ハナレ限定アーツ「サチュレイト・ガット」入りハナレデッキの構築例|WIXOSSプレイガイドVol.6

ご覧の皆様、こんにちは。
桃太郎王国習志野店のトレカ担当です!

皆さんは先日発売された「selector destructed WIXOSS」のDVD・ブルーレイは購入されましたでしょうか?
劇場版アニメを見直して、「ハナレちゃんマジ聖女!」「ハナレ組むお!」となった方も多いのではないでしょうか。
(自分もその一人ですw)

なので今回はそんな方のために、初回豪華仕様版特典で登場したハナレ限定アーツ、「サチュレイト・ガット」を使用したハナレデッキをご紹介します!

 

目次

  • デッキレシピ
  • 各カード解説
  • 回し方・プレイング
  • 採用候補カード
  • まとめ

 

デッキレシピ

ルリグデッキ

  • 《ハナレ》
  • 《残悔の冥者 ハナレ》
  • 《来夢の冥者 ハナレ》
  • 《傀儡の冥者 ハナレ》
  • 《救済の冥者 ハナレ》
  • 《サチュレイト・ガット》
  • 《月欠けの戦場》
  • 《フォーカラー・マイアズマ》
  • 《フォービドゥン・ゲーム》
  • 《クライシス・チャンス》

 

ルリグデッキ

  • ★《フィア=ヴィックス》
  • ★《フィア=ダイオ姫》 ×3
  • ★《フィア=ネロザラン》 ×2
  • ★《フィア=パトラ》 ×4
  • ★《千夜の五夜 シャフリ》
  • 《ドライ=ダイオ娘》 ×2
  • 《ドライ=ラッカー》 ×2
  • 《ドライ=ロドボル》 ×2
  • ★《サーバント T3》
  • 《ツヴァイ=チェボル》 ×4
  • ★《アイン=ダガ》 ×4
  • 《アイン=ルクボル》 ×4
  • 《サーバント O2》 ×2
  • ★《サーバント O3》 ×4
  • 《烈情の割裂》 ×2
  • 《トキシック・スパイクス》 ×2

※ライフバースト持ちのカードは★マークをつけています

 

各カード解説

《救済の冥者 ハナレ》

ハナレ唯一のレベル4。
重めのグロウコストと、最大のリミット12を持っていることが特徴です。
効果はどれも強力で、攻守共に優れています。

まず、自分メインフェイズ開始時にレベル3以下の毒牙を蘇生させる効果。
毎ターンコストもかからずに《アイン=ダガ》や《ドライ=ダイオ娘》を投げられるのは非常に強烈です。
そして、防御手段として有効なエクシード3能力。
デッキトップから3枚公開し、その中の毒牙シグニを好きなだけ出すことが出来ます。

このデッキでは40枚中28枚が毒牙シグニで構成されているので、大体2枚ぐらいは出てくれます。
3枚めくれる事も割と起きるため、イザという時には頼りになります。
エクシード1能力で毒牙シグニのアップも行えますが、このデッキでは後述する理由から殆ど使用しません。

 

《傀儡の冥者 ハナレ》

レベル3ルリグ。
バニラ・効果持ち・エクシードコスト能力持ちと3種類の選択肢がありますが、断然自分はコレをオススメします。
登場時に自分の場の毒牙×5000のマイナス修正を1体に飛ばせるので、次のターンダメージを覚悟してエナを与えないか、ライフを守る為にエナを与えるか、の2択を相手に強いることができます。

結論どちらに転んでもこちらとしてはメリットであるため、相手にプレッシャーを与えられるこのカードを採用しています。
イラストも可愛いしね!!!

 

《サチュレイト・ガット》

ハナレが初めて手にした専用アーツ。
効果はまんま毒牙版の《グレイブ・ガット》という性能で、基本的には運用方法もあちらと同じです。
そんなに留未ちゃんと一緒が良かったのか・・・・・・

攻め手が欲しい場合は墓地回収を、防御が欲しい場合は《ツヴァイ=チェボル》等の蘇生と、場面に応じて使い分けましょう。
後述する《クライシス・チャンス》との相性も良好です。

また、勘違いしがちですが、このカードでアタックフェイズ中に《フィア=ネロザラン》を蘇生しても効果を使用するタイミングがない事は覚えておきましょう。
いわゆる「タイミングを逃す」ってヤツです。(適当)

 

《月欠けの戦場》

カードゲーマー付録で登場した、「Lord of VERMILION」とのコラボカード。
《アイン=ダガ》2発分同等のマイナス修正を与える効果、アタック時に1エナのコストを要求する効果、エクシードコストを補充する効果の3つから2つを使用できます。
エクシード1能力を使用しない理由がこのカードの存在です。
エクシード3能力を使用した後でこのカードでコスト補充を行えば、高い防御性能を持った効果を再び使用することが可能です。

また、マイナス修正も基本的には-8000を飛ばせる効果になり、レベル3程度のシグニであれば除去可能です。
コスト要求効果も場面によっては1枚で3面封殺も狙える効果なので、場面に応じて選択しましょう。

 

《フォーカラー・マイアズマ》

もはや説明不要の最強黒アーツ。
このデッキでも除去・蘇生・回収・妨害と、八面六臂の活躍をしてくれます。

 

《フォービドゥン・ゲーム》

手札から毒牙を切るとコスト軽減が可能なアーツ。
12000ものマイナス修正、レベル3以下の毒牙蘇生と、実質的にはエナのかからない《フォーカラー・マイアズマ》のような運用が可能です。
エナ0からでも撃てるので、エナ破壊をされても防御できる点が優秀です。
ちなみにハナレ限定じゃないです。

 

《クライシス・チャンス》

カードが存在しない領域を補えるアーツ。
基本的には《サチュレイト・ガット》使用後のスキを埋めるために使用します。
また、《因果応報》を撃たれた後の復旧手段としても○。

 

《フィア=ダイオ姫》《フィア=ダイオ娘》

毒牙の姉妹コンビ。
《フィア=ダイオ娘》は通常はレベル3の《アイン=ダガ》といった効果ですが、《フィア=ダイオ姫》がトラッシュにあれば、全ての相手シグニをマイナスすることが可能です。
また、両方が盤面に揃えば、ターン中のマイナス補正を倍加させることが可能です。

基本的にはマイナス効果を《救済の冥者 ハナレ》の効果と合わせて連打する動きを狙っていきます。
《フィア=ダイオ姫》も地味ながら堅実な効果を持っており、《フィア=パトラ》の効果起動を助けてくれます。

 

《フィア=ネロザラン》

牽制役のシグニ。
アタックフェイズ開始時、2体にマイナス10000の修正を与えられるのですが、基本的にレベル4シグニは飛ばせないため、「自分のシグニをバトルから守る」ためのカードと割り切って使用しましょう。
また、厄介な相手の除去アーツを当てさせる、デコイ役としても機能します。
先述の通り、《サチュレイト・ガット》との相性は良くないので注意。

 

《フィア=パトラ》

このデッキのエースシグニ。
パワーマイナスした分だけ自らのパワーを上昇させる効果、レベル1の毒牙を回収する効果、そして自身のパワーを20000下げてシグニ1体と手札1枚を葬る効果を持っています。
レベル4にグロウ後は毒牙を駆使してパワーを下げ、このカードに繋げていく動きがメインになります。
登場時にレベル1の毒牙シグニを回収できるので、《アイン=ダガ》を使用することでもう4000削ればOKと、意外にその効果起動は容易です。
場だけでなく、手札1枚もトラッシュ送りにできる、制圧力に長けたシグニです。

 

《千夜の五夜 シャフリ》

毒牙ではないですが、相性の良さから採用。
登場時に自分の場のレベル1と2のシグニをトラッシュに置けば、相手のシグニ1体をトラッシュ送りに出来ます。
普段ならコストの重く使いづらい効果ですが、このデッキでは毎ターン低レベルシグニを供給できるため、コストは容易に準備可能です。

《救済の冥者 ハナレ》効果で《ツヴァイ=チェボル》を出せば、実質的には黒エナ1つのコストのみで起動できます。
ライフバーストもレベル2以下蘇生と、《ツヴァイ=チェボル》との相性良好です。

 

《ドライ=ラッカー》

相手シグニのパワーを0にした時、1エナチャージが可能なシグニ。
レベル3時に利用し、グロウコストの確保を狙いましょう。

また、レベル4グロウ後は《救済の冥者 ハナレ》効果から展開し、エナチャージをしておくと防御時のエナに余裕が出来ます。
エナチャージ後はリムーブしてしまっても損はありませんが、《トキシック・スパイクス》に繋げられるとさらに○。

 

《ドライ=ロドボル》

デッキトップ3枚から毒牙1体を出せるシグニ。
類似シグニと異なり、手札に加えるのではなく場に出すので注意。
レベル3時に《フィア=パトラ》などを手札に加える動きが出来ないのはマイナスです。

ですが、このデッキの動きとして重要な《ツヴァイ=チェボル》や《アイン=ダガ》を供給できる潤滑柚として優秀です。

 

《ツヴァイ=チェボル》

登場時に黒エナ1つでトラッシュからレベル1のシグニを復活させるシグニ。
《コードアンチ アステカ》のように各種蘇生カードから2面埋めて防御に回したり、レベル1毒牙の効果でパワーマイナスを狙ったりと、このデッキでは攻守ともに大活躍のシグニです。
初手にあった場合はキープしておきましょう。

 

《アイン=ダガ》《アイン=ルクボル》

このデッキの主軸となるレベル1の毒牙シグニ。
《アイン=ダガ》は自分のルリグのレベル×1000を、《アイン=ルクボル》は固定で2000をマイナスします。
《フィア=パトラ》《ツヴァイ=チェボル》《トキシック・スパイクス》と、レベル1の毒牙を参照するカードが多いため、なるべく多くこの2枚をトラッシュに貯めておきましょう。
どちらかというと《アイン=ダガ》の方が優先度が高いです。

 

《烈情の割裂》

相手のエナを削るカード。
ハナレは相手のパワーをマイナスする都合上、相手にエナを与えやすいため、詰めの場面や攻めていく場面では使用して相手のアーツを抑制していきましょう。

特に最近では《龍滅連鎖》《炎竜毒蛇》など、重いアーツも増えているため、有効な場面は多いです。

 

《トキシック・スパイクス》

ハナレにも用意された、いわゆる「ユニークスペル」。
自分の毒牙をバニッシュし、レベル1毒牙2体を蘇生するか、相手シグニ1体のパワーをマイナスするかを選べます。
どちらの効果も下準備が必要なものにはなりますが、強力な効果です。
《救済の冥者 ハナレ》効果で復活したシグニをバニッシュすれば無駄なく利用できるため、後半ではぜひ狙っていきましょう。

 

各種サーバント

ハナレはバンバン手札を使っていく事が多いため、ライフバーストはドロー効果持ちの「3」シリーズを採用しています。
枚数は7枚と抑え目ですが、《フォーカラー・マイアズマ》《クライシス・チャンス》によって必要な場面では回収できるので、思った以上に「足りない!」といった場面は少ないです。

また、《月欠けの戦場》《烈情の割裂》の多色エナはマルチエナでしかまかなえないため、1枚はエナゾーンにあるように心掛けましょう。

 

プレイング・回し方

基本の動きは、シグニを効果で除去して、ガンガンダメージを取っていく戦い方です。
可能であればレベル2時に毒牙を3体展開し、相手に2択をせまり、プレッシャーをかけていきましょう。

レベル3時には《ドライ=ラッカー》からのエナチャージが出来ていると安定してグロウに繋げられるため、可能な限り狙います。
レベル4グロウ後は《フィア=パトラ》、トラッシュから蘇生される《アイン=ダガ》《ドライ=ダイオ娘》などを中心に盤面をこじ開けつつ相手のリソースを奪っていきます。
また、初手に欲しいカードは《ツヴァイ=チェボル》《ドライ=ラッカー》レベル1毒牙どちらか、といった感じです。

他のサイクルと異なり、《フィア=ダイオ姫》がなくても《ドライ=ダイオ娘》は最低限の仕事はしてくれるので、そこまで神経質にキープしなくても大丈夫です。
シグニの能力を無力化してくる《先駆の大天使 アークゲイン》《不可解な誇超 コンテンポラ》、迷宮のシグニ、パワー減少を無力化する《幻獣 ソウリュウ》を苦手とします。
まだ《不可解な誇超 コンテンポラ》や迷宮シグニはアーツでどうにかできるのですが、《幻獣 ソウリュウ》《先駆の大天使 アークゲイン》は本当にキツいです。
《幻獣 ソウリュウ》採用型の緑姫が環境にいるのであれば、アーツを見直すことをオススメします。

 

採用候補カード

《炎竜毒蛇》

先述の通り、このデッキは緑姫を苦手とします。
そのため、ランサー持ちをまとめて吹き飛ばせるこのカードが対策となります。
多少赤エナの捻出が難しいですが、環境に緑姫がいるのであればぜひ検討してみましょう。

特に最近は《紡ぐ者》型の緑姫が流行していますので、採用候補筆頭です。

 

《羅植 シクラメン》

デッキトップが指定した色ならばエナチャージが出来るカード。
ハナレはグロウコストが重いため、それを補うためにこのカードの採用が考えられます。
このカードを採用する際はセットでアーツ《枯樹生華》の採用もオススメです。

 

《羅石 アクアマリン》

《羅植 シクラメン》以外のエナチャージ要因として、このカードもオススメです。
能力コストでシグニをトラッシュに送ると、1エナチャージが出来るシグニです。
《アイン=ダガ》や《ドライ=ダイオ娘》など、このデッキでは自身をトラッシュに送って発動する効果が多いため、効果が使用できる機会は多いです。

また、《炎竜毒蛇》を採用するならば、このカードで赤エナを用意できる点もオススメポイント。

 

《バッド・メディスン》

トラッシュから黒のシグニを回収できるスペル。
自分の場に同じクラスのカードが3枚あれば追加でもう1枚回収可能です。
このデッキはほとんどが毒牙シグニのため、条件を達成することは容易です。
不足しがちな手札の補充手段として。

 

《幻水 スズメダ》

登場時に手札が3枚以下なら1ドローできるシグニ。
不足しがちな手札を補填でき、パワー上昇能力も持っている優秀なシグニです。
このカードを入れるのであれば、追加で《THREE OUT》や《TRICK OR TREAT》といったドロースペルを入れるのもいいかもしれません。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は他の色のカードを混ぜずに、シンプルに構築してみました。
ハナレは動きも比較的分かりやすく、初心者の方にもオススメできるルリグです。
映画版セレクターを観てハナレに惚れた方はぜひ、実際のカードでも活躍させてあげてみて下さい!
それでは!

The following two tabs change content below.
桃太郎王国

桃太郎王国

桃太郎王国は、キャラクターグッズからゲーム・DVD等のメディア、トレカまで、幅広く遊べるものを扱ったおもしろリサイクルショップです。 アニメのキャラクターグッズ・アイドル雑貨やTVゲーム・DVD・コミック・トレカ・ボードゲームなど、お客様のニーズに合った商品を提供させていただくと共に、通販サイト「駿河屋」の買取価格を導入することで、買取価格面でもお客様の満足を得られるよう、まい進中です。 お客様のニーズに応えしながら、お越しいただいたお客様に楽しい時間を過ごしていただける空間を提供いたします。