《天風のゲイル・ヴェスパー》使用 ターボゼニスデッキ|徒然デュエマガイド②

ご覧の皆様、こんにちは。
桃太郎王国習志野店のトレカ担当です!

今回は、《天風のゲイル・ヴェスパー》を軸にした、【ターボゼニス】デッキをご紹介致します。
デュエマの自然デッキというとループ等々でプレイングが難しいようにも思われそうですが、そんなことはありません。
超大型クリーチャーを早期に投げつけ、ゲームを制圧して勝利を一気にもぎ取ることの出来る、雑に強力なデッキです。

皆様のデッキ構築のご参考になれば幸いです。

 

目次

  • デッキレシピ
  • 主要カード解説
  • 回し方・プレイング
  • 採用候補カード
  • まとめ

 

デッキレシピ

※画像は「ガチャログ」様を使用させていただきました。

 

クリーチャー

  • 界王類絶対目ワルド・ブラッキオ
  • 古代楽園モアイランド ×2
  • 天風のゲイル・ヴェスパー ×4
  • キキリカミ・パンツァー ×2
  • ゼノゼミツ ×4
  • コレンココ・タンク ×2
  • デスマッチ・ビートル ×4
  • 界王類七動目ジュランネル ×4
  • 「修羅」の頂 VAN・ベートーベン ×2
  • 「祝」の頂 ウェディング ×3
  • 「智」の頂 レディオ・ローゼス ×2

 

呪文

  • ジャンボ・ラパダイス ×4
  • フェアリー・ギフト
  • ミステリー・キューブ

 

D2フィールド

  • 《Dの牢閣 メメント守神宮》 ×4

 

主要カード解説

《天風のゲイル・ヴェスパー》

geiruvesupa

このデッキの核となるカード。

Wシンパシー能力で自身のコストを場のパワー12000以上のクリーチャー1体につき2ずつ下げることが可能です。
さらに、自分の手札のクリーチャー全てに自信と同じWシンパシー能力を授けてくれます。

《デスマッチ・ビートル》や《界王類七動目ジュランネル》などの低コスト高パワー持ちのクリーチャーからこのカードを早期に出し、各種ゼニスや《古代楽園モアイランド》《界王類絶対目ワルド・ブラッキオ》に繋げていくのがこのデッキの必勝パターンです。
《ジャンボ・ラパダイス》《コレンココ・タンク》で確実に手札に加えていきましょう。

 

《古代楽園モアイランド》

moai

場にいる限り相手の呪文・フィールドの使用を禁じる大型。
このデッキのフィニッシャーの1枚です。

《テック団の波壊Go!》や《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》と言った、厄介なカウンターを封じて安全にフィニッシュを狙うことが可能です。
同じく相手の動きを抑制する、《界王類絶対目ワルド・ブラッキオ》や《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》と一緒に並べてロックを形成するのも◎。
狙っていきましょう。

 

各種ゼニス

このデッキのフィニッシャー兼制圧要員達。

《「祝」の頂 ウェディング》はシールド埋め込みとシールド焼却。
《「智」の頂 レディオ・ローゼス》はハンデスとドロー。
《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》は全バウンスとコマンド及びドラゴンの場出し禁止と、それぞれが非常に強力な能力を持っています。

召喚でなければ能力を発動できませんが、このデッキではWシンパシー能力によるコスト軽減での召喚を狙うので全く無問題です。
《天風のゲイル・ヴェスパー》から連打して一気に制圧していきましょう。

 

《キキリカミ・パンツァー》

kikirikami

相手によるハンデスから場に出せる能力と出現時にデッキトップ3枚から指定クリーチャーを手札に加えられる、所謂「提督」クリーチャー。
《ブレイン・タッチ》や《裏切りの魔狼月下城》、《特攻人形ジェニー》などへのカウンター手段として使用していきます。

このカード自体もWシンパシー元になれるので、相手に出させて貰えると一気に楽が可能です。

出現時のデッキトップ回収もこのデッキでは非常に頼れるモノなので、《天風のゲイル・ヴェスパー》を出した後は普通に手札から出してしまうのも悪くない選択肢。

 

《デスマッチ・ビートル》

アタックできない代わりに、ガードマンとコスト踏み倒しメタ能力を持つ低コスト高パワークリーチャー。
このデッキの序盤の要その1です。

相手の超次元呪文や革命チェンジ、侵略などへプレッシャーをかけつつ、Wシンパシーの元になれます。

高パワーによって除去を受けにくいのもありがたいポイント。

 

《界王類七動目ジュランネル》

juranneru

このデッキの序盤の要その2。

1コストながら超高パワーとワールド・ブレイカーを持っています。
その代わりに、マナに自然のカードが7枚無いとアンタップされることがありません。

基本的には除去を受けにくいWシンパシー元として運用しますが、マナが溜まってくる後半ではアタッカーとなる事も少なくありません。
初手にあった場合は迷わず出していきましょう。

 

回し方・プレイング

序盤は《界王類七動目ジュランネル》か《デスマッチ・ビートル》を場に出すことを最優先にしましょう。
並べれば並べるだけ後半の展開が楽になるので、手札に来た奴は全部出す位の勢いで問題ありません。

《天風のゲイル・ヴェスパー》が召喚可能になったら、すぐ場に出し、後続の大型へつなげていきます。
大型を出すたび、手札の大型は低コストで出すことが可能となり、ゲーム運びが大幅に楽になります。

《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》や《古代楽園モアイランド》でロックを仕掛けたり、《「祝」の頂 ウェディング》《「智」の頂 レディオ・ローゼス》で妨害したりと、やりたい放題を楽しみましょう。
相手のSトリガーは《「祝」の頂 ウェディング》、《古代楽園モアイランド》で大体が封殺可能なので、この2枚を中心に攻めていくと楽ができます。

Wシンパシーでの召喚なので、《異端流し オニカマス》などの踏み倒しメタをすり抜ける事が可能ですが、《制御の翼 オリオティス》や《オリオティス・ジャッジ》など刺さるカードもあるため油断は禁物。
《制御の翼 オリオティス》ならば《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》や《「祝」の頂 ウェディング》でのワンチャンがありますが、場に出すらしない《獣軍隊 ヤドック》は天敵中の天敵。

また大型クリーチャーが多数搭載されているため、手札事故が最大の難点。
こればっかりはコンセプト上どうしようもないため、ある程度は仕方ないと割り切りましょう(諦め)

 

採用候補カード

《タルタホル》《ピクシー・ライフ》

tarutahoru

マナ加速が欲しいと感じたらオススメの2枚。

《タルタホル》はこのデッキではデメリットなしの《桜風妖精ステップル》のように働いてくれるマナクリーチャー。
《Dの牢閣 メメント守神宮》での防御プランにも微力ながら協力してくれます。

対して《ピクシー・ライフ》はマナ加速後にマナの無色カードを回収できる呪文。
後半でも役に立つだけでなく、各種ゼニスを手札に抱えやすくなるので、構築段階での採用枚数を抑える事も狙えます。

どちらかはお好みで。

 

《ベイB ジャック》

別角度からのマナ加速要員。
自分のクリーチャーをマナゾーンにあるかのように扱うことが可能になります。
序盤に使用できるのは《デスマッチ・ビートル》ぐらいですが、アタック不能なので躊躇なく使用していけます。
また3マナをターン開始時に払えば起き上がってくれるので、やる事がないターンは起こしておいて次のターンに備えたり、最悪アタッカーとして使用する事も。

 

《コクーン・マニューバ》《古龍遺跡エウル=ブッカ》

Sトリガー持ちの除去呪文。
主にどうしようもない《獣軍隊 ヤドック》への回答として使用する目的です。
《コクーン・マニューバ》はスーパーSトリガーでのコスト踏み倒しが、《古龍遺跡エウル=ブッカ》はマナ武装5で2体の除去が可能となります。
手打ちしやすいのは《古龍遺跡エウル=ブッカ》の方ですが、正直一長一短なのでどちらを採用してもいいでしょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

やはりデカいクリーチャーで制圧するのは非常に脳筋的で面白く、他のデッキでは味わい難い爽快感を楽しめます。
ゼニス以外にも好みの大型クリーチャーを採用してみるのも面白いので、ぜひお試しあれ。
新章の緑担当としてグランセクトの高パワー戦術は強化されていくハズなので、これからにも期待できそうです。

それでは!

The following two tabs change content below.
桃太郎王国

桃太郎王国

桃太郎王国は、キャラクターグッズからゲーム・DVD等のメディア、トレカまで、幅広く遊べるものを扱ったおもしろリサイクルショップです。 アニメのキャラクターグッズ・アイドル雑貨やTVゲーム・DVD・コミック・トレカ・ボードゲームなど、お客様のニーズに合った商品を提供させていただくと共に、通販サイト「駿河屋」の買取価格を導入することで、買取価格面でもお客様の満足を得られるよう、まい進中です。 お客様のニーズに応えしながら、お越しいただいたお客様に楽しい時間を過ごしていただける空間を提供いたします。