相手のデッキを破壊せよ!虚幸&散華ウリスデッキ構築例|WIXOSSプレイガイドVol.38

ご覧の皆様、こんにちは。
桃太郎王国習志野店のトレカ担当です!

今回は、構築済みデッキ「ブラックコンフレーション」で強化された、ウリスのデッキをご紹介致します。
釘宮ボイスのゲスい嗜虐的なセリフに魅了されたり、映画版ラストにやられたりと様々な理由から、Selectorのアニメ1期放映時より、根強いファンの多いルリグ。
今回強化されたなかでも一番の強化を貰えたルリグなのも相まって、使ってみたい!/使ってみたかった!という方も多いのではないでしょうか。

皆様のデッキ構築のご参考になれば幸いです。

 

目次

  • デッキレシピ
  • 各カード解説
  • 回し方・プレイング
  • 採用候補カード
  • まとめ

 

デッキレシピ

※画像は「ガチャログ」様を使用させていただきました。

 

ルリグデッキ

  • 《閻魔 ウリス》
  • 《恵逢の閻魔 ウリス》 (+1)
  • 《金染の閻魔 ウリス》 (+1)
  • 《雅落の閻魔 ウリス》 (+2)
  • 《散華の閻魔 ウリス》 (能力1回につき-1)
  • 《虚幸の閻魔 ウリス》
  • 《ゴールド・ディフェンス》 (-1)
  • 《フーリッシュ・マイアズマ》
  • 《フォーカラー・マイアズマ》
  • 《ブラック・デザイア》

※カードの脇のカッコ内の数字はコインの増減数です。

 

メインデッキ

  • ★《羅星姫 ≡コスモウス≡》
  • ★《死之遊魔 †ルーレット†》
  • ★《堕落の虚無 パイモン》
  • ★《堕落の砲女 メツム》 ×4
  • ★《夢国の招待 ドリーミー》 ×4
  • 《驚嘆の白煙 ナナン》 ×2
  • 《堕落の砲娘 メツミ》 ×3
  • 《破戒の水辺 パルヴァ》
  • 《サーバント T2》
  • 《男鹿の伝承 ナマハゲ》
  • 《下町の酔魔 センベロ》 ×4
  • ★《大罪の所以 バアル》 ×4
  • 《堕落の消滅 アリトン》 ×2
  • 《サーバント O2》 ×4
  • ★《サーバント O3》 ×3
  • ★《エニグマ・オーラ》 ×2
  • 《バイオレンス・ジェラシー》 ×2

※ライフバースト持ちのカードは★マークをつけています。

 

各カード解説

《虚幸の閻魔 ウリス》

ウリスのレベル5。
グロウコスト軽減能力と、強烈なルール介入効果を2つの、3つの能力を備えています。

1つ目のグロウコスト軽減能力は、トラッシュの悪魔シグニ6枚に付き黒1つ下げるというモノ。
このカード自体のグロウコストが黒3つなので、トラッシュに悪魔シグニが18枚あれば0コストでグロウ可能です。

2つ目の能力は、トラッシュに悪魔シグニが18枚以上あれば、相手のガードを禁じる能力。
このカードのアタックを相手はアーツ以外で止める事が出来なくなるので、詰めの一撃としてとても強力。
1つ目、2つ目共にトラッシュを肥やす事が絶対条件になっていますが、ウリスはトラッシュのカードを増やす事を得意としていますし、このデッキは特化して組んでいるので達成は容易です。

3つ目の能力は、自分のライフバースト無しのカードに、「相手のシグニ1体をバニッシュする」ライフバーストを付与する能力。
ライフをクラッシュしてきたシグニをカウンターし、こちらのシグニでライフを狙いやすくなる能力です。
レベル5グロウ時にはライフが少なくなっている事が多く、一見活かす事は難しそうですが、《散華の閻魔 ウリス》の防御性能の高さ、そして何よりも《エニグマ・オーラ》による回復がある為、こちらも非常に役立ちます。
このカードでフィニッシュを狙っていきましょう。

 

《散華の閻魔 ウリス》

18弾「コンフレーテッドセレクター」で登場した、ウリスの新たなレベル4。
出現時能力とエクシード能力、そしてコインベットで発動する能力の3つを持っています。

出現時能力は、デッキトップ3枚を公開し、その中の悪魔シグニを好きなだけ手札に加えられる能力。
最大で3枚ものアドバンテージを稼げる能力で、単純に強力です。
手札に加えなかったカードはトラッシュに送られますが、それもウリスにとっては間接的なアドバンテージになりえます。

エクシード能力は、エクシード2でデッキとトラッシュから悪魔シグニ1体ずつを呼び出す能力。
エナも手札も使用せずに2面を埋められる、というだけで非常に強力なのですが、アタックフェイズに使用できる点がさらに優秀なポイント。
デッキからだけでも、トラッシュからだけでもOK、という融通の利くところも評価点です。
さらにさらに、出現時能力も使用できるので、《死之遊魔 †ルーレット†》や《堕落の砲女 メツム》との相性も最高です。

そしてコインベット能力は、コイン1枚と手札の悪魔シグニ1枚をコストに、相手シグニ1体のバニッシュが可能な能力。
シンプルな能力ですが、こちらもアタックフェイズに使用可能で、とても優秀です。

また、ターン内回数制限もないのもポイントです。
出現時にアドを稼ぎ、「面埋め」「バニッシュ」と異なるアプローチで防御を行える、メチャクチャ堅くて強力なルリグです。
こんなの最高じゃない。

 

ウリスレベル0~3

コイン能力を多く使用できるよう、レベル1~3は全てコインを得られるものを採用しています。
《金染の閻魔 ウリス》のリミット4が気になりがちですが、このデッキのレベル2シグニは《男鹿の伝承 ナマハゲ》のみなので問題ありません。

なお、《恵逢の閻魔 ウリス》の出現時能力は強制なのでお気をつけ下さい。
レベル0は初期組らしくかなり豊富なので、お好きなものをぜひ。

余談ですが、自分は血液と交換できた献血キャンペーンのウリスがお気に入り。

 

《ゴールド・ディフェンス》

コイン持ち用鉄壁アーツ。
1枚ベットすればタイミングもルリグの色も関係ない《ピンチ・ディフェンス》です。
《散華の閻魔 ウリス》もコインを使用しますが、他のSelector組と異なり、4枚合計で得られる為、余裕で取り回し可能です。
【バカラオーラ】とかいうルリグ止めないとヤバイ奴もいっぱいいますし……
ミラーの際にも《エニグマ・オーラ》を止められたりと、非常に役立ちます。

 

《フーリッシュ・マイアズマ》

グズ子の準限定アーツ。
《フォーカラー・マイアズマ》のグズ子版、と言った方が正確でしょうか。
ウリスでも問題なく使用可能なので、使用させてもらいましょう。

①の効果を使用した後にエクシード能力で-7000を2回飛ばしたり、②の効果で空けてしまった盤面をエクシード能力で埋めなおしたりと、《散華の閻魔 ウリス》との相性は良好です。
1枚コンボで強力なら、2枚コンボならもっと強力になるって事です。

 

《フォーカラー・マイアズマ》

最強汎用黒アーツ。
もう解説しなくていいんじゃないかな

ウリスなので、4つの強力効果から3つを選べます。
パワーマイナスと蘇生、回収で多面防御を行う事が多いかと思いますが、このデッキで最も使用するのはデッキ破壊能力。
自分のトラッシュを肥やしたり、相手のデッキを破壊したり、はたまたリフレッシュを誘発したり。
蘇生効果で《堕落の砲娘 メツミ》を出せばさらにデッキ削りが加速できます。

 

《ブラック・デザイア》

自分トラッシュが25枚あれば、全てのシグニを吹き飛ばすアーツ。
一見厳しそうな条件ですが、トラッシュも増やしやすいデッキなので、割と容易に撃つ事が可能です。

最近では黒くないデッキから《堕落の砲娘 メツミ》が飛んでこない事も多くなったので、余計撃ちやすくなっています。
リセットボタンとして使用していきましょう。
エナコストを払った後でトラッシュが25枚あればいいので、22枚ある状態で使用すればOKなのは忘れずに。

 

《羅星姫 ≡コスモウス≡》

出現時に相手の手札が6枚以上なら3枚まで減らし、ライフをクラッシュした後に相手のライフの方が多ければ続けて攻撃が可能なシグニ。
「相手の手札を6枚以上から3枚まで減らす」能力をメインに使用していきます。
トラッシュにさえ落ちていれば、《死之遊魔 †ルーレット†》で何度でも回収して投げつけられるので、相手への大きな抑止力になります。

相手が意識して手札を5枚に抑えていても、《幻水姫 ダイホウイカ》を出してくれたら《散華の閻魔 ウリス》で吹き飛ばして……といった事も可能なので、狙ってみましょう。

 

《死之遊魔 †ルーレット†》

効果で出るとその方法によって異なる出現時能力を発揮するシグニ。
このデッキでの過労死要員です。
ライフにさえ埋まっていなければ、《散華の閻魔 ウリス》の能力でデッキからでもトラッシュからでも呼び出せます。

先述の通り《羅星姫 ≡コスモウス≡》を拾ってもいいですし、サーバントを拾って防御してもいいですし、攻め手を回収してもいいですし、と臨機応変に対応可能。
使い倒していきましょう。

なお、このデッキではシグニ・スペルでの蘇生は非対応なのでご注意下さい(?)

 

《堕落の虚無 パイモン》

悪魔シグニがバニッシュされる際に、代わりにチャームを外せるようになるシグニ。
自身には出現時にチャームを付けられます。
やはりアタック時にバニッシュ耐性を持てるのは強く、ここぞと言う場面では非常に頼れる1枚です。
他のシグニにチャームをつける手段は《堕落の消滅 アリトン》ぐらいですが、デッキをガリガリ削っていくので割と狙って付けられます。
手札に握れれば、《散華の閻魔 ウリス》のコイン効果でコストにすればつけられるので、デッキから落ちなくてもそこまで問題でもないかもです。

 

《堕落の砲女 メツム》

出現時に互いのデッキトップから7枚をトラッシュに送るシグニ。
デッキ破壊戦術の要です。
レベル4にグロウした直後であれば、互いのデッキは22枚以下にはなっているので、実にデッキの3分の1を削り取ってくれます。
そうでなくても、7枚と決して少なくない枚数を削れるので、相手のリフレッシュを誘発することが可能です。
相手のサーチやドローを妨害する事に繋がる為、積極的に狙っていきましょう。

ただ、自分のデッキも削られるのは忘れずに。
《堕落の消滅 アリトン》に繋がってくれればいいのですが、自分もリフレッシュに近付いてるのは重々気をつけましょう。

 

《夢国の招待 ドリーミー》

モチーフが大分ギリギリなこのデッキの攻めの要。
攻防に頼れる、3つの能力を持っています。

まずアタック時の能力は、トラッシュに悪魔シグニが13枚以上あれば、相手のシグニ1体をトラッシュ送りに出来る能力。
《堕落の砲女 メツム》や《堕落の砲娘 メツミ》でトラッシュを肥やす事は容易なので、条件達成は難しくありません。
バニッシュ耐性持ちでも問題なく葬れるので、ほとんどの場合で1点ダメージを稼いでいく事が可能です。

そして出現時に、黒エナ2つを支払えば相手シグニ1体をバニッシュできる能力。
こちらも非常に優秀で、攻撃に防御にと、頼れる能力です。
アタック時の能力とあわせて2面ダメージを狙っていけますし、《散華の閻魔 ウリス》のエクシード能力から呼び出せば3面防御も行えます。

そして最後に、自分の悪魔シグニを2体場からトラッシュに送る事で、自身を手札からアタックフェイズに場に出せる能力。
出現時能力で除去を行い厄介なアタックトリガー持ちを退かしたり、邪魔なシグニを退かして《散華の閻魔 ウリス》のエクシード能力に繋げたりと、使い辛そうに見えますが割と便利な能力です。
無理やりトラッシュを増やして《ブラック・デザイア》に繋げる事もあるので、忘れずに運用しましょう。

総じて非常に優秀なシグニで、このカードでプレッシャーをかけ続けていくのがこのデッキの黄金パターンです。
モチーフが強いですしね、ハハッ!

 

《驚嘆の白煙 ナナン》

出現時に自分のデッキトップから5枚をトラッシュに送るシグニ。
また、自分の悪魔シグニ全てにアタック時に相手シグニ1体のパワーを-2000する能力を付与します。
《下町の酔魔 センベロ》の隣に出してあげて、アドを稼ぎつつ盤面空けを狙っていく動きが非常に強力です。

また、他の2体のアタックの後にこのカードでアタックする事でレベル4シグニを討ち取れる様になり、後半でも役立ってくれます。

 

《堕落の砲娘 メツミ》

出現時に互いのデッキを5枚削るシグニ。
削った中に《堕落の砲女 メツム》があれば、もう1回繰り返して削る事もできます。
繰り返して落とした中に《堕落の砲女 メツム》があればさらにもう1回……と、このカードだけで最大25枚のカードを落とす事が可能です。

このデッキには《堕落の砲女 メツム》が4枚採用されているので、結構な確率で10枚ぐらいは削ってくれます。
《フォーカラー・マイアズマ》や《フーリッシュ・マイアズマ》などからこのカードを呼び出し、相手のデッキをガンガン削ってあげましょう。

また、トラッシュに25枚のカードがあれば、12000のパワーとバニッシュ耐性を得る事が可能です。
このカード自身が強制のデッキ削り効果を持っているのでタイミングはなかなか難しいですが、チャンスの際はぜひ狙っていきましょう。

 

《破戒の水辺 パルヴァ》

出現時に手札1枚とトラッシュの黒シグニ1枚を交換するシグニ。
大体の場合回収は《バイオレンス・ジェラシー》で事足りますが、シグニなのがこのカードの最大の利点であり強み。
《散華の閻魔 ウリス》のエクシードや各種アーツから呼び出し、ついでのように回収を行う動きが強力です。

また、《堕落の消滅 アリトン》をコストにする事で、チャームを用意する動きも○。

 

《男鹿の伝承 ナマハゲ》

トラッシュに悪魔シグニが6枚以上あれば、出現時にエナチャージの行えるシグニ。
中盤以降のアド稼ぎ要員です。
トラッシュに悪魔シグニを貯めていく事は非常に容易なので、着実にエナを伸ばしていけます。
盤面次第ですが、《散華の閻魔 ウリス》で呼び出すのも悪くない選択肢。

 

《下町の酔魔 センベロ》

自分のデッキが5枚以上一気に削られると、ドローかエナチャージが出来るシグニ。
基本的にはエナチャージ目的で使用していきます。

《堕落の砲女 メツム》《堕落の砲娘 メツミ》《驚嘆の白煙 ナナン》で自分のデッキ5枚落としは達成できるので、条件自体は簡単に満たせてしまいます。
ですが、そのためにルリグが低レベルの内は条件を満たせず、単なるバニラとなってしまいます。
レベル3まで温存しておくのも手です。

 

《大罪の所以 バアル》

ダウンでデッキトップを公開し、自身と同じクラスなら手札に加えられるサイクルの悪魔版。
初手の動きとして最適です。
デッキ40枚の内27枚は悪魔シグニなので、かなりの確率でアドバンテージを稼いでくれます。

 

《堕落の消滅 アリトン》

デッキか手札からトラッシュに送られると、場のシグニのチャームになるシグニ。
《堕落の砲女 メツム》等でデッキから落ちるのを狙ったり、《破戒の水辺 パルヴァ》で手札から落としたりして、チャーム化させていきましょう。
チャームになった後は《バイオレンス・ジェラシー》や《堕落の虚無 パイモン》で活用していきましょう。

 

《エニグマ・オーラ》

ルリグアタック時に自分シグニを代償にライフを回復できるようになるスペル。
自分の場を空けてしまいますが、やはりライフを3枚追加できるのは強力です。

また、場を空けてしまうと言う点も、《散華の閻魔 ウリス》のエクシード能力でフォローが可能。
《ブラック・デザイア》で流してしまってもOKです。
そうでなくても、《夢国の招待 ドリーミー》や《堕落の砲女 メツム》等の強力なライフバーストを狙えますし、そもそも3点回復できていればシグニのアタックを全て受けても差引きは0です。
積極的に狙っていきましょう!

 

《バイオレンス・ジェラシー》

トラッシュから黒のシグニを回収するスペル。
自分の場のチャームを外せば、トラッシュからこのカードを回収する事も可能です。
デッキ削りに特化したこのデッキでは、トラッシュには潤沢に悪魔シグニが存在しているハズなので、その場にあったシグニを拾って臨機応変に対応できます。
チャームは《堕落の虚無 パイモン》か《堕落の消滅 アリトン》でのみ供給可能ですが、それでも充分に使いまわす事が可能です。

 

各種サーバント

《下町の酔魔 センベロ》を序盤には温存しておきたいのもあり、採用しているモノはレベル1帯を多めにしています。
序盤は場に出してしまいましょう。
また、《ゴールド・ディフェンス》使用のためにはマルチエナが必要なので、エナに1枚は置いておく事を心掛けましょう。

 

回し方・プレイング

《堕落の砲女 メツム》《堕落の砲娘 メツミ》をガンガン場に出し、相手のデッキを破壊し、リフレッシュダメージを狙っていきます。
その際に、一緒に《下町の酔魔 センベロ》を出しておくとエナチャージが行えるので、揃っている場合はぜひ狙っていきましょう。
また、《夢国の招待 ドリーミー》のアタックトリガー使用にはトラッシュに悪魔シグニ13枚が必要なので、自分のトラッシュの枚数には注意が必要です。
相手のライフが0枚になったか、コイン・エクシードを使い切った場合は《虚幸の閻魔 ウリス》へグロウしましょう。
トラッシュに悪魔シグニが18枚あればタダでグロウ可能ですが、無理に狙わずに、1、2コスト軽くなればラッキー程度の認識でOKです。

防御面に関しては、《フォーカラー・マイアズマ》を始めとした強力アーツ群、そして《散華の閻魔 ウリス》の能力でかなり堅く立ち回れます。
エクシード能力では優先的に《死之遊魔 †ルーレット†》を場に出し、戦力の補充を同時に行っておきます。
どんな相手にも五分以上の相性がありますが、《真天使の未来 ガブリエルト》や《不可解な誇超 コンテンポラ》といった、ルリグとシグニどちらにも耐性を持った相手は少々苦手です。
《エニグマ・オーラ》《虚幸の閻魔 ウリス》共々、アタック封じは天敵なので、《ゴールド・ディフェンス》や《アイスフレイム・シュート》、《イノセント・ディフェンス》なども注意しましょう。

また、トラッシュを大いに活用するので、除外には警戒が必要です。
以前は《エクスクルード》程度でしたが、最近では《サード・ディスティニー》を採用しているデッキも少なくなく、注意しましょう。
《サード・ディスティニー》《不可解な誇超 コンテンポラ》が搭載されているアンは少々戦い辛い相手。
また、「リフレッシュを自ターン中に2回行うとターンが強制終了される」というルールは忘れずに。
調子に乗ってデッキ破壊を仕掛けまくると、アタックフェイズがスキップされてしまうので要注意。

相手ターン中に相手のデッキを破壊し、無理やり2回目のリフレッシュを行わせてターンを終了させる、といった風に利用も出来ます。

 

採用候補カード

《グレイブ・ガット》

トラッシュから悪魔シグニを2枚回収するか、手札を全て捨ててトラッシュから悪魔シグニ2体を場に出すかを選べるアーツ。
どちらのモードも強力ですが、相手ターン中に《堕落の砲女 メツム》を呼び出す追加の手段として採用が見込めます。
相手デッキを無理やり2回目のリフレッシュに陥らせる事で、《アイドル・ディフェンス》2回分の防御を行う事が可能です。
……といっても、狙ってやるのはなかなか難しいんですけどね。

 

《紅蓮の使者 ミリア》

出現時に自分のデッキを10枚削り、その後でトラッシュの黒シグニ5枚をデッキに戻すシグニ。
単純な墓地肥やしと言うだけではなく、このカードから《エニグマ・オーラ》に繋げる事で、ライフバースト率を高める事が可能です。
うまい事デッキ枚数を調整しておけば、ライフに行ったカード全てライフバースト持ち、といった状況を狙って作り出せます。
トラッシュやデッキの状況を把握して計算する必要があるので、少々上級者向け。

 

《コードアート †A・L・C・A†》

出現時に手札の電機シグニをコストに、3つの能力から1つを発動するシグニ。
相手シグニ2体のパワーを-2000/自デッキを2枚削りシグニ回収/自デッキを3枚削り黒のスペル回収、の中から1つを選べます。
専ら《エニグマ・オーラ》回収役、といった感じでの採用です。
このカードやコストとなる電機シグニも《バイオレンス・ジェラシー》で集められるので、相性も良好です。

コストとなる電機シグニは低レベルでドローもできる(かもしれない)《コードアート †S・C†》辺りがオススメ。
ただ、コスト共々、悪魔シグニではないので、《夢国の招待 ドリーミー》や《虚幸の閻魔 ウリス》との兼ね合いが難しいのが難点。

 

《好色の罪人 ベルフェーゴ》《千夜の夜王 イフリード》

出現時にデッキの悪魔シグニ1体を選んでトラッシュに送れる《好色の罪人 ベルフェーゴ》と、トラッシュに送られる事で効果を発揮する《千夜の夜王 イフリード》のコンビ。
《千夜の夜王 イフリード》は同名カード4枚をトラッシュから除外すればアタックフェイズに相手シグニ1体のパワーを-15000する効果も持っています。
《好色の罪人 ベルフェーゴ》の効果で《千夜の夜王 イフリード》を送ってやれば、任意のタイミングで-2000を飛ばす事が可能です。

また、《好色の罪人 ベルフェーゴ》は《堕落の消滅 アリトン》との相性も良好で、好きなタイミングでチャームを確保することも可能です。
従来のウリスでは決まって採用されていたコンビですが、トラッシュの悪魔シグニの枚数が重要なので、除外する必要のある《千夜の夜王 イフリード》は相性があまりよくなく、今回は採用を見送っています。

とはいえ、デッキを高速で削るため、《千夜の夜王 イフリード》の-2000効果を連打する事も可能なので、除外効果は度外視し、そのために採用するのもアリかも。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

悪魔シグニは種類も多く、多種多様なウリスデッキを構築する事が可能です。
気になる、気に入っているシグニを入れてみてカスタマイズしてみるのも面白いですよ。

また、《散華の閻魔 ウリス》はかなり性能の高いルリグなので、アーツ枠に多少の無茶が出来るのも特徴です。
例えば、専用レゾナの《黒魔姫 アンナ・スタンレー》を入れてみたり、《虚無の閻魔 ウリス》へのグロウを狙ってみたり……というのも無理ではありません。
いろいろ試してみるのもオススメです。

次回は18弾でレベル5の登場した、ミュウのデッキをご紹介予定ですのでお楽しみに。
それでは!

The following two tabs change content below.
桃太郎王国

桃太郎王国

桃太郎王国は、キャラクターグッズからゲーム・DVD等のメディア、トレカまで、幅広く遊べるものを扱ったおもしろリサイクルショップです。 アニメのキャラクターグッズ・アイドル雑貨やTVゲーム・DVD・コミック・トレカ・ボードゲームなど、お客様のニーズに合った商品を提供させていただくと共に、通販サイト「駿河屋」の買取価格を導入することで、買取価格面でもお客様の満足を得られるよう、まい進中です。 お客様のニーズに応えしながら、お越しいただいたお客様に楽しい時間を過ごしていただける空間を提供いたします。