レゾナシグニを並べて圧倒!赤宇宙入り《博愛の使者サシェ・リュンヌ》デッキ構築例|WIXOSSプレイガイドVol.40

ご覧の皆様、こんにちは。
桃太郎王国習志野店のトレカ担当です!

今回は、サシェのデッキをご紹介致します。

直接的には強化されていないものの、カーニバルのお陰で赤宇宙が多数登場し、実は間接的に強化されているサシェ。
レゾナを使ってみたい!という方にはイチオシのルリグです。

皆様のデッキ構築のご参考になれば幸いです。

 

目次

  • デッキレシピ
  • 各カード解説
  • 回し方・プレイング採用候補カード
  • まとめ

 

デッキレシピ

※画像は「ガチャログ」様を使用させていただきました。

 

ルリグデッキ

  • 《悠久の使者 サシェ・ヌーベル》
  • 《悠久の使者 サシェ・クロワス》
  • 《博愛の使者 サシェ・カルティエ》
  • 《祈願の使者 サシェ・モティエ》
  • 《悠久の使者 サシェ・プレンヌ》
  • 《博愛の使者 サシェ・リュンヌ》
  • 《白羅星 ウラヌス》
  • 《白羅星 サタン》
  • 《白羅星 ジュピタ》
  • 《白羅星 マーズ》

 

メインデッキ

  • ★《羅星宙姫 ノーザンセブン》
  • ★《羅星姫 フォウト》 ×2
  • ★《羅星姫 ミルキィウェイ》 ×3
  • 《羅星 ≡アルマク≡》
  • ★《羅星姫 ≡コスモウス≡》 ×2
  • ★《羅星姫 ≡ソラフレア≡》 ×2
  • 《サーバント Q2》
  • ★《羅星 アルケス》 ×3
  • ★《羅星 タンサースリー》 ×4
  • 《羅星 ミモザ》 ×4
  • 《羅星 カプスツー》 ×2
  • 《コードアンチ マチュピ》
  • 《羅星 カプスワン》 ×3
  • 《羅星 ポラリス》 ×4
  • 《羅星 ≡ツクスペ≡》 ×3
  • 《サーバント O2》 ×4

※ライフバースト持ちのカードは★マークをつけています。

 

各カード解説

《博愛の使者 サシェ・リュンヌ》

サシェのレベル5。
対戦相手のアーツに使用制限をかける能力と、エクシード1で自分のシグニ1体を手札に戻す能力、エクシード2で好きなだけレゾナを呼び出す能力を持っています。
なにより目を引くのは、レゾナを好きなだけ呼び出せるエクシード2能力。
出現条件を満たす必要もないので、極端な話《白羅星 ウラヌス》×3だって出せてしまいます。
エクシード1能力は一見地味ですが、《羅星姫 ミルキィウェイ》や《羅星姫 ≡コスモウス≡》などの強力な出現時能力持ちを使いまわす事が可能です。

また、エクシード2能力につなげる為に盤面を空ける役割も持っています。
エクシード能力はどちらもアタックフェイズに発動可能なので、エクシード2能力は防御にも使用できます。
1ターンに1枚しかアーツを使えないようにさせる常時能力は、攻めにも守りにも効く能力。
《サクシード・ディストラクト》や《クライシス・チャンス》でエナを稼いでからの防御アーツを封じたり、《水天一碧》や《龍滅連鎖》などのチェインを無意味にしたりなどなど。
相手を圧倒・圧殺出来る能力を持ったルリグです。

 

《悠久の使者 サシェ・プレンヌ》

構築済みデッキで登場した方のレベル4。
レゾナを出した時にエナチャージが出来る能力と、ダウンする事でデッキから宇宙シグニをサーチ出来る能力を持っています。
前回紹介した《ミュウ=イマゴ》と同じようなカードですが、レゾナを連打するサシェでは非常にエナチャージ能力は重宝します。

またサーチ能力も優秀で、このカードからどんな宇宙シグニでも手札に加えられるので盤面の組み立てがし易くなります。
盤面に宇宙を増やせる《羅星 ミモザ》や、そちらからサーチできない《羅星姫 ミルキィウェイ》などのレベル4シグニをサーチする事が殆どです。

《羅星姫 ≡ソラフレア≡》などの赤の宇宙シグニもサーチできるのは忘れずに。
《博愛の使者 サシェ・リュンヌ》への繋ぎに思われるカードですが、このカードも十二分に強力です。
場合によってはこのまま戦うのもOKです。

 

サシェレベル0~3

レベル2、3には盤面を増やせる《博愛の使者 サシェ・カルティエ》《祈願の使者 サシェ・モティエ》を採用しています。
《博愛の使者 サシェ・カルティエ》で出したシグニはターン終了時にトラッシュに送られてしまいますが、レゾナ《白羅星 マーズ》につなげられるので問題にはなりません。
序盤から積極的にレゾナを狙っていきましょう。

 

《白羅星 ウラヌス》

レベル3以上のシグニ1体と、自分のレゾナ1体という重い出現条件を持つレゾナ。
その分効果は非常に強烈で、エナ以外のカードの色を全て白に塗り替え、その上で自らは白のカードの一切の効果を受付けません。
実質的に「相手のカードの効果を受けない」と書いてあるのと同義で、非常に居座り性能の高いカードです。

またデッキやルリグデッキを含めた相手のカードを全て白く塗り替えるので、色を指定したカードの殆どを無力化可能。
「黒のシグニをトラッシュから回収する」《バイオレンス・ジェラシー》や、ルリグの色を指定する《ドント・エスケープ》や《イノセント・ディフェンス》などが代表的でしょうか。
反面、《ゲット・インデックス》などの白を指定しているカードや、「無色以外の」と書かれているカード《アロス・ピルルク N》や《コードアンチ メイジ》などは手助けしてしまうので注意。

出し方ですが、《白羅星 マーズ》を出し、そちらの効果で引っ張ってきたレベル3以上のシグニとで出すのが簡単。
《博愛の使者 サシェ・リュンヌ》からも出せるので、思っている以上に簡単に出てきます。

 

《白羅星 サタン》

強烈なルール介入効果を持ったレゾナ。
相手の出せるシグニを2体に制限します。
シンプルながらとても強力な能力で、常に1面を開けた状態で戦う事を強制できます。
すでに3面出ていた場合は「ルールによって」1体をトラッシュに送ります。
どんな耐性を持っていてもお構いなしです。

2体に減ったところをさらに《羅星姫 ミルキィウェイ》でバウンスしていくのも○。
相手の主力シグニの前以外に出し、隙を晒すか、主力を捨てて守りに入るかの二択を迫る動きがいやらしく強力です。

出す為にはレベル合計が7以上になるように宇宙シグニ3体を場からトラッシュに送る必要があるので、若干重いのが難点。
《羅星 ミモザ》のサーチや《羅星 タンサースリー》によるドローでうまくフォローしていきましょう。
枠が白い上にレベル合計指定がありますがシンクロモンスターではありません。
登場当時は散々言われてましたが……w

 

《白羅星 ジュピタ》

出現時にターン終了時まで相手の効果を消せるレゾナ。
さらに、出す為に同名のシグニ2体を使用していれば、2エナチャージが可能です。

このデッキの中盤を支えるカード。
出現時に使用するシグニにレベル指定は無いので、使用し終わった《羅星 ポラリス》や《羅星 ミモザ》などからつなげ、エナを稼ぎましょう。

出現時に効果を消せる能力は、《大幻蟲 ナナホシ》や《十字の炎槍 サナユキ》などの厄介な能力を消して攻められます。
また、《博愛の使者 サシェ・リュンヌ》の効果で相手ターン中に呼び出せば、《夢国の招待 ドリーミー》や《赤羅星 ≡ゴールデンサン≡》などの強力なアタックトリガー持ちを沈黙させる事も可能です。

なお、出す為には「白のシグニ2体」が必要なのは注意が必要。
他のレゾナと範囲が異なるので、赤い宇宙シグニは使用できません。

 

《白羅星 マーズ》

出現時にデッキから好きなシグニ1体を呼び出すレゾナ。
呼び出すカードはレベルも色も指定されていないので、序盤から終盤まで、どんな局面でも役立つ娘です。

序盤では《コードアンチ マチュピ》を呼び出してダメージ稼ぎに。
中盤では手札にいるシグニの同名カードを呼び出して《白羅星 ジュピタ》への繋ぎに。
終盤では《羅星姫 ミルキィウェイ》を呼び出してバウンスしたり、《白羅星 ウラヌス》の出現条件になったり。
手札の宇宙シグニ2枚をデッキの好きなシグニに変換できる、汎用性の塊です。

ただ、本体はパワー5000の貧弱なシグニなので、そこは気をつけましょう。
《白羅星 ウラヌス》の出現条件以外に自発的にどかす事ができないので、考えなしに出してしまうと自分の首を絞めかねません。

 

《羅星宙姫 ノーザンセブン》

アタックフェイズ開始時にバニッシュ耐性/バウンス耐性/アタック封じ耐性/ダウン耐性から1つを自分のシグニ全てに与えるレベル5シグニ。
《紡ぐ者》から飛んでくるイメージが強いですが、本来はサシェ限定のカードです。
あちらで証明されている通り、相手のアーツを封じられるこのカードの詰め性能には目を見張るものがあります。

ただ、このデッキでは基本的に《白羅星 サタン》《白羅星 ウラヌス》という盤面を形成する為、リミットの問題で場に出せない事が多いです。
詰めの盤面で《白羅星 マーズ》で呼び出しましょう。

 

《羅星姫 フォウト》

少々変わった能力を3つ持つシグニ。
メインに使用する能力は起動能力のレゾナをルリグトラッシュからルリグデッキに戻す能力。
《白羅星 ウラヌス》出現の為に使用した《白羅星 マーズ》を回収し、次に備えてくれます。

また出現時に白エナを払う事で、相手のトラッシュのカード1枚を除外する能力も持っています。
こちらもありがたい能力で、ピンポイントではありますが相手の再利用を封じる事が可能です。

《バイオレンス・ジェラシー》や《コードメイズ サイスパ》などのトラッシュで効果を発揮するカードは特に狙い目。
バニッシュされても手札の宇宙シグニ2枚を引換えに場に戻せる能力も持っていますが、こちらを活用するのは稀。

 

《羅星姫 ミルキィウェイ》

利便性の高い2つの出現時能力を持っているシグニ。

まず1つは、レゾナ1体にターン終了時までアーツ耐性を付ける能力。
レゾナで攻め込む際には非常に頼れる能力です。
《白羅星 サタン》は一切の耐性を持たないので、このカードで支えてあげましょう。

もう1つは、レゾナが居る時、白エナ2つで相手シグニ1体をバウンスする能力。
《白羅星 サタン》で空けた盤面をさらにこじ開けていく流れが強力です。

ただし、どちらも場にレゾナが必要なのと、出現時能力を使い終わった後はバニラになってしまうのがネック。
使用後はさらなるレゾナの出現の為に使ってしまってもいいでしょう。

 

《羅星姫 ≡コスモウス》

出現時に相手の手札が6枚以上なら3枚まで減らさせるシグニ。
更にライフクラッシュ後、自分のライフが相手未満なら、続けてアタックが可能です。

登場以降様々なデッキで使用されているカードですが、宇宙シグニなのでサシェでは更なる活躍をしてくれます。
アーツ0枚という防御の薄さをフォローしてくれる連続アタック能力で、ライフ差を一気に取り戻す事が狙えます。
《白羅星 サタン》で空いた盤面を狙っていきましょう。

ライフが同じ場合はハンデス効果を発揮させた後、レゾナの出現コストに使用してもいいでしょう。

 

《羅星姫 ≡ソラフレア≡》

アタック時にトラッシュの異なるレベルの宇宙シグニを4枚デッキに戻し、ダブルクラッシュを得られるシグニ。
《羅星姫 ≡コスモウス≡》同様、序盤のライフ差を埋めるカードとしても、相手ライフを一気に削りに行く要員としても活躍してくれます。
能力起動の際宇宙シグニをデッキに戻すのも、《羅星 ミモザ》などのサーチカードに繋がり、役立ちます。

出現時にデッキトップ4枚をトラッシュに送り、そのレベル合計×1000以下のパワーを持つシグニをバニッシュする能力もありますが、こちらも強力。
レベル4シグニが多めに入っているので、バニッシュ対象に困る事も少ないでしょう。
《羅星姫 ミルキィウェイ》と同じく、《白羅星 サタン》と一緒に出して盤面を開け放っていく動きを狙っていけます。
とはいえ、サーチを多用する都合上、レベル4以降はデッキが薄くなっている事も多いので、発動の時はリフレッシュに気をつけましょう。

 

《羅星 ≡アルマク≡》

自身をダウンし、エナの宇宙シグニ1枚をトラッシュに送る事で相手場のパワー7000以下のシグニを全てバニッシュできるシグニ。
苦手な速攻デッキ相手に大きな威力を発揮します。

ですが、本当の役割はエナに行ってしまった赤の宇宙シグニをトラッシュに送る事。
サシェの使用できる宇宙シグニでは、赤エナを払う事がこのカードでしか出来ないので、大事に運用しましょう。
このカードがライフに入ってしまってエナに入った場合はかなりキツいので、ライフを置くときにはお祈りしましょう。

 

《羅星 アルケス》

ガードを持った宇宙シグニ。

《羅星 ミモザ》などからサーチ可能で、このデッキの守りの要。
余裕がある時にはサーチしておき、手札にはいつも構えられている状況を保ちましょう。
《羅星姫 ≡ソラフレア≡》でデッキに戻し、繰り返しサーチを狙うのもいいでしょう。

 

《羅星 タンサースリー》

レゾナの出現の為に場からトラッシュに送られると、1ドローが可能なシグニ。
レゾナ出現の為のディスアドバンテージを軽減してくれるカードです。

《白羅星 マーズ》から呼んできて《白羅星 ウラヌス》の出現に。
2体並べて《白羅星 ジュピタ》を出し、2ドロー2エナチャージに繋げるなど、レゾナを複数並べるのに非常に利く娘。

展開の際には優先してサーチしていきましょう。

余談ですがコングラ版も非常にカワイイのでオススメ。

 

《羅星 ミモザ》

ダウンでデッキからレベル3以下の宇宙シグニをサーチできるシグニ。
基本的には《羅星 タンサースリー》か《羅星 アルケス》をサーチします。
このカード自体も《羅星 カプスツー》からサーチ可能なので、流れるように準備可能です。
効果使用後はアタック要員にはなれないので、各種レゾナの出現のコストとして使用しましょう。

 

《羅星 カプスツー》《羅星 カプスワン》

自身のダウンと手札1枚のコストで自身のレベル+1以下宇宙シグニをサーチ出来るシグニ達。
天使デッキの《探求の思想 ハニエル》《やり直しの対話 ミカエル》の宇宙版みたいなもんです。

《羅星 カプスワン》→《羅星 カプスツー》→《羅星 ミモザ》とサーチを繋げ、戦線を維持していきましょう。
レベル2グロウ時にトラッシュへ《羅星 ポラリス》を用意できているとアドバンテージを狙えるので、《羅星 カプスワン》からは《羅星 ポラリス》をサーチするのも悪くありません。

また、《羅星 カプスツー》はこのデッキ唯一のレベル2宇宙シグニです。
《羅星姫 ≡ソラフレア≡》の効果使用に必要なカードですので、レベル4時にはトラッシュに用意しておきましょう。

 

《コードアンチ マチュピ》

自身のダウンと手札1枚のコストで相手シグニ1体のパワーを-5000できるシグニ。
先述の通り、レベル2グロウ時に《白羅星 マーズ》から呼び出し、序盤のテンポを稼ぐためのカードです。

このカード+《白羅星 マーズ》+レベル1シグニという盤面を目指しましょう。

このカード自体は宇宙でも白でもないシグニなので、レゾナ出現の為には一切使用できないのは注意。

 

《羅星 ポラリス》

出現時に数字1つを宣言し、デッキトップが宣言したレベルのシグニなら手札に加えられるシグニ。
ギャンブル要素が高いですが、序盤からアドバンテージを稼いでくれる(かもしれない)カードです。

レベル4と3が11枚ずつ、レベル1が14枚なので、デッキの中身を計算し一番多いモノを宣言するとベストです。
序盤はレベル1宣言でも良いでしょう。
2枚を用意し、外れても良い、という状態で使用するのも○。

レベル4、5グロウ後も各種レゾナに繋げられるので役に立ちます。

 

《羅星 ≡ツクスペ≡》

自身をダウンする事でデッキトップを公開し、それが自身と同じクラスなら手札に加えられるサイクルの宇宙版。
不確定ながらアドバンテージを稼いでくれます。

とはいえ、デッキ内の34枚、実に85%は宇宙シグニなので、殆どの場合で手札に加える事が出来るでしょう。

このカードの唯一にして最大の欠点は「赤のシグニ」であると言う事。
初手で何も考えずに出してしまうとグロウコスト不足に陥りかねません。
また、《白羅星 ジュピタ》の出現にも使用できないので注意。

 

各種サーバント

《羅星 アルケス》だけでは足りないので、通常のサーバント達も非常に重要です。
《羅星 ポラリス》の為にレベルは1と4に寄せています。

なお、このデッキはアーツも無いのでマルチエナとしての需要は全くありません。
エナに置かず、手札で構えていましょう。

 

回し方・プレイング

初手では《羅星 ポラリス》《羅星 カプスワン》を基準にマリガンしましょう。
それらでカードを回しつつ、《博愛の使者 サシェ・カルティエ》、《白羅星 マーズ》、《コードアンチ マチュピ》でテンポを稼ぎます。

レベル3になったら《白羅星 ジュピタ》でエナチャージを狙い、レベル4、5への準備を整えましょう。

レベル4になってからがサシェの本領。
《白羅星 ウラヌス》《白羅星 サタン》といった強力なレゾナで、相手にプレッシャーをかけ続けていきましょう。

ライフ差が付いてしまっている場合でも、《羅星姫 ≡コスモウス≡》《羅星姫 ≡ソラフレア≡》で取り戻す事が可能です。

また、《羅星姫 ミルキィウェイ》《羅星姫 ≡ソラフレア≡》、そして《白羅星 サタン》で面空けも容易に行えます。
盤面をあけ、相手に防御を強い続けていくことが可能です。

レベル5《博愛の使者 サシェ・リュンヌ》へグロウ後は、リソース消費無しでレゾナシグニを並べる事が可能です。
自分のターンでのエクシード能力発動は避け、面埋めでの防御がてら出していきましょう。

アーツ0枚構成という都合上、防御は非常に薄いです。
特に、【業炎 花代・爾改】や【バカラオーラ】のような、速攻で勝負を狙ってくるようなデッキは苦手な相手。
ガードはしっかりと行い、レベル4までに死なないようなプレイを心掛けましょう。

《白羅星 ウラヌス》の存在から、色を指定したカードを多数使用するデッキには優位に戦えます。

 

採用候補カード

《白羅星 フルムーン/白羅星 ニュームーン》

サシェの両面レゾナ。

《白羅星 フルムーン》の面は、他のレゾナをシグニの能力から守る能力と、次の自分ターンまで相手はシグニで1度しか攻撃できなくなる出現時能力を持っています。
シグニ耐性、アタック制限の2つで、盤面をさらに強力にする事が可能です。
また、他のレゾナと異なり、出す為に手札の宇宙シグニを使用できるので、場にレゾナがいても並べる事を狙えます。

《白羅星 ニュームーン》の方は、スペルカットインで登場し、シグニ2枚をトラッシュから除外するか、そのターン中のこれ以上のスペル・アーツ使用を禁じられます。
使用する機会は少ないですが、スペルを連打するようなデッキにはどちらも効く能力です。

単体では大きな影響力はありませんが、他のレゾナがいると輝くレゾナシグニです。
今回は枠の都合上採用していませんが、枠があれば是非採用したいカード。

 

《白羅星 プルート》

アタックフェイズに出現でき、出現時に手札コストなしの《ロマネ・ディフェンス》が打てる防御用レゾナシグニ。
バニッシュされる場合にルリグデッキではなくルリグトラッシュに送られてしまうデメリットがありますが、《羅星姫 フォウト》でフォローが可能です。

《夢国の招待 ドリーミー》や《幻竜 ボルシャック》などのような強力なアタックトリガー持ちも封じる事ができ、自身が壁にもなれるので、非常に防御性能が高いカードです。

また、出現コストとしてエナの宇宙シグニ3枚をトラッシュに送るので、エナに入ってしまった赤い宇宙シグニをトラッシュに送る要員としても便利。
《博愛の使者 サシェ・リュンヌ》で出した場合にも、アタック封じ能力は発動できる点も評価ポイント。
こちらも本当は採用したいのですが、こちらも枠があれば是非採用したいカードです。

 

《スター・フェスティバル》

サシェのユニークスペル。
バニッシュする対象によって、異なる2つの効果を発揮できます。

レゾナでないシグニ1体をバニッシュした場合は、デッキから宇宙シグニ1体のサーチが可能です。
レベル4でも赤くてもサーチが可能なので、場面場面で必要なシグニを用意する事が可能です。

レゾナシグニ1体をバニッシュした場合は、相手のレベル3以下のシグニ1体をバウンスできます。
バウンス対象は狭いですが、レゾナを退かしたい場合は少なくなく、そういった点で役立ちます。
少ない損失でレゾナをルリグデッキに戻せるのはこのカードが唯一なので、採用が検討できます。

 

《金愛の使者 サシェ・モティエ》

「防御が薄すぎて勝てん!」という場合の最終手段。
2枚コインを得られるレベル3ルリグです。

《ゴールド・ディフェンス》や《リバース・バウンダリー》、19弾「アンソルブドセレクター」で登場する《謳金時代》など、ベットを必要とするアーツは性能が高いため、1枚あるだけでも助かる場面が多いです。

しかし、レゾナを減らしてしまうので、小回りや破壊力が減少してしまうのが難点。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

出す為に代償を払う分、レゾナシグニは非常に高性能で、それを並べられるのはクセになる面白さがあります。
サーチやドローを多用しデッキをグルグル回すので、そういうのが好きなアナタにもオススメできるルリグです。
白枠繋がりで【ジャンド】とか好きな方は好きだと思いますよw

個人的にイチオシのルリグなので、ぜひ使って見てください。
それでは!

The following two tabs change content below.
桃太郎王国

桃太郎王国

桃太郎王国は、キャラクターグッズからゲーム・DVD等のメディア、トレカまで、幅広く遊べるものを扱ったおもしろリサイクルショップです。 アニメのキャラクターグッズ・アイドル雑貨やTVゲーム・DVD・コミック・トレカ・ボードゲームなど、お客様のニーズに合った商品を提供させていただくと共に、通販サイト「駿河屋」の買取価格を導入することで、買取価格面でもお客様の満足を得られるよう、まい進中です。 お客様のニーズに応えしながら、お越しいただいたお客様に楽しい時間を過ごしていただける空間を提供いたします。