア、トレカまで、幅広く遊べるものを扱ったおもしろリサイクルショップです。 アニメのキャラクターグッズ・アイドル雑貨やTVゲーム・DVD・コミック・トレカ・ボードゲームなど、お客様のニーズに合った商品を提供させていただくと共に、通販サイト「駿河屋」の買取価格を導入することで、買取価格面でもお客様の満足を得られるよう、まい進中です。 お客様のニーズに応えしながら、お越しいただいたお客様に楽しい時間を過ごしていただける空間を提供いたします。