サーバント軸2止め花代デッキ|WIXOSSプレイガイドVol.0

ご覧の皆様、こんにちは。
桃太郎王国習志野店のトレカ担当です!

久々の更新の本日は、自分の使用しているWIXOSSのデッキ、サーバント軸の2止め轟炎 花代・爾改デッキをご紹介致します!

 

目次

  • デッキレシピ
  • 各カード解説
  • 採用候補カード
  • 回し方・プレイング
  • まとめ

 

デッキレシピ

 

ルリグデッキ

  • 花代
  • 花代・壱
  • 轟炎 花代・爾改
  • 絶体絶滅
  • 龍滅連鎖
  • ブルー・パニッシュ
  • 一蓮托生
  • 暴風警報
  • フォーカラー・マイアズマ
  • ブラック・コフィン

 

メインデッキ

  • ★羅輝石 アダマスフィア ×2
  • ★懐古の音色 リコダス
  • 羅石 オリハルティア ×4
  • 羅石 ヒスイ ×4
  • ★サーバント D ×2
  • ★サーバント D3 ×4
  • サーバントD2 ×2
  • ★サーバント O ×4
  • ★サーバント O3 ×4
  • ★西部の銃声 ×2
  • ★SEARCHER
  • THREE OUT ×3
  • 三剣 ×3
  • 集結する守護 ×4

※ライフバースト持ちのカードは★マークを付けています。

 

カード解説

《轟炎 花代・爾改》

今回のデッキの主役であるルリグ。
自ターン中自分の全てのルリグのパワーを5000パンプする常時能力、コストは重いですが相手のガードを制限する起動能力を持ち、かなりの速攻能力を持ったルリグです。

ウィクロス最初期から速攻といえば!といったカードなので、今更解説する必要もないカードかも知れませんねw

 

《絶体絶滅》

手札全てを捨てる代わりに、軽いエナコストで単体除去が可能なアーツ。
3枚以上捨てれば2体バニッシュ可能となります。

ただ、このデッキにはアタックフェイズ中に能動的に手札を増やす手段がないため、撃ち所には注意しましょう。
一応、龍滅からのチェインで3面ガード+ライフ追加でルリグをいなす事が可能。

 

《一蓮托生》

主にデッキからアダマスフィアやリコダスを落とす為のカードです。
それ以外にも、1エナからブルパニや暴風に繋げたり、龍滅からタダ撃ちして2エナ伸ばしたりといったプランもあるので、初手にアダマが存在している場合はそちらを狙って温存していきましょう。
②のシグニを出すモードは無いものとして考えてしまって大丈夫です。

 

《ブルー・パニッシュ》《フォーカラー・マイアズマ》

汎用性の高い強力アーツ。
場面に応じて効果を選択し、反撃に転じましょう。
ブルパニでは同系の守護を止められない事は注意しましょう。

 

《暴風警報》

軽めのコストで2面守れるアーツ。
正直採用を迷うカードですが、一蓮托生・龍滅との相性から採用。

 

《ブラック・コフィン》

相手の特定スペルの使用を禁じるアーツ。
ここは調整枠です。
同系の鯖デッキ、アルフォウ、ピルルクとの対戦機会が多かった為、このカードを採用しています。

仮に相手がスペルを使用しない場合でも、オリハルティアの再利用が可能な点から腐ることは少ないです。

 

《羅輝石 アダマスフィア》《羅石 オリハルティア》

相手の盤面をこじ開け、ダメージを通す為のシグニ。
相手がレベル4になった場合でも、レベル3の殆どが射程圏内なので、ガンガン空けてライフをもぎ取りにいきましょう。
アダマスフィアは手札に来た場合完全な死に札と化す為、各種コストやエナになってもらいましょう。

 

《羅石 ヒスイ》

序盤のダメージレースを支えるカード。
レベル2にグロウ後から積極的に場に出していきましょう。
後半は役に立つ盤面がほぼほぼ無くなるので、温存はオススメできません。

 

《懐古の音色 リコダス》

トラッシュから除外する事でシグニの攻撃を1度防げるカード。
暴風や絶滅と組み合わせてシグニからの攻撃を全面防ぐことが可能です。
一蓮托生から優先的に落としておきましょう。

 

《西部の銃声》

花代の必殺技たりうるカード。
とどめの一撃を狙っていきましょう。

また、シグニを配置する前に使っておき、相手ライフ調整及びライフバーストの不発を狙う事も手です。
ライフバーストも強力で、計算外の一発を与える事が可能です。
ブルパニにはご注意。多大なディスアドになってしまいます。

余談ですが「0枚の場合、あなたはゲームに勝利する」の一文が大好きですw

 

《THREE OUT》

手札補充カード。
手札に来てしまったアダマスフィアやリコダスの処理にも。

 

《SEARCHER》

万能スペルサーチ。
基本的にはTHREE OUTか集結する守護をサーチします。
状況に応じて選択しましょう。

 

《三剣》

差し引き2エナ増やせるスペル。
防御用のアーツの為に、積極的に使用していきましょう。
使用後はアーツ・スペルの使用が禁じられますが、それらを使用した後に三剣を使用する事は可能なので、メインフェイズの最後に使用しましょう。

 

《集結する守護》

キーカード。
花代効果と合わせ10000パンプされたサーバントで相手シグニとライフクロスを蹴散らしましょう。
轟炎花代と組み合わせることでレベル5シグニすら戦闘撃破圏内に持ち込めるため、非常に強力です。
また、トラッシュよりサーバントを回収する効果も手札使いの荒いこのデッキでは使用する機会があります。

勘違いしやすいですが、コスト軽減して使用してもブルパニには打ち消されません。
安心して使用しましょう。

 

採用候補カード

《アイスフレイム・シュート》

ルリグのダウン凍結、単体バニッシュが可能なアーツ。
コストを多く払うことで2面+ルリグの攻撃を防げるのですが、今回はアーツが重くなりすぎてしまう為採用していません。

 

《ペナルティ・チャンス》

因果応報・マユへの対策として有効なカード。
また、絶滅から続けて撃つ事で手札のリカバリーを行えます。

本当は採用したいカードなのですが、コフィンを入れたかった為に採用を見送っています。
周りの環境と相談して入れ替えましょう。

 

《スピリット・サルベージ》

アーツを再利用する為のアーツ。
絶滅・マイアズマ・一蓮托生は複数回使用したい場面があるため、コフィン・暴風辺りと入れ替えても良いかも知れません。

 

《捲火重来》《烈情の割裂》

相手のエナを削るカード。
このデッキはガンガン攻めていくので、相手にエナを多く与えてしまいます。
そのため、それらをリセットできるこれらのカードは有用です。

今回は受け手を多く取っているため採用を見送っています。
繭の部屋適用後はユヅキ・ピルルクが少なくなるかと思われますので、それ以降は採用を考えています。

 

回し方・プレイング

基本的には速攻を意識します。

  • 1ターン目 エナチャージか一蓮托生からアダマ置いてエンド
  • 2ターン目 鯖ランサーから3点
  • 3ターン目 除去して点とって行く
  • それ以降 ライフ削りきって銃声で勝ち

・・・・・・といった事が理想ですが、そう上手くはなかなかいきません。
攻め手だけでなく、豊富なアーツ枠で防御も充実している為、相手の攻撃をいなしつつ攻めていく、といった動きが中心となっていきます。

龍滅・絶滅・マイアズマからは続けてオリハルティアを。
暴風・リコダスからは守護ランサーを。
といった感じに、使用したアーツに応じて攻め手を変えて行きましょう。

先程少々触れたように、フルパン上等なデッキなので、相手にエナを多く与えてしまうことには注意が必要です。
その分相手にも防御アーツを使用されてしまうため、ある程度どのようなアーツを撃たれるか、リカバリーは出来るか、という判断が重要です。
自ターンに全シグニをパンプする都合上、《フィア=ヴィックス》は最大の天敵です。
出されたら最優先で除去しましょう。

また、手札をガンガン使用していくため、手札破壊をしてくるピルルク等のデッキは苦手です。
向こうの準備が整う前に、突破できるように頑張りましょうw

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

単なる速攻デッキではなく、意外と使ってみると考えさせられる、奥深いデッキだと思っています。
今回ご紹介した守護軸以外にも、タイマーボムを使用したクロス型、アンサプを利用する古代兵器型などなど、多種多様な2止め花代が存在しますので、色々作ってみるのも面白いかもです。

また、(龍滅・三剣を除けば)そこまで入手難度の高いカードも少なく、これからWIXOSSを始めてみる、もしくは始めたばかりで他のデッキが欲しいなぁ、といった方にもオススメのデッキです。
(余談ですが自分が始めて作ったデッキは2止め花代でした)
ぜひ使ってみてください!
それでは!

The following two tabs change content below.
桃太郎王国

桃太郎王国

桃太郎王国は、キャラクターグッズからゲーム・DVD等のメディア、トレカまで、幅広く遊べるものを扱ったおもしろリサイクルショップです。 アニメのキャラクターグッズ・アイドル雑貨やTVゲーム・DVD・コミック・トレカ・ボードゲームなど、お客様のニーズに合った商品を提供させていただくと共に、通販サイト「駿河屋」の買取価格を導入することで、買取価格面でもお客様の満足を得られるよう、まい進中です。 お客様のニーズに応えしながら、お越しいただいたお客様に楽しい時間を過ごしていただける空間を提供いたします。