スター・ウォーズ/最後のジェダイ|DVD担当のオススメ映画シリーズPart46

皆さんこんにちは。こんばんは。
映像担当のM.Kです。

ついに公開された!といそいそと『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を見に行ってまいりました。
早速ですが、どんな映画だったか、ご紹介していきたいと思います。

 

目次

  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』あらすじ
  • 刻一刻と迫り来る脅威
  • まとめ

 

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』あらすじ

2017年12月15日に公開されたスターウォーズシリーズ最新作。
前作『フォースの覚醒』が2015年12月18日だったので、約2年ぶりとなります。

最初にざっとあらすじを紹介させていただくと、「スターキラーの基地を壊してもレジスタンスが劣勢なのは変わらないので、態勢を立て直す為どこかの星へ一旦逃げよう」、ていう話です。

監督・脚本はライアン・ジョンソン。
タイムトラベルで未来の自分を殺すという依頼を受けたSFサスペンス『LOOPER/ルーパー』などでも監督を努めていました。
前作ではJ・J・エイブラムスが監督でしたが、彼との作品の違いが如実に表れていたのは中々好印象でした。

 

刻一刻と迫り来る脅威

ここで簡単に主要登場人物を。

  • レイ・・・頑固で勇敢でフォースで岩を持ち上げるジェダイなりたての主人公。勇ましいけど男の半裸からはちゃんと目をそらす。
  • カイロ・レン・・・ライトセーバー初心者相手に舐めプしてたら普通に負けて師からも見限られる雑魚。今回は良くも悪くも成長してくれる。
  • フィン・・・常になにかしらから逃げてる元トルーパー。今回は若い頃のサモ・ハン・キンポーよりブスの整備士と一緒にドタバタスペースオペラを繰り広げる。
  • レイア・オーガナ・・・レジスタンスの将軍で未亡人。フォースの力で真空状態から生還した。フォースって凄い。
  • ルーク・スカイウォーカー・・・前作で最後に出てきたジェダイ。頑固で偏屈なジジイになりかけてたけど、レイとの交流でどうにか前みたいな感じになる。乳搾りの男。
  • ポー・ダメロン・・・レジスタンスのエースパイロット。一機で戦艦を落とすという快挙を成し遂げたが、同時に命令違反をしたため降格される。

前作でハン・ソロという英雄を失ったレジスタンスは、スターキラーの基地を破壊したものの、劣勢である事は覆せず、さらに基地も突き止められ、総攻撃を受けます。
持ち前の奇策でどうにか窮地を脱出しますが、結局また追いつかれピンチに陥る。
広大な宇宙でファースト・オーダーとレジスタンスとの追いかけっこが始まります。

そんな状況でレジスタンスの総指揮を務めるレイア・オーガナ将軍が下した次のプランは、逃げる。
とにかく逃げる。
とりあえずどこかにあるレジスタンスの基地に行って救難信号を出して、潜伏してるレジスタンスに助けてもらう。

『素晴らしい、すべて間違っている』

状況的に致し方ないのかもしれないですが、それにしたってもう少し違う判断ができなかったのか。
「希望を捨てちゃいけません」とか「最後まで戦いましょう」とかなんかもう精神論がすごい。
行き当たりばったりが強い印象を受けました。

 

まとめ

ということで今回は、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を紹介させていただきました。
星の数で言うと3くらい。

面白いところ、アツくなれるところは充分にあったのですが、無駄なシーンがやっぱり多かったかなぁと。
個人的にはレジスタンスの行動に一貫性を感じられずマイナス評価でした。
あと長い・・・
追うの大変だったよ・・・

次回で完結の予定らしいので、期待です。
それでは!
映像担当のM.Kでした。

The following two tabs change content below.
桃太郎王国

桃太郎王国

桃太郎王国は、キャラクターグッズからゲーム・DVD等のメディア、トレカまで、幅広く遊べるものを扱ったおもしろリサイクルショップです。 アニメのキャラクターグッズ・アイドル雑貨やTVゲーム・DVD・コミック・トレカ・ボードゲームなど、お客様のニーズに合った商品を提供させていただくと共に、通販サイト「駿河屋」の買取価格を導入することで、買取価格面でもお客様の満足を得られるよう、まい進中です。 お客様のニーズに応えしながら、お越しいただいたお客様に楽しい時間を過ごしていただける空間を提供いたします。