モンスターハンターワールドを実際に遊んでみた。

皆さんこんにちは、『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』に苦戦中のスタッフのM.Kです。

今回紹介するのは、巷で噂の大人気ゲームソフト『モンスターハンター:ワールド』。
モンハンの全く新しいシリーズで出荷本数が世界で500万本を突破したとのことらしいですよ!
ということで今回は、そんな売り切れ必至の『モンスターハンター:ワールド』の、実際にプレイしてみた感想などをお伝えできればと思います。

 

目次

  • 今までのモンハンと比べると・・・改良されたシステムが地味に遊びやすくなった!
  • 狩りがちょっと楽になる?覚えておくと便利な小ネタまとめ
  • まとめ

 

今までのモンハンと比べると・・・改良されたシステムが地味に遊びやすくなった!

モンハンワールド、ゲーム性自体はそれほど劇的に変化しているわけではありませんが、細かいところでこれまでのモンハンと比べるとかなり遊びやすくなっております。

ひとつは『スリンガー』という装備です。

通常の防具やアイテムとは別に腕につけている小さなボウガンのようなもので、様々な素材を拾って発射できます。
れによって石ころ、閃光玉、投げナイフなどのアイテムが一括化され、いちいち『選んで→投げる』工程が省かれました。
これが思っていたよりもずっと便利で、逃げようとする敵に対して走りながら追い討ちも出来ます。起爆もしてくれます。
また、スリンガーから伸びるワイヤーロープで崖から崖へ移動したり、小さな翼竜に掴まって上昇したりと、用途は色々です。

もう1つの新要素が『導蟲(しるべむし)』です。
これまたスリンガーと同じで防具とは別に標準装備されているもので、フィールドを歩いているだけで採取できるポイントや、モンスターの痕跡を自動で見つけ発光して知らせてくれます。
モンスターの痕跡というのは、足跡や抜け落ちた羽、鱗片、爪跡などで、それらを集めていくことで、導蟲がモンスターの場所へと誘導してくれます。
これによって千里眼や探知スキル、ペイントボールが廃止となりました。

実際に使うと非常に便利です。
一度痕跡を集めて発見すれば、そのクエスト中はどこに何がいて、どこへ移動しようとしているかまでもわかりますので、これまでみたいに、「ペイントが途中で消えちゃったからアイツが行きそうな場所をしらみつぶしに当たっていく」なんてこともしなくていいんです。

 

今紹介したもの以外にも様々な要素が改良されています。

  • 砥石使用制限ナシ
  • 移動しながら回復
  • キャンプで装備を変えられる
  • キャンプで食事もできる
  • キャンプでクエストを受けられる
  • そもそもキャンプ地を複数設定できる
  • 地形のギミックを利用した罠がある

などなど。
ここに書いたもの以外にも新要素が盛りだくさんです。

 

狩りがちょっと楽になる?覚えておくと便利な小ネタまとめ

ここからはモンスターハンターを持っている人にも、まだ持っていない人にも役立つ情報をお伝えしていきます。
小ネタは、この他にもたくさんのネタがあるので、是非遊んでみてください。

 

剥ぎ取り・採掘・採取・報酬受け取りは○ボタン押しっぱなし

モンスターの剥ぎ取りや複数の納品アイテムの採取、炭鉱夫をやりたいときは○ボタンを押しっぱなしにするとサクサク進みます。
また、クエストの報酬受け取り時、○ボタンを押しっぱなしにしていると、連続で素早く取れるので、覚えておくと時短ができますよ。

 

捕獲ネットでランゴスタの素材をゲット

ぶんぶん飛び回るランゴスタですが、普通に倒すとバラバラになって素材が採取できない。
毒でジワジワ殺すのもめんどくさい……
そんなとき、クエストを進めることで手に入る捕獲ネットの出番です。

本来は小型の動物や蟲を捕獲するアイテムですが、ランゴスタに対して捕獲ネットを打ち出すと、バラバラにならず倒せます。
ランゴスタの素材が欲しい人は試してみてください。

 

失敗したらもう1回! 乗り復帰アクション

今回もモンスターに乗ることができます。ですが暴れるモンスターは壁や大木に体を打ちつけてハンターを無理矢理振り落とそうとします。
そうなったら地面に着く前に×ボタンを押してみましょう。
ハンターがスリンガーを打ち出して再び背中に乗ってくれます。

さらに、乗っている状態で×ボタンで移動もできます。
大体のモンスターが尻尾、背中、頭の3箇所に乗れるので、攻撃がくると思ったら移動してみましょう。

 

ソロでも安心、意外と頼りになるテトルーとガジャブー

各フィールドにはテトルーというアイルーに似た種族の小型モンスターがいます。
オトモを介して彼らに協力をすると一時的に仲間になってくれるのですが、これが結構頼りになります。

さらに、特定のフィールドでテトルーが指定した行動をすることで、モンスターを罠にかけたりもしてくれるので、ソロで行っても手数が足りなくなることもありません。
また、『ガジャブー』というハンター敵対関係にある種族もいます。彼らがいるエリアで大型モンスターと戦っていると、ガジャブー達の攻撃は殆どの場合大型モンスターへと向かいます。
彼らの攻撃は状態異常攻撃なので、大型モンスターを麻痺させたり、眠らせたり、毒にかけたりなどもしてくれるんですね。
上手く利用すれば狩りも楽になるかも。

 

まとめ

ということで今回は『モンスターハンター:ワールド』の紹介をさせて頂きました。
新しいモンハンはやることは以前のものと劇的な変化はありませんが、過去のシリーズと比べると、ずっとやりやすく、楽しめる作りになっています。
是非遊んでみてください!

以上、スタッフのM.Kでした。

The following two tabs change content below.
桃太郎王国

桃太郎王国

桃太郎王国は、キャラクターグッズからゲーム・DVD等のメディア、トレカまで、幅広く遊べるものを扱ったおもしろリサイクルショップです。 アニメのキャラクターグッズ・アイドル雑貨やTVゲーム・DVD・コミック・トレカ・ボードゲームなど、お客様のニーズに合った商品を提供させていただくと共に、通販サイト「駿河屋」の買取価格を導入することで、買取価格面でもお客様の満足を得られるよう、まい進中です。 お客様のニーズに応えしながら、お越しいただいたお客様に楽しい時間を過ごしていただける空間を提供いたします。