大会予選other枠にも使える!「ハナレpart2」構築例|WIXOSSプレイガイドVol.41

hanare

ご覧の皆様、こんにちは。
桃太郎王国習志野店のトレカ担当です!

今回は、世界大会予選other枠にもオススメな、ハナレのデッキをご紹介致します。

ハナレのデッキは以前もご紹介いたしましたが、色々と追加されたカードでよりテクニカルかつプロアクティブに動けるようになっています。
(といっても、ハナレ自身の強化は来ていないのですが……)
環境デッキのいくつかにも優位に立ち回る事が可能なので、other枠に悩んでいましたら是非。

 

目次

  • デッキレシピ
  • 各カード解説
  • 回し方・プレイング
  • 採用候補カード
  • まとめ

 

デッキレシピ

76700177

※画像は「ガチャログ」様を使用させていただきました。

 

ルリグデッキ

  • 《ハナレ》
  • 《残悔の冥者 ハナレ》
  • 《来夢の冥者 ハナレ》
  • 《金械の冥者 ハナレ》 (+3)
  • 《救済の冥者 ハナレ》
  • 《アイドル・ディフェンス》
  • 《ブルー・サジェスト》
  • 《水天一碧》(イージートゥダンス)
  • 《インサイダー・サルベージ》
  • 《ダウト・クリューソス》 (-2)

※カード名横のカッコ内の数字はコインの増減数です

 

メインデッキ

  • ★《幻水姫 ダイホウイカ》 ×4
  • ★《フィア=ヴィックス》
  • ★《フィア=ネロザラン》
  • ★《フィア=パトラ》 ×4
  • 《羅植 スズビラ》 ×3
  • ★《ドライ=アグリピナ》 ×4
  • 《ドライ=ロドボル》 ×2
  • 《幻水 スズメダ》 ×2
  • 《ツヴァイ=チェボル》 ×2
  • ★《アイン=ダガ》 ×3
  • 《アイン=ルクボル》 ×4
  • 《サーバント O2》 ×4
  • ★《サーバント O》 ×3
  • 《TRICK OR TREAT》
  • 《トキシック・スパイクス》 ×2

※ライフバースト持ちのカードは★マークをつけています

 

各カード解説

よろしければ前回の記事も併せてご覧くださいね!

 

《救済の冥者 ハナレ》

ハナレ唯一のレベル4。
(新規かレベル5追加ま~だ時間かかりそうですかね~?)
自分メイン開始時にトラッシュのレベル3以下の毒牙を蘇生する能力をメインに運用していきます。
《フィア=パトラ》の用意が出来ているなら《ドライ=アグリピナ》、用意出来ていなければ《ドライ=ロドボル》を呼び出します。

エクシード3能力はエナを使用せずに面埋めが行える防御手段として使用できますが、デッキの約半数は毒牙シグニ以外のカードなので、しっかりデッキに何枚残っているかを意識して使用しましょう。

恒常的なデッキエンジンとしては優秀ですが、やはり黒×4というグロウコストの重さはネック。
しっかり《羅植 スズビラ》や《トキシック・スパイクス》で確保を。

 

《アイドル・ディフェンス》

idol

シグニかルリグのアタックフェイズをスキップできるアーツ。
アーツかスペルを撃たれたターンであれば、コストが軽減されます。
スペルとアーツで速攻を仕掛けてくる相手は苦手な為、その対策として投入しています。

どちらか片方だけ、という場合でも、ワンチャンですが構えることは可能。
素撃ちはこのデッキでは不可能と言って差し支えないので、スペルが入っていないようなデッキ相手には諦めましょう。

 

《ブルー・サジェスト》

sajesuto

シグニ1体のダウンか、スペル打消しか、相手ルリグ下2枚の除去が行えるアーツ。
ほとんど、撃たれるとキツい《烈情の割裂》への回答として用意しています。
《ブルー・パニッシュ》や《アンダー・ワン》という手もあるのですが、色拘束の薄さや、エナ稼ぎが得意ではない点、エクシード能力へのメタとなれる点からコレを選択しています。

非常時には1体のダウンとはいえ防御手段にもなるので、相手を選ばず使用していけるカードです。

 

《水天一碧》(イージートゥダンス)

汎用性の塊な超強力アーツ。
防御とリソース稼ぎを同時に行える凄いヤツです。
《羅星 ≡エラキス≡》が登場し、ダウンという防御手段への信頼度は落ちてしまいましたが、それでもこのカードはやはり強力です。

ハナレは黒ルリグですが、《幻水姫 ダイホウイカ》《幻水 スズメダ》《羅植 スズビラ》と、青と緑のシグニを搭載しているので構えることは容易。
《カーニバル-MAIS-》対策もバッチリ。

 

《インサイダー・サルベージ》

insider

トラッシュからシグニ1枚を回収できるアーツ。
1ターンに1度しか使用できませんが、回収したシグニが黒ならばこのカードをルリグデッキに戻すことが可能です。

ハナレを一線級のデッキへと押し上げた立役者。
このカードで《フィア=パトラ》を回収し、投げ続ける事でリソース差を広げていくのが主な動きとなります。
その他、状況に応じて《フィア=ヴィックス》や《フィア=ネロザラン》を回収しても良いでしょう。

また、アタックフェイズにも発動が可能なので、相手アタックフェイズ、自分メインフェイズで発動して2枚の回収を行えるのは忘れずに。
《幻水姫 ダイホウイカ》やサーバントの回収も行えるには行えますが、このカードの回収が不可になるのでよっぽどの場合以外はやめましょう。
最悪デッキサイクルそのものが崩壊します。

DVD/Blu-ray付属カードなので、非常に高価なのが唯一の弱点。
代用できるカードも今現在ないので、頑張って入手して下さい……

 

《ダウト・クリューソス》

レベル4以上のシグニ1体をトラッシュ送り/ライフ回復/スペル除外の中から1つを、ベットしていれば2つを選べるアーツ。
能力全てが強力で、非常に高い防御性能を持っています。
特に有用なのが①のトラッシュ送り効果で、このデッキでは厄介なバニッシュ耐性持ち、パワーマイナス耐性持ちを易々と退かす事が可能。
また、②の効果でライフ回復も併せて行えば、2点分のダメージを抑えることに繋がります。

 

《幻水姫 ダイホウイカ》

最高の汎用性を持つ万能アタッカー。
このデッキでも、アタック時除去・ハンド稼ぎ・《ブルー・サジェスト》、《水天一碧》のエナと八面六臂の大活躍です。
やはりイカは神。

 

《フィア=ヴィックス》

パワーゲインをマイナスに書き換えるシグニ。
主な役割はパワーマイナスの行えない《羅植姫 スノロップ》への対策です。
このカードの能力はシグニに効果を及ぼすモノではないので、シグニ耐性を得ている《羅植姫 スノロップ》を葬る事が可能です。

能力が役立たない対面でも、デカい《アイン=ダガ》としても使用できるので、必要に応じて《インサイダー・サルベージ》で回収しましょう。

 

《フィア=ネロザラン》

nero

相手アタック時に自身をトラッシュに送ると-10000を2ヶ所に飛ばせるシグニ。
このデッキのお洒落ポイントリソースを奪い終わった後に蓋をする要員です。
《フィア=パトラ》で相手の手札を奪った後に並べられた弱小シグニはこのカードでまとめて否定してやりましょう。

こちらも《フィア=ヴィックス》と同じく、必要な時に《インサイダー・サルベージ》で。

 

《フィア=パトラ》

patra

このデッキの主役であり、核。

出現時にトラッシュのレベル1毒牙シグニを回収する能力と、相手シグニのパワーをマイナスした分自身のパワーを上げる能力。
そして、このシグニのパワーを20000下げ、相手の手札を1枚捨てさせつつ、シグニ1体をトラッシュ送りにできる能力を持っています。
このカードを《インサイダー・サルベージ》で何度も何度もしつこく出し続け、リソース差をガンガン広げていきましょう。

《ドライ=アグリピナ》で-8000し、このカードのパワーを丁度20000にして能力を起動、パワーが0になったのでバニッシュ。
……という動きをすれば、《インサイダー・サルベージ》のコストを用意しつつ場を離れられるので、同じ動きを次ターン以降も狙っていく事が可能です。

空いた盤面の点取り要員はこのカードの出現時で回収したレベル1毒牙で十分です。
そこにアーツでも撃ってくれようモンなら儲けモノです。

 

《羅植 スズビラ》

suzubira

出現時に緑以外の色2つを宣言し、デッキトップ2枚から選んだ色のカードをエナか手札に加えられるシグニ。
青と黒を宣言して使用します。
基本的に《フィア=パトラ》と《幻水姫 ダイホウイカ》は手札に、それ以外はエナに、といった使い方です。
グロウコストやアーツ使用の為のコストが確保出来ていない場合は其の2枚もエナにしてしまってもよいでしょう。

スペルをめくった場合は何も出来ないのは忘れずに。

 

《ドライ=アグリピナ》

Agrippina

自身を場からトラッシュに送る事で、自ルリグのレベル×2000をパワーマイナス出来るシグニ。
簡単に言えば《アイン=ダガ》デかい版。

《救済の冥者 ハナレ》で毎ターン蘇生し、《フィア=パトラ》のお膳立てをする役割です。
パワー8000のシグニが相手場にいれば、それを退かしつつ《フィア=パトラ》のパワーをピッタリ20000に調整してくれます。
パワー7000のシグニを対象にしても、《フィア=パトラ》のパワーは19000にしかならないのでご注意を。

 

《ドライ=ロドボル》

rodbor

自身をダウンする事で、デッキトップ3枚から毒牙シグニ1体を呼び出せるシグニ。
「手札に加える」ではないので若干使い辛いのですが、このデッキの貴重な潤滑剤です。
《救済の冥者 ハナレ》グロウ後は毎ターン呼び戻せるので、《フィア=パトラ》2枚と《ドライ=アグリピナ》を全力で探しに行きましょう。

効果使用後のこのカードはリムーブしてしまっても損失はありませんが、《トキシック・スパイクス》を当てられるとベネ。

 

《幻水 スズメダ》

suzumeda

相手より手札が多ければパワー8000になれるシグニ。
さらに出現時に自分の手札が3枚以下なら1枚ドローする事が出来ます。

条件付とはいえ手札損失無しに呼び出せるので、便利な娘です。
また、相手の手札を削っていくこのデッキではパワー上昇の条件を満たす事も容易なので、《フィア=パトラ》が退いた後のアタッカーとして役立ちます。
エナに行った後は各種コストで二度おいしい。

 

《ツヴァイ=チェボル》

cebor

登場時に黒エナを支払えばレベル1毒牙シグニを蘇生できるシグニ。
序盤の頭数増やしや終盤の点取り屋として使用します。
《アイン=ダガ》《アイン=ルクボル》共にその能力からトラッシュに控えている事が殆どなので、対象に困ることはまずないでしょう。

また、《救済の冥者 ハナレ》のエクシード3能力で出てくるとかなりありがたいカードなので、使用時は気にしていると吉。

 

《アイン=ダガ》《アイン=ルクボル》

daggerlucbor

自身を場からトラッシュに送る事で、相手シグニ1体のパワーマイナスが行えるシグニ達。
《アイン=ダガ》は自ルリグのレベル×1000を、《アイン=ルクボル》は固定で2000をマイナスできます。

《フィア=パトラ》《ツヴァイ=チェボル》《トキシック・スパイクス》と、レベル1毒牙を参照するカードが多いので、出来るだけトラッシュに置いておきたいカード。
序盤はこのカード達をどれほど使い倒せるか、といっても過言ではありません。
後半は点取り屋として働いて貰います。
相手によっては序盤からガシガシこの娘達を使って、速攻を仕掛けていくのも悪くない選択肢。

 

《TRICK OR TREAT》

trickortreat

2枚ドローか、2枚ハンデスかを選べるスペル。
基本的にハンデスに使用します。
《フィア=パトラ》で削った手札を更に削り、相手に蓋をするために使用していきます。
目指せフルハンデス。

 

《トキシック・スパイクス》

toxic

ハナレのユニークスペル。
毒牙シグニ1体をバニッシュする事で、トラッシュのレベル1毒牙2体の蘇生を行う事が出来ます。
このカードと毒牙シグニ1体で、盤面2体と1エナを稼げ、大きなアドバンテージを生み出してくれます。
蘇生されるのも《アイン=ダガ》《アイン=ルクボル》なので、そこからマイナスを飛ばしていくのも良いでしょう。

また、トラッシュの毒牙シグニのレベル種類数×3000のマイナスを飛ばすことも可能です。
1~4まで全て揃っていれば12000のパワーマイナスが出来、《混沌の豊穣 シュブニグラ》《不可解な誇超 コンテンポラ》などのシグニ効果耐性持ちを退かすのに一役買ってくれます。
序盤はこのカードでの盤面形成とエナ稼ぎを意識しましょう。

 

プレイング・回し方

レベル4グロウまでは《羅植 スズビラ》《トキシック・スパイクス》でのエナ稼ぎを重視しましょう。
盤面は《トキシック・スパイクス》《ツヴァイ・チェボル》《幻水 スズメダ》で整えるぐらいの心持でも意外と大丈夫です。
それと並行して、《フィア=パトラ》2枚と《ドライ=アグリピナ》の確保も行いましょう。

レベル4グロウ後の動きは、

  1. メインフェイズ開始時、《救済の冥者 ハナレ》の能力で《ドライ=アグリピナ》を蘇生。
  2. 《フィア=パトラ》2枚を場に出す。出現時能力でレベル1毒牙を回収。
  3. 《ドライ=アグリピナ》の能力でパワーを-8000し、《フィア=パトラ》のパワーを20000にする。
  4. 《フィア=パトラ》の能力を起動し、自身のパワーを20000下げて相手の手札を1枚捨てさせ、相手シグニ1体をトラッシュに送らせる。
  5. パワーが0になったので、《フィア=パトラ》はバニッシュされる。
  6. 4をもう1体で行う。
  7. 回収したレベル1毒牙などを場に出し、がら空きの盤面をアタック。
  8. 相手アタックフェイズ及び自分メインフェイズに《インサイダー・サルベージ》。バニッシュされた《フィア=パトラ》2枚を回収。

という形。
コレをしつこく何度も毎ターン繰り返し、相手のリソースを奪いつくして優位にゲームを動かすのがハナレの戦い方です。

メインフェイズでの盤面明けや、ハンデスに弱いデッキには非常に有利に戦えます。
特に環境で大きなシェアを持っているカーニバルには相性が良好です。
反面、シグニ耐性を持ったシグニや、こちらのシグニの能力を無効にするシグニを使用してくるルリグ、タウィルやユキには厳しい戦いを強いられます。

また、最大の天敵とも言えるカードが《先駆の大天使 アークゲイン》。
このカードの存在によってタマにはかなり不利です。
パワーマイナスを行えないと《フィア=パトラ》の能力を使えないので、《エニグマ・オーラ》で自ら盤面を開け放つ留未ちゃんウリスも戦い辛い相手です。

 

採用候補カード

《ドント・アクト》

dontact

1体ダウンと1枚ドローが出来るアーツ。
コイン3枚をベットすれば、なんと3体ダウンの3枚ドローという効果に強化されます。

コインを得られるレベル3、《金械の冥者 ハナレ》で3枚のコインが得られるので、ハナレではこのカードを使用する事が可能です。
《羅星 ≡エラキス≡》の存在から、今回は《ダウト・クリューソス》を選択しましたが、コチラもオリカかと疑うぐらいには強力です。
《羅星 ≡エラキス≡》相手に腐るアーツ3枚は流石に笑えないので、このカードを入れる際は他のアーツも入れ替えるのをオススメします。

 

《フォービドゥン・ゲーム》

forbidden

パワーマイナスと毒牙シグニの蘇生が一挙に行える、準限定アーツ。
エナコストは重いですが、手札の毒牙シグニ2枚を捨てればエナコストは0になります。
マイナスで1面、蘇生でもう1面と、防御性能の高いカードです。

更に蘇生を《ツヴァイ=チェボル》にすれば、もう1面も守れちゃいます。
「エナはグロウコストと《インサイダー・サルベージ》に取っときたい!」という方にオススメです。
《ツヴァイ=チェボル》との相性を意識するなら、定番ですが《フォーカラー・マイアズマ》もオススメですよ。

 

《一心轟体》

isshin

クラス中分類参照アーツサイクルの精武担当。
《フォービドゥン・ゲーム》同様に手札の精武=毒牙シグニを捨てることでエナコスト軽減が可能で、最終的には無色2になるので、このデッキでも問題なく使用可能です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は他の色のカードを混ぜずに、シンプルに構築してみました。
ハナレは動きも比較的分かりやすく、初心者の方にもオススメできるルリグです。
映画版セレクターを観てハナレに惚れた方はぜひ、実際のカードでも活躍させてあげてみてください!
それでは!

The following two tabs change content below.
桃太郎王国

桃太郎王国

桃太郎王国は、キャラクターグッズからゲーム・DVD等のメディア、トレカまで、幅広く遊べるものを扱ったおもしろリサイクルショップです。 アニメのキャラクターグッズ・アイドル雑貨やTVゲーム・DVD・コミック・トレカ・ボードゲームなど、お客様のニーズに合った商品を提供させていただくと共に、通販サイト「駿河屋」の買取価格を導入することで、買取価格面でもお客様の満足を得られるよう、まい進中です。 お客様のニーズに応えしながら、お越しいただいたお客様に楽しい時間を過ごしていただける空間を提供いたします。